2019年4月5日、SNKはシリーズでは11年ぶりとなる『サムライスピリッツ』シリーズの完全新作『SAMURAI SPIRITS』の発表会を行なった。ステージの詳細と実際にプレイしたうえでのインプレッションをお伝えする。

新キャラクター“呉瑞香”と“鞍馬夜叉丸”を初披露!

 2019年4月5日、東京都内・神田明神ホールにて、SNKのPlayStation4/Xbox One向け剣戟対戦格闘ゲーム『SAMURAI SPIRITS』の発表会が開催された。

会場はホワイエも含め、本作のイメージ通りの“和”一色に。
発表会場となった神田明神ホールは、神田明神の境内にある。発表当日は快晴の下で桜吹雪が舞い、本作にうってつけのロケーションとなった。

 発表会の総合MCは声優の駒田航さんと天崎滉平さん。駒田さんは『SAMURAI SPIRITS』でガルフォードのキャラクターボイスを担当している。一方の天崎さんについては、発表会の途中で本作との関わりが明かされた。

 『SAMURAI SPIRITS』開発陣からは、プロデューサー、ディレクター、キャラクターデザイナー、サウンドディレクターの4名がステージに登壇した。

MCを務めた駒田航さん(左)と、天崎滉平さん(右)。
プロデューサー・小田泰之氏。
ディレクター・黒木信幸氏。
キャラクターデザイナー・佐治有倫氏。
サウンドディレクター・山添浩史氏。

 発表会は最新のトレーラーの上映から始まった。トレーラーには全16キャラクターが登場し、中には見たことがないキャラクターの姿もあった。

全キャラクターのスナップショットの合間に、実際のゲーム内での、血飛沫舞い散る派手な必殺技の演出も見られた。
初公開となったふたりの新キャラクター。

 今回の発表会では、鞍馬夜叉丸と呉瑞香というふたりの新キャラクターがお披露目。すでに参戦が発表されている“ダーリィ・ダガー”とともに、壇上ではそのコンセプトや特徴について解説された。

鞍馬夜叉丸(くらま やしゃまる)

CV:天崎滉平

 3名の新キャラクターの中では、メインに位置するという夜叉丸。CVを担当するのは本発表会のMCを務める天崎滉平さんだ。

 キャラクターデザイナーの佐治氏いわく、“鎧武者”をコンセプトにしつつも、陰のあるダークヒーローとしてデザインしたという。女性も含む広いユーザー層に刺さるように、美形のキャラクターになっている。

 声を演じた天崎さんによれば、すごく真面目で寡黙、かつ正義に対し熱い想いを持つ人物であり、仮面を取ることで人格や攻撃方法などが変わる部分も演じ分けたとのこと。

仮面の美剣士ということで、広い層から支持を得られそうだ。仮面の有無でスタイルも切り替えられるとなると、テクニカルな立ち回りにも期待できそう?

呉瑞香(ウー レイシャン)

CV:劉セイラ

 初公開となったもうひとりの新キャラクターが呉瑞香だ。イメージは“風水師”。中国ドラマなどから衣装のパーツを取り込みつつ、スリットを入れるなど、ゲーム的なアレンジを加えたキャラクターだという。

 頭はいいがドジっ子気質で、戦闘中も転んだり、ふわっとしていたりすることが多いとのこと。使用する技では、華やかな氷や炎のエフェクトが楽しめる模様だ。

自分の攻撃に慌てたり、しゃがみこんで身を守ったら相手の方が吹っ飛んだり。コミカルな動きに注目だ。

ダーリィ・ダガー

CV:小林ゆう

 すでに発表済みのダーリィ・ダガーについても、そのコンセプトが改めて説明された。

 コンセプトは“大工”であり、本作ではいちばん“和”から遠いイメージのキャラクターになっている。初期案はもっとファンタジー色が強かったこともあり、本作の雰囲気にいかに馴染ませていくかに苦労したそうだ。

船大工のダーリィは、さまざまな工具を持ち替えて豪快に振り回すキャラクターだ。そのパワーは如何ほどのものか。

開発陣が“リブート”の内容を具体的に語る!

 新キャラクターの発表だけでなく、発表会では開発陣による『SAMURAI SPIRITS』の基礎的な解説も行なわれた。

 最初に語られたのは本作のコンセプト。小田氏いわく、コンセプトはずばり『サムライスピリッツ』の“リブート”。前作から11年というブランクを挟む中、古きよきテイストを継承しつつも、新しいものにもしていくとのことだ。

 グラフィック面では最新のUNREAL ENGINE 4を導入。美麗なグラフィックになっただけでなく、開発もしやすくなったとのこと。

 シリーズファンのイメージを崩さないビジュアルに仕上げつつも、「2019年の『サムライスピリッツ』であると一目で分かる作品」になっているという。

和風にこだわりつつも日本特有のマンガ的な表現を取り入れている。

 続いてはゲーム性。「ほぼコンボが存在しない、一撃必殺性」を重視していると解説された。

 シリーズ2作目の『真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変』をベースとし、シリーズ各作品のいいとこ取り。2019年3月にアメリカとイギリスで実機でプレイしてもらったところ、多くの人から「遊びやすい」と好評価を得られたという。

