ゲームセンターで多くのユーザーを虜にした、『スーパーリアル麻雀PV』がNintendo Switchで発売決定!

ゲーセンで多くの男性が100円玉を注ぎ込んだ、あのタイトルが復活

 1990年代にゲームセンターで多くのユーザーを虜にした、『スーパーリアル麻雀』シリーズ。そのシリーズ5作目となる『スーパーリアル麻雀PV』が、Nintendo Switchで2019年3月14日に発売されることが、発売元のマイティークラフトから発表された。価格は1980円[税込]。

 『スーパーリアル麻雀』はアーケードを中心に展開した、人気シリーズ。2作目の『スーパーリアル麻雀PII』以降は、アニメーターの田中良氏デザインによるかわいいヒロインが登場し、プレイヤーが勝つと、ヒロインがアニメーションで脱衣をしていく点などで人気を博した。

 シリーズを重ねるごとにヒロインが増えていき、『PII』ではショウ子ひとりだったのが、『PIII』では芹沢香澄、未来のふたりに、『PIV』では愛菜、悠、香織の3人となり、『PV』も遠野みづき、藤原綾、早坂晶の3人ヒロインとなっている。

 Nintendo Switch版の画面写真を見る限り、オリジナル版と同じく脱衣シーンはあるように見えるが、どこまで表現されるのかなどは不明。『スーパーリアル麻雀PV』は、PCエンジンでアレンジされた『スーパーリアル麻雀PVカスタム』などもあったが、アレンジされていたとはいえ、現代では同じ表現は難しいと思われる。なお、CEROの年齢制限は”D(17歳以上対象)”。

 近年では、シリーズのヒロインを復活させてモバイル向けに展開してきたほか、最新作の『スーパーリアル麻雀P8』ではアイドル麻雀となった『スーパーリアル麻雀』シリーズ(『P8』については下記の記事を参照)。

 公式サイトでは、『スーパーリアル麻雀PVI』、『スーパーリアル麻雀P7』のリリースも予定しているとのことで、今後の展開にも期待が高まる!