2019年4月25日発売予定のPS4、Nintendo Switch用ソフト『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』のエビテン限定特典、B3タペストリーのデザインが公開。

 日本一ソフトウェアより、2019年4月25日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』。ECサイトエビテン[ebten]限定予約特典である、B3タペストリーのデザインが公開された。

以下、リリースを引用

『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』エビテン限定特典B3タペストリーのデザイン公開!!

 2019年4月25日に日本一ソフトウェアより発売になる『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』。
 そのエビテン限定特典であるB3タペストリーのデザインが公開
 絵柄はキャラクターデザインである山根知氏の描きおろしイラストを使用。
 数に限りがあるのでご予約はお早めに。

商品名:殺人探偵ジャック・ザ・リッパー【エビテン限定特典付】[PS4/Switch]
販売価格:7,538円(税込)/ 6,980円(税抜)
発売日:2019年4月25日
メーカー:日本一ソフトウェア
商品ページ:https://ebten.jp/p/7015019042591

エビテン限定特典付

・描き下ろしB3タペストリー
 キャラクターデザインである山根知氏による描きおろしイラストを使用したB3サイズのタペストリー

※数に限りがあります。なくなり次第終了となります。

ゲーム紹介

 選べ、善か悪か―。

 医療技術が発達した架空のロンドンを舞台に繰り広げられるフルボイスのアドベンチャーゲームです。
 私立探偵のアーサー・ヒューイットは連続殺人事件の調査中、死体を発見したショックからか、自分の中にいる“もう一人”の存在を認識します。
 “自称”ジャック・ザ・リッパーを名乗る幻影との奇妙な共同生活の中、アーサーはロンドン中を巻き込む大事件に巻き込まれていきます。

魅力的なキャラクターグラフィック
 私立探偵。連続殺人鬼。ロンドン市警の警察官。マフィアの幹部。
 医師。女家庭教師。聖職者。テムズ川のドブさらい。浮浪者……。
 19世紀の英国、ロンドンの光と影を象徴する多彩なキャラクター達が、重厚なタッチで魅力的に描かれます。

「探偵」と「殺人鬼」。選択により変わる事件の結末
 プレイヤーの辿る選択肢によって「探偵ルート」、「殺人鬼ルート」へ分岐します。
 理知的に考え、犯罪者の罪を暴く「探偵」か。衝動的に動き、犯罪者を自らの手で裁く「殺人鬼」か。
 「自分だったらどう思うか」という点で考え、物語を進めていただけます。
 プレイヤーの選択の結果、事件の解決策やキャラクターの生死など、ストーリーの結末に大きな影響が発生します。

充実のボリュームで描かれる、殺人鬼と探偵の物語
 章立てのストーリー構成となる本タイトルは、それぞれの事件について「探偵ルート」「殺人鬼ルート」の全く異なる結末が用意されています。
 メインストーリーの他にも、章の裏側やキャラクター達の日常、過去編を描いたサブストーリー。
 プロフィールや用語を収集するデータベース機能など、数多くのおまけ要素が詰め込まれています。