人気バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』で、有料の“バトルパス”の詳細が発表。シーズン1が日本時間の20日午前2時より開始する。

 エレクトロニック・アーツが、バトルロイヤル形式のマルチプレイ対戦型FPS『Apex Legends』の“バトルパス”の概要を発表。日本時間の2019年3月20日午前2時(アメリカ太平洋夏時間の19日午前10時)より、その対象となるシーズン1“ワイルドフロンティア”を開始する。

 バトルパス&シーズン制は、『フォートナイト』などの競合タイトルでも使われている仕組み。有料のバトルパスを購入し、該当のシーズン期間中にレベルを上げていくことで、レジェンド(使用キャラ)の外見を変更するスキンなどの特典アイテムが手に入るというものだ。

 バトルパスの価格は950Apexコインで、各プラットフォームで有料ポイントであるApexコインを購入してからそれをバトルパスに変換する形になる。

 バトルパスを購入しなくてもシーズンレベルを上げていくつかの無料特典アイテムを入手できるほか、バトルパス権にくわえてシーズンレベルを一気に25上げる“バトルパスバンドル”も2800Apexコインで販売される(シーズンレベル20の状態で購入するといきなりレベル45までアンロックされるという)。

 そして新シーズン開始に合わせて、新レジェンドの“オクタン”も追加予定(※オクタンのアンロック自体はバトルパスに含まれず、別途行う)。ティザーツイートに添付されている映像では、噂通りジャンプパッドを設置して空高く飛び上がっている様子が写っている。

 海外PlayStationブログに掲載された記事によると、ジャンプパッドはアルティメットアビリティで、そのほか自動回復やヘルスと引き換えに高速化するアビリティなどを持つようだ。