KONAMIの新事業拠点“KCC銀座”内に、esportsに適した設備を整えた”esports 銀座 studio”が開設されることが明らかに。

 KONAMIは、同社事業の新たな拠点として建設中の“コナミクリエイティブセンター銀座(KCC銀座)”にて、最新の演出・配信設備を完備したホール“esports 銀座 studio”を開設することを発表した。

 

以下、リリースを引用

コナミグループの新拠点内に次世代ホール「esports 銀座 studio」をオープン

 コナミグループは、事業の新たな拠点として建設中の「コナミクリエイティブセンター銀座(以下、KCC銀座)」に、最新の演出・配信設備を完備した次世代のホール「esports 銀座 studio」を開設することをお知らせします。

 「esports 銀座 studio」は、音響や照明といった演出、および映像配信に関する機材など、eスポーツに最適な設備を完備した公共ホールです。コナミグループは、「KCC銀座」において、eスポーツに関する人材を育成するスクールや、eスポーツに関連する商品を販売するショップも計画しています。

 「KCC銀座」は、2019年11月末の竣工を予定しています。コナミグループは、「KCC銀座」を新たな拠点として、エンタテインメントを世界へ発信し、eスポーツの拡大・活性化に貢献してまいりますので、ぜひご期待ください。

【コナミクリエイティブセンター銀座 完成イメージ図】

完成イメージ図(西側/銀座通りから)
完成イメージ図(北側/京橋方面から)

建築概要

名称:コナミクリエイティブセンター銀座
所在地:東京都中央区銀座1-1-1(地名地番)
建築主:コナミリアルエステート株式会社
敷地面積:2,527平方メートル
延床面積:22,509平方メートル
階数:地上12階、地下1階
竣工予定:2019年11月30日
設計:株式会社 櫻井潔建築設計事務所・ETHNOS
施工:三井住友建設株式会社

コナミグループのeスポーツへの取り組みについて

 ゲームをスポーツ競技として捉える「eスポーツ」は、海外を中心に盛り上がり、日本でも大きく注目されはじめています。また、「eスポーツ」の大会の観客や視聴者の数は、アクティブなメジャースポーツに匹敵する規模へ成長を続けています。コナミグループでは、2001年から「ウイニングイレブン」シリーズ、2003年から「遊戯王オフィシャルカードゲーム」の世界選手権を、日本国内でも2016年から「実況パワフルプロ野球」シリーズの日本選手権を開催しています。また、2011年からは「KONAMI Arcade Championship」としてアーケードゲームの公式大会も開催しています。

「eBASEBALL 2018-19 SMBC e日本シリーズ」
2019年1月12日(土) / ビッグサイトTFTホール
「Yu-Gi-Oh! World Championship 2018」
2018年8月5日 / 幕張メッセ国際展示場

コナミリアルエステート株式会社 社長 東尾 公彦

 これまでに関わって頂いた方々のおかげで、本日、無事に上棟を迎えることができましたことを、感謝申し上げます。

 このコナミクリエイティブセンター銀座は、これまでのゲーム制作にとどまらず、新しいエンタテインメントを創造し、発信していく、コナミグループの新たな拠点となります。

 この拠点には、最新の演出・配信設備を完備した次世代のホール「esports 銀座 studio」を開設する予定です。また、eスポーツに関する人材を育成するスクールや、さまざまなeスポーツに関する商品を販売するショップも計画しています。

 来年2020年には、東京オリンピック・パラリンピックを機に、世界の注目が東京に集まります。世界の皆様に楽しんで頂けるような、新しいエンタテインメントを、ここ銀座から発信し、銀座の発展に貢献できればと考えていますので、ぜひご期待ください。

 11月に予定されている竣工に向け、これからの工事において、くれぐれも怪我や事故など無いよう、安全第一で作業を進めて頂きたいと思います。

[2019年2月27日15時55分 記事修正]
一部表記に誤りがあり、記事を訂正いたしました。読者並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。