ディライトワークスは、“Unreal Engine”を用いて開発する新規タイトルに関する開発メンバーの本格募集を開始した。

 ディライトワークスは、同社の第4制作部が手掛ける新規タイトルの開発メンバー募集サイトを、本日(2019年3月13日)開設。同タイトルに関する企画や、アート、グラフィック、技術など各部門の開発メンバー募集を開始している。

以下、リリースを引用

ディライトワークス「Unreal Engine」を用いる新規タイトルの開発メンバー本格募集開始

 ディライトワークス株式会社(以下、ディライトワークス)は、自社内の第4制作部が手掛ける新規タイトルの開発メンバー募集サイトを本日開設し、同部におけるゲーム開発の方向性をご紹介する動画と、同部ジェネラルマネージャー・浅沼拓志の採用に向けたメッセージを掲載いたしました。第4制作部が手掛ける新規タイトルには、Epic Games社が提供する3Dゲームエンジン「Unreal Engine」を用いており、同タイトルに関する企画や、アート、グラフィック、技術など各部門の開発メンバー募集を開始しております。

■新規タイトル開発メンバー募集サイト:https://www.delightworks.co.jp/recruit/can_it_really_be_called_rpg/

 本日公開した動画では、「世界が動く・・・」というコピーに続き、2017年10月に公開した「新規プロジェクトの始動に伴うメンバー募集専用ページ」で使用したイラストが現れます。一瞬の閃光の後、イラストに描かれた様々な要素がゆっくりと動き出し、その後、「Unreal Engine」とディライトワークスのロゴが表示されます。

 サイトに掲出した動画とメッセージを通じて、第4制作部が「Unreal Engine」を用いた新規タイトルを手掛けていることをご紹介し、新規タイトル創りに一緒に挑戦いただける様々な職種の『仲間』を募集しています。

 新規タイトルの詳細については、後日改めて発表いたします。

■メッセージ

第4制作部の開発の方向性をご理解いただくためには、
数多あるメッセージ表現よりも、“動画”をご覧いただくことが一番の近道だと考えました。

私たちが手掛けている新規タイトルでは、
「Unreal Engine」を用いた制作に取組んでいます。
そして、現在、第4制作部では、
新規タイトル創りに挑戦したいと考える開発および運営のメンバーを募集しています。

「ただ純粋に、面白いゲームを創ろう。」という理念に共感いただける方、
新たな挑戦の場に立ちたいと考えている方、この“動画”に興味をもっていただいた方、
そんな皆様に『仲間』になっていただきたいと思っています。

私たちが所属するディライトワークスという会社は、
創業から5年を迎えましたが、その挑戦は、まだまだ道半ばです。
今後も新たな挑戦をし続けられる場所で、ともにゲーム創りに熱狂していきましょう。

第4制作部 ジェネラルマネージャー
浅沼拓志

新規タイトルに関する募集職種

・第4制作部
ゲームプロデューサー/開発プランナー/運営プランナー/シナリオライター
・アート部
アーティスト/アートディレクター/制作進行
・グラフィック部
UIアーティスト/VFXアーティスト/アニメーションアーティスト/エンバイロメントアーティスト/キャラクターアーティスト/ グラフィックスディレクター/シネマティックアーティスト/セットアップアーティスト/テクニカルアーティスト/制作進行/ 背景・美術
・技術部
クライアントサイドエンジニア/サーバーサイドエンジニア/SREエンジニア

参考情報

■「Unreal Engine」とは
 「Unreal Engine」は、Epic Gamesが提供する高度な3D表現が可能なゲームエンジンです。リアリティあふれるコンテンツを、柔軟かつ効率よく制作できることに加えて、「Unreal Engine」を構成するC++の完全なソースコードが提供されているため、開発者の求めるレベルに応じて高度なカスタマイズを行えることが大きな特徴です。

【ディライトワークス株式会社 概要】
社名:ディライトワークス株式会社(DELiGHTWORKS Inc.)
代表者:庄司顕仁
設立:2014年1月22日
事業内容:ゲームの企画・開発・運営
所在地:東京都目黒区青葉台三丁目6番28号