2019年3月9日~10日、千葉県の舞浜アンフィシアターにて開催された『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の1stライブ“THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY”2日目の模様をお届け。

 2019年3月9日~10日、千葉県の舞浜アンフィシアターにて、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』(以下、『シャニマス』)の1stライブ“THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY”が開催された。本記事では、2日目の昼夜公演の模様をリポートする。出演者は1日目と同様、以下の通り。

イルミネーションスターズ

  • 関根瞳さん(櫻木真乃役)
  • 近藤玲奈さん(風野灯織役)
  • 峯田茉優さん(八宮めぐる役)

アンティーカ

  • 礒部花凜さん(月岡恋鐘役)
  • 菅沼千紗さん(田中摩美々役)
  • 八巻アンナさん(白瀬咲耶役)
  • 成海瑠奈さん(三峰結華役)
  • 結名美月さん(幽谷霧子役)

放課後クライマックスガールズ

  • 河野ひよりさん(小宮果穂役)
  • 白石晴香さん(園田智代子役)
  • 永井真里子さん(西城樹里役)
  • 丸岡和佳奈さん(杜野凛世役)
  • 涼本あきほさん(有栖川夏葉役)

アルストロメリア

  • 黒木ほの香さん(大崎甘奈役)
  • 前川涼子さん(大崎甜花役)
  • 芝崎典子さん(桑山千雪役)

※関連記事

 本日の両公演とも会場は満員。プロデューサー(『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)たちのテンションも高まりきっているようで、モニターに映るアイドルたちの紹介映像に合わせて声援を送る声が開演時間まで止まることはなかった。

 ライブは基本的に、昨日の公演と同様の流れで展開。まずはモニターに天井社長(声:津田健次郎さん)と七草はづき(声:山村響さん)が登場。ふたりのユニークなやり取りを交えつつ、注意事項を説明。そして会場が暗転し、各ユニットのキャスト陣が順に登場していく。堂々とポージングを決めていくその様は、これからのライブ本編の期待を高まらせてくれる。「私たち、シャイニーカラーズです!」の掛け声とともに『Spread the Wings!!』を歌唱し、ライブはスタート。キャストたちが心から楽しそうに歌う様子がとても印象的で、プロデューサーたちのコール相変わらず絶好調。会場は開始早々熱気に包まれる。

 楽曲の歌唱を終えると、キャスト陣のセリフを交えた自己紹介を実施。その後は、各ユニットごとに分かれたライブパートへ。トップバッターを務めるイルミネーションスターズのパフォーマンスはまさに、正統派アイドルの貫禄。その輝きに魅せられつつ、プロデューサーたちがペンライトを振りながら声援を送るその光景は、とてもまぶしく、煌めいていた。

 そんな圧巻のステージの後のトークは初々しくも軽妙で、そのギャップもまたイルミネーションスターズ3人の魅力だと感じた。夜公演では、ユニット曲の歌詞についても触れられる。峯田さんが『ヒカリのdestination』の2番の歌詞“カラフルな波揺れて”がお気に入りだと明かしつつ、「いま見てみたいな~」と会場のプロデューサーにリクエスト。そして一度、会場中のペンライトの光が消され、再度プロデューサーたちの灯したペンライトは色とりどりに輝く。この光景を見ていた3人は感動しつつ、プロデューサーたちとの絆を感じたようで、笑顔を見せていた。

 イルミネーションスターズの後に続くのは、アンティーカ。彼女たちのパフォーマンスはキレッキレで、歌声は荒々しくも繊細で圧倒されるとともに、目が釘づけになってしまう。とにかくかっこいい。アンティーカが表現する世界にいつまでも浸っていたい思ってしまう。
 
 トークはこれまでの公演同様、キャスト陣からの挨拶、そして歌唱時のエピソードや楽曲についての印象が語られた。夜公演では同ユニットについて礒部さんが、作中のアンティーカの各メンバー、そしてそれを演じるキャスト5人もそれぞれが個性的で、リーダーとしてユニットをまとめられるか不安だったそう。しかし、実際はほかの4人が助けもあり、アンティーカというユニットをうまく表現できていると、メンバーへの感謝を気持ちを語っていた。

 昼公演の最初の朗読劇は“しゃにます劇場 ~本番前日の昼編~”。各ユニットがレッスンを終え、事務所で休憩しながら、それぞれユニットの印象を語りつつ、お互いに明日へのライブへのモチベーションを高めていく様子が描かれた。ピザパーティーのシーンを始め、283プロアイドルたち全員の交流が描かれるのは、本ライブの朗読劇ならでは。

 夜公演の朗読劇は“しゃにます劇場 ~本番前日の夜編~”。ライブ前にアイドルたちが事務所を掃除していたところ、思い出の品を見つけ、ユニットのこれまでの活動を振り返り、絆を再確認し合うという物語が展開された。

 朗読劇の後は、放課後クライマックスガールズによるライブ。キャスト陣の息ピッタリで全開なパフォーマンスはプロデューサーたちを熱狂させる。その盛り上がり具合は、会場全体が揺れるのが感じられるほど。『太陽キッス』でキャストがスカーフを、プロデューサーがタオルをいっしょに振り回し、一体となって楽しんでいる光景は、見ていてうらやましかったぐらいだ。

 楽曲後のトークもキャスト5人の仲のよさが溢れていた。昼公演では、『太陽キッス』振り付けの一部を永井さんと涼本さんが担当したことが明かされると、客席からは大きな拍手が上がった。夜公演ではほかのユニットと同じく。歌詞ついてのトークへ。涼本さんは『太陽キッス』のテンポが速い楽曲ではあるものの、フレーズが繊細かつ綺麗で青春を感じると印象を語った。丸岡さんは『夢咲きAfter school』の冒頭“Every body Let's Go !”を自身で実演しつつ、お気に入りであることをアピールしていた。

