GDC 2019の基調講演で、Googleが新ゲームストリーミングプラットフォーム“STADIA”を発表した。

 2019年3月19日(北米時間)、GDC 2019(Game Developers Conference 2019)の基調講演で、Googleは、新たなゲームストリーミングプラットフォーム“STADIA”を発表した。

 “STADIA”は、専用のゲーム機などを必要とせず、PCやテレビ、タブレット、スマートフォンなど好きなハードで、ゲームを楽しめるサービス。デモンストレーションでは、PCで『アサシンクリード オデッセイ』をプレイしている途中に、数秒でスマートフォンへと切り換えるシーンなどがあり、外でも家でもその場所に応じたデバイスでプレイできるようになっているようだ。

STADIAのコントローラも発表。
PCで『アサシンクリード オデッセイ』をプレイ中。しかし隣りに移って……。
数秒待つと、PCのプレイの続きがスマートフォンで楽しめる。

 “STADIA”は、2019年にアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパでスタート予定。なお、基調講演の詳細などは下記の記事でお届けする。

[2019年3月20日5時00分]
詳細記事を公開しました。