“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”のキャンプ2日目。野球殿堂博物館と東京ドームオープン戦見学などの模様をリポート。

 2019年3月23・24日に、“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”のキャンプが開催された。本記事ではキャンプ2日目の模様をお届けする。なお、入団発表などが行われた1日目のリポートは下の記事をチェックしていただきたい。

 “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”とは、『スプラトゥーン2』を使用したプロ野球12球団対抗のeスポーツ大会。キャンプは、NPB(一般社団法人日本野球機構)が後援する“第4回 スプラトゥーン甲子園”の出場チームのうち、参加希望チームの中から、ドラフト会議を経て選ばれた12チームと、育成枠に選ばれた2チームが参加している。

 キャンプ2日目の午前中は、選手たちが座学で野球の歴史を学び、午後には東京ドームに併設されている野球殿堂博物館にて職員の解説のもと、館内を見学していった。

 博物館内には、日本野球の歴史が詰まっており、プロ野球だけでなく高校野球やWBC(ワールドベースボールクラシック)のユニフォームなども展示されている。また、先日引退を発表したシアトル・マリナーズのイチロー選手の特別展示も現在行われている。

 選手たちは、職員の解説に耳を傾けつつ、気になる展示の写真を撮りながら興味津々の様子。“eBASEBALL”の展示ブースもあり、「将来的に“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”の展示もされるのでは?」と、選手たちのモチベーションも上がっているようだった。

セ・リーグ、パ・リーグに分かれて館内にあるチームのユニフォーム前で集合写真。
館内を見学している様子。“eBASEBALL”の展示ブースでは、『実況パワフルプロ野球』のプロ選手でもある、たいじ選手が写った写真も。本人は恥ずかしそうにしていた。
投手の映像を見てタイミングよくバットを振るミニゲーム。誰ひとりとしてバットにかすりもしないなか、たいじ選手がヒットとホームランを連発。その後、選手が揃って攻略した結果、ぴょん選手やくろすっω・)つ選手も続き、「藤浪投手がタイミングを取りやすかった」という結論に。いかなるときも攻略をしてしまうのが、ゲーマーのサガなのかもしれない。

 見学を終えると、東京ドーム内に移動。“読売ジャイアンツ対千葉ロッテマリーンズ”のオープン戦を、スイートラウンジで観戦するという特別な体験ができることに! なかなか入ることができない特別な部屋からの観戦ということで、選手たちのテンションは非常に高かった。

 試合が終わると東京ドーム内を見て回るツアーへ。熱気が残るグラウンドに降りて“プロ野球の現場”を肌で体感したことで、今後の活動に責任と自覚をあらためて感じていたようだ。

 以上で、2日間に渡るキャンプの全日程が終了。つぎは、4月14日に行われるオープン戦で、白熱の戦いがくり広げられることになる。それらの模様も、追ってお伝えしていくのでお楽しみに!