敵の攻撃を受けると溜まる“怒りゲージ”を主軸としたシステムで、シリーズ作品で見られた“剣気ゲージ”などの別のゲージは存在しない。シンプルでわかりやすい。

 このゲーム性ゆえの苦労として、黒木氏からは「攻撃力が高いと大味になるため、防御力とのバランスを取ること」が挙げられた。

 強力な“秘奥義”が当たれば7割の体力が減り、覇王丸などの主要キャラクターの場合は“大斬り”を3回当てれば勝利できる。全体の攻撃力は、絶妙なバランスに保たれているようだ。

さまざまな防御システムを用意することで、攻撃力と防御力のバランスを調整しているとのこと。

 さらに、SNK初の試みとして“ゴースト”機能を導入している。プレイヤーの対戦時の動きを学習し、AIを自動生成する機能だ。

 リーダーボードにアップロードすることで、ゴーストのデータをプレイヤー間で共有できる。

強豪プレイヤーのゴーストをリーダーボードからダウンロードして対戦したり、ゴースト100人との連続対戦ができたりと、これまでの『サムスピ』とはまた異なる遊びあかたができる。上達度合いを測るのにも役立ちそうだ。

 16人のキャラクターを選ぶにあたり、重視したのは人気と見た目、さらに遊びだという。

 新キャラクター3名のコンセプトのうち、企画当初のダーリィ・ダガーには“火消し”という案もあったのだが、海外で分かりにくいということで没になったらしい。

もともとのドット絵をリアルなグラフィックに変えるため、変更する場所やあえて変更しない場所などについて協議を重ねたという。

 音楽のコンセプトにも“リブート”の軸が存在する。サウンドディレクターの山添氏によると、基本的なイメージはシリーズ初期作品。そこに、最低限の音の間に波の音を加えるような独特な音楽やハードロック系のサウンドなどによる、ごった煮をイメージしていると語った。

山添氏からは「初期作品の音楽が好きな人には必ず刺さりますし、初めてシリーズに触れる人にもぜひ聞いていただきたい音楽になっています」とのお言葉が。

 日本・アジア地域での発売日は2019年6月27日。表会当日の2019年4月5日12:00より予約受付がスタートしている。

 発売日とともに、販売形態と商品概要、各種特典も公開された。DLCキャラクターは計4名で、2019年8月、10月、12月、2020年2月にそれぞれ1名ずつ配信予定だ。

 また、発売後の展開についても発表された。

 eスポーツ関連においては、世界的な格闘ゲームの祭典“EVO”でメイン種目に採用されることが決定しているという。

 ほかに、SNKとして大会に出場する選手を支援するプログラムを実施することや、SNK格闘ゲームの世界大会“SNK WORLD CHAMPIONSHIP”の競技種目になっていることが発表された。

戦いの舞台はすでに世界規模で整えられている!
スマホゲーム『THE KING OF FIGHTERS ALL STAR』に、本作キャラクターの実装が決定!
本作の発売を記念して、京都の武道具ブランドメーカー“東山堂”とコラボを実施。覇王丸の愛刀“河豚毒”をモデルにした記念刀が登場するという。会場には実物が展示されており、河豚毒ならではの重量感が見て取れた。

 ステージの最後には、本作のアーケード版、Nintendo Switch版、PC版の発売もそれぞれ発表された。

 2019年6月以降の『SAMURAI SPIRITS』の展開からは、どこまでも目が離せないようだ。

アーケード版は2019年夏、Switch版とPC版は2019年冬に登場予定だ! 6月の発売から間を置かず、多くの展開が待っている。

体験会で懐かしい『サムスピ』の感覚に感動!

 発表会の壇上では、ゲームの解説だけでなく、さまざまな催しが実施された。

 オープニングアクトは和楽器ユニット“HIDE×HIDE”による尺八と三味線の演奏だ。HIDE×HIDEは本作のゲーム内にも楽曲を提供しているという。

 サウンドディレクターの山添氏によると、ゲームが好きなだけにキャラクターの特徴などをしっかりとつかんでおり、見事なサウンドを提供してくれたとのこと。

尺八と三味線のふたの音色だけのはずなのに、非常に力強く、間の沈黙すら音楽の一部に聞こえるような感覚を覚える見事な演奏をしてくれた。ふたりともゲーセンで稼働していた『サムライスピリッツ』シリーズを知る世代らしい。

 続けて、迫力ある殺陣のステージを“SAMURAI PERFORMERS syn”の皆さんが披露した。複数人が入り乱れるパートと、金属製の刀で1対1の殺陣を披露するパートの2部構成で、いずれも目にも止まらぬほどの大迫力。

