『魔界ウォーズ』のサービス開始1周年を記念し、日本一ソフトウェアの代表取締役社長・新川宗平氏と、クローバーラボのプロデューサー・きゃん氏にインタビューを実施した。

 日本一ソフトウェアとクローバーラボのタッグで開発、運営された『魔界ウォーズ』が、2019年2月15日にサービス開始から1周年を迎えた。“永遠の次回作の主人公”と言われた、日本一ソフトウェアの名物キャラクター“アサギ”が、嘘偽りなく主人公を務める本作は、どのようにしてスマホ業界の荒波を乗り越え、1周年を迎えたのか。開発のキーマンである日本一ソフトウェアの代表取締役社長・新川宗平氏と、クローバーラボのプロデューサー・きゃん氏にインタビューを実施。

 後編では、現在開催中の1周年イベントについてうかがった。

 

ふたりが1周年の感謝を語る、インタビュー前編はこちらの記事をチェック!

新川宗平(にいかわ そうへい)

日本一ソフトウェア代表取締役社長

きゃん(きゃん)

クローバーラボ『魔界ウォーズ』プロデューサー

『魔界ウォーズ』の1周年を記念したイベントが開催中!

――現在、『魔界ウォーズ』の1周年を記念したイベントが始まっていますが、イベントの見どころは?

きゃん 『ディスガイア』でおなじみの転生システムが実装されます。キャラクターをレベル1から育て直せる転生は、レベルを最大まで上げると実行できて、転生時に得られるポイントを使ってステータスを強化したり、バトルを有利に進める付加効果を付与したりできます。
新川 ほかにも、★3以上の強さを持った★4のキャラクターが初めて実装されますね。

きゃん 最初に実装するのは超魔王ラハール、暴君ヴァルバトーゼ、闇剋の魔神フレイヤの3人です。暴君ヴァルバトーゼのイラストは原作と同じですが、超魔王ラハールは描き下ろしですし、魔神フレイヤは新キャラクターなので、ファンの方も楽しんでいただけると思います。イベント中は、1日10連無料を最大10日、つまり計100連無料を実施するので、この機会に強力なキャラクターを入手してほしいですね。

超魔王ラハール
暴君ヴァルバトーゼ
闇剋の魔神フレイヤ

新川 新規の方も始めやすいですし、復帰するなら最高のタイミングだと思います。この1年で、遊びやすさもかなり向上していて、オートや倍速プレイはもちろん、体力が続く限りダンジョンに潜って、アイテムを入手してくれるシステムも実装しました。このシステムはとにかく便利なんです。私は、寝る前に体力を最大まで増やして、ダンジョンに潜って放置するのが日課なんですよ。こうすると、朝起きたときにアイテムをたくさん入手できるんです。

――新川さんもガッツリ遊んでいるのですね。

新川 プレイ時間だけで言えば、『ディスガイア』よりも長く遊んでいるかもしれません。

きゃん 新川社長はガチャも本気でやっていて、『ディスガイア』などのキャラクターを引いたり、コラボのキャラクターをコンプリートしたりすると、「揃ったぜ!」と、LINEで報告が来ますから(笑)。

――社長みずから『魔界ウォーズ』の売上に貢献されていると(笑)。

新川 皆さんと同じようにゲームを楽しんでいますが、フレンドの上限だけは、社長権限で増やしてもらいました。というのも、いろいろな方にフレンドの申請をしていただくのですが、100人だとすぐにいっぱいになってしまい、新規の方を断るのが申し訳なくて……。

 現在はフレンド1000人を目標にプレイしていますので、ゲーム内で“そうへいまる”と検索して、ぜひフレンド申請をしてください! 私といっしょに『魔界ウォーズ』を楽しみましょう!

――フレンド1000人のほかに、やってみたいことや、ゲーム内で実装したいものは?

きゃん 実現できるかどうかは、皆様の応援次第ではありますが、マップをいまよりも広げてみたいなとは思います。縦持ちでプレイすることを考慮していまのサイズにしていますが、マップが広がることで戦略性が増すと思います。

 あとは、まだ実装されていないキャラクターをゲームに登場させたいですね。とくに、『ディスガイア』シリーズの魔物型キャラクターはファンの方の要望が多いので、もっと実装したいと思います。直近に実装するものでお伝えできるのは、1周年イベントが終わった後に、日本一ソフトウェアさんのとあるタイトルとコラボを実施する予定です。情報解禁日が決まっていまいので、詳細は言えないのですが、名物キャラクターを仲間にできるので、ご期待ください(笑)。

――では、新川さんは? 以前のインタビューでは、『魔界ウォーズ』の家庭用ゲーム機版を作りたいという野望も語っていましたが……。

新川 もちろん野望は持ち続けていますが、そう簡単に実現できないので、今後の“死ぬまでに達成したい目標”のひとつになると思います。スマホ版の『魔界ウォーズ』では、超魔王ラハールのように、このゲームから新しいキャクターをどんどん誕生させていきたいですね。

 今後は我々が新キャラクターを提案するだけではなく、ユーザーの方からのリクエストも積極的に取り入れたいと思います。要望を聞くひとつの施策として、アンケートを実施したいと考えていますので、このキャラクターのこんな衣装が欲しいといった、要望や妄想をどんどん届けてほしいなと思います。

※アンケートは2019年3月14日15時まで開催中。協力いただいたプレイヤーには、ルビー500個がプレゼントされる

きゃん ネガティブな意見も大歓迎ですので、多くの意見をいただけるとうれしいです。

――ユーザーの声は、アンケートのほかにどうやって集めているのですか?

きゃん メールでのお問い合わせのほかに、SNSなどもこまめにチェックするようにしています。

新川 私はTwitterが多いですね。ただ、私自身が個人のアカウントを持っているわけではないので、『魔界ウォーズ』で検索して、ファンの方がどのようなことをつぶやかれているのかチェックするようにしていて、声の大きなものは、できるだけ取り入れるようにしています。

――ファンの意見を取り入れて、どんどん改良を行っていると。

新川 先ほどもお話ししましたが、1年前と比べて格段に遊びやすくなっています。最近遊んでいない方や、プレイするのを辞めてしまった方は、ぜひこの機会に復帰してほしいですね。以前遊んでいたときの不満点などが改良されていると思うので、かなり遊びやすくなったと体感してもらえる自信があります。

――それでは最後に、これから初めて遊ばれる方や復帰される方に、攻略アドバイスをお願いします。

きゃん 初めて遊ばれる方は、チュートリアルの何度でも引き直せるガチャで、強力なキャラクターを仲間にしてから進めるのがオススメです。サルバトーレやアルマース、セラフィーヌ、ピチドラなどが強力ですが、もちろん、好きなキャラクターで始めてもらっても大丈夫です。

 ★3のキャラクターは、SPクエストのキャラEPを進めることで手に入る召喚石を使っても手に入ります。復帰される方は、最大100連無料のチャンス中ですし、1周年で実装された★4キャラクターを仲間にできると、ゲームが進めやすくなると思います。

新川 あまり難しく考えずに、まずはゲームを始めたり、復帰してもらえたりするとうれしいです。見た目がかわいいキャラクターや、テンポのよいゲーム性など、気楽に遊んでいただけるゲームだと自負していますから。我々は自身を持って提供をしていますが、実際に遊んでいただいて不満な点があれば、ぜひお伝えください。できるだけ改善して、より長くサービスを続けていきたいと思いますので、今後も応援をよろしくお願いいたします。

インタビュー前編は以下の記事をチェック!