ベセスダ・ソフトワークスおよびゼニマックス・アジアは、プレイステーション4、Xbox OneおよびSteam用ソフト『RAGE 2』について、日本国内版を2019年6月6日に発売することを発表した。また、本日(2019年4月1日)から予約受付を開始した。

以下、リリースを引用

ルール無用!狂乱のオープンワールドFPS『RAGE 2』国内発売日が6月6日(木)に決定!本日から予約開始!

 ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア株式会社(所在地:東京・港区)は、PlayStation4、Xbox One、PC向けタイトル『RAGE 2』の日本国内版を2019年6月6日(木)に発売いたします。また、本日4月1日(月)から同作の予約受付を開始しましたことをあわせてご案内いたします。

『RAGE 2』はオープンワールドの名手“Avalanche Studios”と、FPSの先駆者“id Software”が強力なタッグを組んだ、ベセスダ・ソフトワークスがお届けするオープンワールドFPS最新作です。

 完全なオープンワールドとして前作から圧倒的に進化した本作では、生い茂るジャングルや危険な沼地、灼熱の砂漠など、広大で変化に富んだ土地をシームレスに移動できます。また、フィールドで見つかったマシンの数々はすべてを自由に乗り回すことができ、さらにプレイヤーがカスタマイズすることもできます。

 多彩な武器とスーパーパワーを駆使して、冷酷なギャング集団や血に飢えたモンスターと戦い、狂気に満ちた広大なウェイストランドを駆け巡り、オーソリティーの圧政を打ち砕きましょう。

PC版の日本語対応について

 PC版はBethesda.netおよびSteamで北米時間の5月14日(火)に発売され、日本からも購入可能です。こちらは発売時点では英語及びその他の言語対応のみですが、日本時間2019年6月6日(木)に無料で配信されるアップデートにより、日本語音声/日本語字幕に切り替えていただくことが可能になります。

PlayStation4/Xbox One版のレーティング設定について

 日本のPlayStation4/Xbox One版の『RAGE 2』は、日本の審査機関であるコンピュータエンターテイメントレーティング機構(CERO)の審査を通過しており、CERO Z指定(対象年齢18歳以上)で販売されます。同機構のレーティング基準に則して、「人型敵NPCの分離欠損表現の削除」と、「一部ゲーム内オブジェクトの削除または変更」を行っております。

製品概要
タイトル名:RAGE 2
発売日:2019年6月6日(木)
ジャンル:オープンワールドFPS
対応ハード:PlayStation4/Xbox One/PC
希望小売価格:¥7,980(税抜)
対応言語:日本語音声・日本語字幕/英語音声・英語字幕
対象年齢:18歳以上(CERO Z)