エイプリルフールかと思われた『R-TYPE FINAL2』は、ウソじゃなかった!

[2019年4月2日10:00追記]

16年ぶりに『R-TYPE』新作シューティング始動

 グランゼーラ恒例のエイプリルフールネタなのか、本当の発表なのかと、ゲームファンをざわつかせた『R-TYPE FINAL2』は、エイプリルフールのウソではなく、本当の発表だったことが判明。2019年4月1日に公開した下記の内容も、実際に制作中の『R-TYPE FINAL2』の内容となる。

『R-TYPE FINAL』(2003年/PS2)以来の新作……なのか!?

 2019年4月1日、グランゼーラは新作サイドビューシューティングゲーム『R-TYPE FINAL2』の公式サイトを公開した。『R-TYPE』シリーズといえば、1987年に第1作が発売された人気のシューティングゲームだが、2003年に『R-TYPE FINAL』がプレイステーション2用ソフトとして発売されて以来、新作は発売されていなかった。

以下、リリースを引用

グランゼーラ、PS4用『R-TYPE FINAL2(アール・タイプ ファイナル2)』情報公開のお知らせ

 この度、株式会社グランゼーラ(石川県野々市市)は、サイドビューシューティング「R-TYPE」シリーズ最新作、PlayStation4用ソフト「R-TYPE FINAL2(アール・タイプ ファイナル2)」の情報を公開いたします。

=概要=

 1987年より続くサイドビューシューティングゲーム「R-TYPE」シリーズの最新作になります。コンセプトは『R-TYPEの深化』と『横スクロールシューティングの進化』。

 本作では、武器や破壊の表現、敵の表現、攻略しがいのあるステージ、R-TYPEの世界観をメッセージではなくビジュアルやゲーム展開で伝えていきます。また、「R-TYPE FINAL(2003年)」に登場したプレイヤー機体および攻撃の表現や操作感、爽快感を大幅に強化いたします。

 プレイヤー機には、使用できる波動砲(射撃ボタンを押し続けることでエネルギーを溜め、強力なビームを発射する機能)やフォース(プレイヤー機体と連携して敵の弾から守ってくれたり、協力なレーザーを発射してくれる無人ユニット)が異なるいくつかのバリエーションがあり、選べる機体は様々な条件により追加されていきます。

 さらに、プレイヤーの力量によって自動的に難易度が調整される“リアルタイムレベル機能”は難易度の上下をリアルタイムで画面上にて確認することができます。難易度が高くなればなるほど、獲得できるスコアは、飛躍的に上がっていきます。また、R-TYPE に慣れていないプレイヤーには難易度レベルにキャップをかけて、難しくなりすぎないようにして自分のレベルに合わせてプレイすることも可能です。

 過去シリーズ作品で登場したステージも新しい表現、新しい解釈を加えて再登場させます。R-TYPE FINAL2 を、プレイした人の心に残る、そして、これまでのR-TYPE を超えるR-TYPE にしたいと思っております。

 今後の続報にご期待ください!

=本作の特徴=

■ 今だから作れるR-TYPE を!

16:9の横長画面が標準となった今、横スクロールシューティングゲームは、よりアツく進化します。戦艦並みの火力を備えた次元戦闘機による波動砲攻撃や多彩なレーザー、ミサイルなど、本作では、敵の破壊表現に徹底的にこだわり、破壊の爽快感を徹底的に追求します。

■強化されたゲーム性、遊びごたえを十分満たす要素を満載

 プレイヤーの実力に応じて、自動的に難易度が調整されます。絶妙プレイには、高い難易度の設定が用意されており、スコアも爆発的にアップするようになっています。これにより、スコアアタックでのやりごたえを保証します。

■歴代の次元戦闘機が新しい表現で登場!
これまでのシリーズに登場したプレイヤー機体は、数十機登場予定。フォースや波動砲のバリエーションや表現も充実。カラーリングやデカールも自由に変えることができます。

放たれた矢 R-9A ARROW HEAD(アロー・ヘッド)

 宇宙空間における作業用機体を対バイド用戦闘機として進化発展させ、初めて実戦に配備された機体。 今後登場するすべてのR戦闘機の始祖ともいえる機体。波動砲(のちにスタンダード波動砲と呼ばれるようになる)、ラウンドフォース、追尾ミサイル、ビットなどを装備できる。

天を裂く者 R-9D シューティング・スター

 長距離精密射撃機能を搭載した機体。敵からのミサイル攻撃に対して高い防御力を発揮するディフェンシヴ・フォースを使用できる。(画像ではフォースを機体後部に装備しています)

冷酷なる賢者 R-9W ワイズマン

 R-9A シリーズの後継機。すべての光学兵器がR-9A シリーズに比べて強化されており、波動砲の軌道をパイロットが操作できるようになっている。

漆黒の雷撃者 R-13A ケルベロス

 敵生命体であるバイドの強力な破壊衝動を通常のR機体以上に取り込み、破壊力をアップさせた機体。バイド係数の高いアンカーフォースは、機体から
の有線誘導を必要とする。装備するライトニング波動砲は、ターゲットを自動追尾する能力を持つ。

シューティングゲーム「R-TYPE」とは

 1987 年にアーケードゲームとして世に出たシューティングゲームで、以降、家庭用やシミュレーションゲームとしてシリーズを重ねてきました。
 無敵のパートナー“フォース”、溜め撃ちで発射できる強力な“波動砲”など、プレイヤー機に備えられた斬新な機能を駆使して進めていくストイックなゲーム性と、大胆な生物やメカの表現で構築された独自の世界感が特徴のゲームです。

R-TYPE FINAL2(アール・タイプ ファイナル2)商品概要

タイトル名:R-TYPE FINAL2(アール・タイプ ファイナル2)
プラットフォーム:プレイステーション4
販売形態:パッケージ、ダウンロード販売
ジャンル:シューティング
発売地域:全世界
発売日:未定
販売価格:未定
CERO:審査予定
発売:株式会社グランゼーラ
公式サイト:https://rtypefinal2.com/ja/
公式SNS:Twitter @rtypefinal2_jp
Facebbok:https://www.facebook.com/R-Type-Final2 グランゼーラ
最新動画:https://youtu.be/IvvJ5FTcf68
ゲームデザイン:九条 一馬 (株式会社グランゼーラ)
代表作:絶体絶命都市シリーズ、マンガ・カ・ケール、巨影都市、R-TYPEシリーズなど。R-TYPE DELTA、R-TYPE FINAL、R-TYPE TACTICS シリーズではゲームデザインを手掛ける。
プロデューサー 松尾 悟郎(株式会社グランゼーラ)
クレジット表記:(C)Granzella Inc. Licensed by IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.