Steam Linkの新機能として“Steam Link Anywhere”が登場。ゲーミングPCにインストールしたゲームを、インターネットを介してAndroidスマートフォンなどでストリーミングプレイ可能に。

 Steam Linkは、ValveのPCゲーム配信プラットフォーム“Steam”と連動して、母艦となるPCにインストールしたゲームをリビングのテレビやスマートフォンなどでストリーミングで遊べるようにするハードウェアおよびアプリ。その新機能として、“Steam Link Anywhere”のベータ版提供が開始された。

ハードウェア版は昨年販売終了してしまったが、Androidアプリ版が現在も配信中。今回のSteam Link Anywhere機能も対応している。

 そのポイントは、従来のSteam Linkでのストリーミングプレイでは母艦PCと端末側が同一のローカルネットワーク内に存在する必要があったが、Steam Link Anywhereではその制限がなくなるということ。

 つまりストリーミングプレイを実行するのに十分な回線速度があれば、例えば自宅PCのゲームを学校や会社のWifiネットワークに繋いだAndroidスマートフォンからプレイするといったことも可能になる(実際にふたつのネットワークを用意して試したが、回線速度が不足していると映像がジャギジャギだったり反応が激遅だったり、接続に失敗したりする)。

 なおSteam Link Anywhereを利用するには、母艦側PCのSteamの最新のベータ版クライアントおよび、Steam Linkファームウェア(ハードウェア版の場合)やアプリが最新版になっている必要があるほか、ペアリング作業なども求められる。