 そしてアルストロメリアのパーフォーマンスに続く。溢れだすアルストロメリアのキュートさにプロデューサーたちはメロメロで、会場中が魅了されているのが手に取るようにわかった。

 MCでは、アルストロメリアの『アルストロメリア』、『ハピリリ』についてトークを展開。黒木さんが『アルストロメリア』は、歌詞にかわいさ、上品さを感じるとても素敵な曲だと熱弁。前川さんと芝崎さんは『ハピリリ』について、おしゃれな曲調で、かわいさだけではなく、情熱さを感じるフレーズがあり、さまざまな感情が入り混じっている女の子ならではの恋の様子が曲に表現されていると印象を語った。

 その後の朗読劇は、両公演とも昨日と同じく“シャニマス劇場 ~LIVE本番編~”で、前回の朗読劇から物語が紡がれる。アイドルひとりひとりからプロデューサーたちへ感謝の言葉が届けられるシーンでは、涙ぐむプロデューサーたちも見られ、しっとりとした雰囲気に包まれていた。

 ラストスパートに差し掛かったライブパートは、キャスト全員揃っての歌唱が続く。各ユニットに分かれていたときはユニットごとの色がしっかりと表現されていたが、キャスト全員のパートでもユニットの色は保ったまま、うまく融合され、『シャニマス』ならではの輝きを放っていた。

 アンコールでは、『シャニマス』の最新情報を届ける業務連絡が行われた。ゲーム内で実施されるプロデュースイベントやガシャ情報、昼公演では『太鼓の達人』や“atre秋葉原”とのコラボの告知。さらに夜公演では、“W.I.N.G”に続く新新プロデュースシナリオ“ファン感謝祭”の追加、新ユニット“Straylight”の登場、“Straylight”を含めた全ユニットが参加するイベントの開催決定など、サプライズに次ぐサプライズの発表の数々で、プロデューサーたちを沸かせていた。昼、夜公演それぞれ発表内容の詳細は。以下の記事をご参照いただきたい。

 業務連絡後、昼公演では放課後クライマックスガールズ、夜公演ではアンティーカがモニターに登場。それぞれ絆を確かめつつ、これからも続くアイドル活動への意気込みを語った。

 その後は1日目と同じく、新衣装“ビヨンド・ザ・ブルースカイ”に身を包んだキャスト陣がステージに集結し、『Spread the Wings!!』、そして新曲『Ambitious Eve』を歌唱。『Ambitious Eve』は、アイドルたちがこれからも羽ばたき続けるという“決意”を感じさせるアップテンポなナンバー。そして、プロデューサーたちもその活動を支え続けることを表すかのように、会場の熱は高いまま大いに盛り上がる。

 ラスト1曲を残したところで、キャスト陣からの挨拶へ。今回のライブまでたどり着けたこと、それを支えてくれたプロデューサーたちへの感謝の気持ちを、キャストそれぞれの口から、ときには涙を流しつつも、精一杯伝えていた。その想いに応えるようにプロデューサーたちも声援を送り続ける。そして、最後に『Multicolored Sky』を歌唱し、恒例の「これからも、アイマスですよ! アイマス!!」を全員で合唱し、ライブは閉幕となった。

 『シャニマス』1stライブが幕を閉じた。1日目にも負けない盛り上がりを見せた本日の両公演。『シャニマス』の活動開始から1年が経とうとしているが、短いとも思えるこの活動期間で、キャスト陣のパフォーマンスはすでに完成されていた。各ユニットが魅せる色、そして全員で魅せる色、そのどれもが素晴らしく、終始圧倒された。また、本日夜公演最後の場面で、キャスト陣が自身の演じるアイドルたちへの想い、ユニットメンバーへの想い、そしてプロデューサーへの感謝の想いを涙ながらに語り、それらに応えるように、プロデューサーたちが割れんばかりの声援を送る。キャスト、プロデューサーたちが心から『シャニマス』を愛しているということを肌から感じることができた。そして、その光景がとても美しく感じた。新シナリオや新アイドルの追加も発表され、2年目に向けて加速し続ける『シャニマス』を、筆者もいちプロデューサーとして、これからの応援し続けたい。

“THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY”2日目昼夜公演レットリスト(敬称略)
01.Spread the Wings!!(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)
02.ヒカリのdestination(関根瞳、近藤玲奈、峯田茉優)
03.虹になれ(関根瞳、近藤玲奈、峯田茉優)
04.バベルシティ・グレイス(礒部花凜、菅沼千紗、八巻アンナ、成海瑠奈、結名美月)
05.幻惑SILHOUETTE(礒部花凜、菅沼千紗、八巻アンナ、成海瑠奈、結名美月)
06.夢咲きAfter school(河野ひより、白石晴香、永井真里子、丸岡和佳奈、涼本あきほ)
07.太陽キッス(河野ひより、白石晴香、永井真里子、丸岡和佳奈、涼本あきほ)
08.アルストロメリア(黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子)
09.ハピリリ(黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子)
10.SNOW FLAKES MEMORIES(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)
11.Let's get a chance(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)
En01.Spread the Wings!!(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)
En02.Ambitious Eve(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)
En03.Multicolored Sky(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)

[2019年3月11日20時35分 記事修正]
本文中の一部表記に誤りがあり、該当部分を修正いたしました。読者並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。