『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の“VRゴーグルToy-Con”対応アップデートの詳細情報が公開。

 先日、発表された、Nintendo Switch用ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』に同梱されている“VRゴーグルToy-Con”対応アップデートに関する詳細情報が公開。

 既報の通り、2019年4月26日(金)に配信される『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』更新データ(Ver1.6.0)をダウンロードすることで、ゲーム全編をVRで楽しめるようになる。VRモードへは、メニュー画面の“システム”から“オプション”の項目でいつでも切り替え可能。

 また、VRモードでは奥行きのあるハイラルの世界を堪能できるだけでなく、VRゴーグルならではの操作として、ゲームカメラがユーザーの見回しと連動するようにもなっている。なお、ゲームカメラのモーションコントロール(見回しとの連動)機能は、“オプション”の“ジャイロ機能”からいつでも変更できる。ジャイロ機能をオフにすることで、立体視だけを落ち着いて楽しむことも可能だ。

 さらに同作の公式サイトでは、そのほかにもVRの見どころや開発に至った経緯などがテクニカルディレクターの堂田氏より語られているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

※『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』公式サイト(https://www.nintendo.co.jp/character/zelda/blog/index.html#entry9211