ベセスダ・ソフトワークスのオンラインアクションRPG『Fallout 76』の今秋にかけての開発ロードマップが公開された。

 ベセスダ・ソフトワークスがPS4/Xbox One/PC向けにサービス中のオンラインアクションRPG『Fallout 76』で、2019年秋にかけてのロードマップが公開された。

 ロードマップは3月12日から5月末にかけて段階的に実装される“ワイルドアパラチア”、夏に行われる“ニュークリアウィンター”、そして秋の“ウェイストランダーズ”の3部構成となっており、新クエスト、ゲームモード、新機能などが無料で提供予定。

 また直近のワイルドアパラチアについてはより詳細な予定が公開されている。新クエストや敵の追加はもちろん、個人的には4月9日実装予定のプレイヤーのC.A.M.P.用の自動販売機機能と、5月23日実装予定の不要なレジェンダリーアイテムを交換・解体できるという“レジェンダリーベンダー”の登場が気になるところ。

個人的には自販機をC.A.M.P.に置けるようになったり、不要なレジェンダリーアイテムを交換する手段ができるのは気になる!

新クエスト: Shear Terror! - 新たなクエストラインと敵が登場。アパラチアの秘密が明かされるとき、伝承上の怪物が目を覚まします。

新クエスト: Ever Upwards - 伝説のパイオニアスカウトにまつわる新たな物語で、森の奥深くへと足を踏み入れましょう。評価バッジを獲得してランクを上げれば、カスタマイズ可能な高性能バックパックが手に入ります。

新機能: レジェンダリーベンダーと解体 - 謎のベンダーを見つけ出し、不要なレジェンダリーアイテムを交換・解体して新しいレジェンダリー装備を手に入れましょう。解体するレジェンダリーアイテムの星の数が多いほど、良いレジェンダリー武器/アーマーが手に入りやすくなります。

新機能: C.A.M.P.の装飾、プレイヤーによるアイテム販売、新機能カメラ - 収納箱内のアイテムを使えば、C.A.M.P.を飾り付けることができます。自動販売機を設置して販売するアイテムを選んだら、値段を設定するだけで、すぐにでもアパラチアの冒険に戻れます。それとお出かけの際は、新しいカメラ機能を使って大切な思い出を写真に収めるのもお忘れなく。面倒な手続きは自動販売機が全てやってくれます。プレイヤーは売上のキャップを数えるだけで大丈夫。

新機能: 醸造と蒸留 - 新たなクエストで禁じられた醸造酒「ヌカ・シャイン」の秘密を解き明かし、新たな醸造・蒸留システムとレシピを使ってC.A.M.P.でパーティーを開きましょう。

新シーズンイベント: ファスナハト・パレード - 古来より伝わるファスナハトの祝祭で冬将軍を追い払い、春の到来を早めましょう。祝祭に参加して新登場の期間限定イベントを完了すれば、特別な報酬としてお祭り気分満点なファスナハト・マスクが手に入ります。

新ゲームモード: サバイバル - この新モードでは、より緊張感あるPvPが味わえます。PvPにおける制限は少なく、報酬が多いこのモードでは、アドベンチャーモードの従来コンテンツはもちろん、新たなチャレンジが待ち受けています!
出典:FALLOUT 76 - 2019 ロードマップ

 そして夏のニュークリアウィンターでは、「ウェイストランドのルールを根底から覆す、『Fallout 76』のまったく新しい遊び方」(公式ブログより)が登場予定であるほか、マップ上で存在が確認されていたVault 94とVault 96が「高難度グループVaultレイド」のダンジョンとしていよいよオープン。そしてレベル50以上のプレイヤーがリセットして新能力を備えて再スタートする機能“レジェンダリープレイヤー”の実装も予定されている。

 さらに秋のウェイストランダーズは、新たなメインクエストや派閥なども登場する「最大にして最も意欲的なアップデート」になるとのこと。

夏の“Nuclear Winter”では新たなゲームモードが追加されるほか、Vault 94と96がいよいよオープン。Lv50以上のプレイヤーのリセットも可能に。秋の“Wastelanders”ではメインクエストの追加などが予定されている。

 ローンチでややもたついてしまった本作だが、安定化や調整などが進み、今後の見通しもちゃんと示されたのはいい兆候。今後も積極的な運営と情報発信を期待したい。