週刊ファミ通で人気連載中のコラム『桜井政博のゲームについて思うこと』をまとめた第9弾のコラム本が、ついに発売。

『スマブラ』シリーズのディレクター桜井政博さんが、“思ったこと”をまとめたコラム本

 週刊ファミ通で大好評連載中のコラム『桜井政博のゲームについて思うこと』の、2015年から2019年2月掲載分までをまとめた、9冊目のコラム本がついに発売となった。
 『スマブラSP』とともに駆け抜けた4年間で思ったことは103回分。連載コラムを再編したものに、桜井さんが当時を思い出して語る「振り返って思うこと」、気になる用語を補足した「スーパーヘルプ」も付いて、読み応え抜群の一冊だ。

 巻頭カラーページでは、普段見ることのできない、桜井さんが仕事に使っている道具の数々や、作業デスクを紹介。どんなものを使って『スマブラSP』が生みだされたのかを垣間見ることができる!

※ebten(エビテン)での購入はこちら

『スマブラSP』制作中から発売後までの4年間に書かれたコラムが満載

電子版は、誌面の写真がカラーで掲載!

 書籍版ではモノクロの画面写真が、電子版ではカラーで掲載されているから、巻末にある桜井さんの愛猫ふくらさんのページもカラーで大堪能。

※電子版は書籍版を再編集した内容となっているため、書籍版とは一部内容が異なる場合があります。また、諸般の事情により、電子版のみVol.503、508、522、526は未収録となります。あらかじめご了承ください。

※BOOK☆WALKERでの購入はこちら!

電子版は、写真がすべて雑誌掲載時と同じカラーになっています
書籍『若ゲのいたり ゲームクリエイターの青春』、『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(いずれも発売:KADOKAWA)が好評発売中の田中圭一氏描き下ろしイラストが目印!

[書籍情報]
書名:桜井政博のゲームについて思うこと 2015-2019
発売日:2019年4月25日
判型:A5判
定価:本体(1500円+税)※電子版も同じ

※ebten(エビテン)での購入はこちら
※BOOK☆WALKERでの購入はこちら