 金属の刀を用いた剣戟は、『サムライスピリッツ』シリーズの対戦を現実で観ているかのような迫力を放っていた。

金属の刀で打ち合うと実際は鈍い音が響くという逸話を、実際に体感できた。

 また、音楽と殺陣で場が温まったところで、MCであり夜叉丸の担当声優でもある天崎滉平さんが実際に本作をプレイしてみることに。

 対戦相手として登壇したのは、プロゲーマー夫婦、ももち選手とチョコブランカ選手だ。

「赤ちゃんくらいの相手をお願いします」と要求した天崎さんの前に登場した、チョコブランカ選手(左)とももち選手(右)。
格ゲー対戦ガチ勢にはおなじみ、高田馬場ゲーセン・ミカドのアキラ氏が実況・解説役として登壇。

 プロ相手に勝ち目は薄いと思われていた天崎さんだが、「これだけは決めたい!」と力説していた“怒り爆発”からの“一閃”を両方のプロゲーマーに決め、それぞれから1ラウンド目勝利をもぎ取る快挙を達成! 会場を大いに湧かせた。

思わずガッツポーズで席を立つ天崎さん。ストイックなゲームに見えて、じつは遊びやすいゲームであることを証明してくれた。
その後の夫婦対決は、絶妙な間合いからの牽制や大斬り、一閃の応酬となる名勝負となった。勝ったのはももち選手だったが、そのせいでチョコブランカ選手の機嫌を損ね、夕飯のメニューがピンチに……?

 多種多様なイベントで気分も盛り上がったところで、我々プレス関係者も本作を実機で体験できた。

 プレイアブルだったのは、覇王丸、ナコルル、ガルフォード、十兵衛、幻十郎、アースクエイク、シャルロットの計7キャラクターだ。

会場では寿司などの軽食も振る舞われた。寿司と目の前の桜を肴に、『サムスピ』を遊べるとは……至福!

 筆者もまた、学生時代にゲーセンで『サムライスピリッツ』初代作品に触れ、ほかのゲームにはない要素にカルチャーショックを受けた身だ。そんな筆者が『SAMURAI SPIRITS』を遊んでみた感想としては、

「あの頃の『サムスピ』が帰ってきた!」

 この一言に尽きる。

会場に用意されていた操作一覧と技表。“武器飛ばし必殺技”や“防御崩し”など、単語ひとつひとつがまた懐かしさを誘う。

 『サムスピ』と言えば、何といっても“大斬り”。

 ボタンひとつ、あるいはレバーを前に入れてボタンひとつを押すだけで出る基本技なのに、カウンターで決まれば3割どころか4割以上の体力を奪う。

 その分、出かかりや出終わった後の隙も大きく、決まった瞬間の気持ちよさは筆舌に尽くし難い。

下手な必殺技よりも、レバー前入れ大斬りやジャンプ大斬りのほうがダメージが高い。本作における必殺技とは、大斬りを当てやすくするために使う布石なのだ。

 さらに、大斬り以外でも、“秘奥義”を当てれば体力が7割減るのが当たり前。怒り爆発からの一閃に至っては、条件しだいで秘奥義以上の威力になることもある。

 何か攻撃を当てたら体力が4割以上は減る、そんな展開が始終続く。

秘奥義や武器飛ばし必殺技の演出には、美麗な3Dグラフィックが最大限に活かされている。威力の高さも相まって、決まれば大斬りよりもさらに気持ちいい。

 懐かしさと同時に、初代『サムスピ』の頃と比べると、格段に操作しやすいという違いも感じた。当時あった、操作レスポンスが悪くテンポが強制的にゆっくりになっていた感覚が、本作では感じられない。思った通りに軽快に操作できる中で、それでもなお慎重に立ち回っていくわけだ。

 いまと昔で同じ緊張感の中でも、操作にストレスがないことがとても励みになり、緊迫した状況を楽しむ余裕につながった。

一閃は弱斬り・中斬り・強斬りの同時押しで怒り爆発状態になってから、同じ同時押しをすることで発動する。発生速度が非常に速くて決めやすく、しかも同時押しボタンが用意されているため、ワンボタンで簡単に出せる。同時押しボタン、本当にありがたい……。

 昨今のほかの対戦格ゲーのように、コンボや起き攻めなどで有利な状況を作り出していくのではなく、お互いに大きな一撃を狙い、下手を打たず、じりじりと間合いを詰めていく。初代『サムスピ』をゲーセンで遊んでいた頃の場面そのままだ。

 それなのに、いまどきのゲームらしく、非常に遊びやすい。言葉にすると簡単だが、すごいことが実現しているのではないだろうか?

 個人的には、お互い1本ずつ取って迎えた最終ラウンドで、自分も対戦相手も怒り爆発を発動した状態の立ち合いが最高すぎた。お互い一手間違えれば一閃で倒されるという、息を飲む緊張感が病みつきになりそうだった。

キャラクターごとに大きく間合いが違う技の数々と、大斬りなどの一撃につなげることもできる防御行動の数々。それらをいかに使いこなし、自分が大きな一撃を相手に当てるか。この駆け引きの緊張感は、ほかの格ゲーでは味わえない。

 原点回帰しつつも、新しい時代の要素や遊びやすさも『SAMURAI SPIRITS』にはしっかりと盛り込まれている。開発陣の発表や、体験プレイでそれが実感できたのはうれしい限りだ。

 あとは6月の発売と、以降の展開にさらに期待が膨らむばかり!