2019年3月1日に発売される、3D対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 6』。2019年2月23日~24日には、ほぼすべてのキャラクターが使える豪華体験版が配信される。それに先立ち、バトルに役立つ新たなシステムの解説をお届けしよう。

 『デッド オア アライブ』シリーズ最新作である『デッド オア アライブ 6』が、2019年3月1日に発売される。2019年2月23日(土)~24日(日)の2日間限定で、ほぼすべてのキャラクターが使用でき、オンライン対戦も可能な豪華体験版が配信予定だ。

 この豪華体験版では、特典キャラクターである女天狗(PS4版とXbox One版は予約特典、PC版は早期購入特典)とフェーズ4(早期購入特典)のふたりを除き、24ファイターすべて使用可能。オンライン対戦の“ランクマッチ”のほか、ストーリーモードの序盤が体験できる。さらに、充実のトレーニングモードはすべて体験可能なほか、キャラクターのコスチュームもほぼすべて使用できるなど、まさに“豪華”体験版と言えるだろう。

 その配信に先立ち、本記事では“フェイタルスタン誘発技”、“カウンターフェイタルスタン誘発技”、“空中打ち下ろしバウンド技”といった、本作より登場する新たな3つのテクニックを解説。基本的なテクニックについては、豪華体験版でも遊べるチュートリアルモードで確認しよう。なお、体験版では使用できない女天狗、フェーズ4の技についても合わせて解説するので、ぜひ製品版発売後にもバトルに役立ててほしい。

※入力の表記について
・パンチボタンをP、キックボタンをK、ホールドボタンをH、投げボタンをTと表記しています。
・方向キー操作は、PCのテンキーをレバー入力の方向に見立てて表記しています(6が右向き時の前、4が後ろを表しています)。
・“背”表記は、相手に背を向けた状態でコマンドを入力することを表します。
・方向キー操作はキャラクターが右向き時のものです。

フェイタルスタン誘発技

 新システムの“フェイタルラッシュ”をヒットさせると、無防備かつホールドもくり出せない“フェイタルスタン”という状態になる。このフェイタルスタン状態では、ゲージを使用して回避する“ブレイクホールド”をしない限り、一定ダメージまで攻撃を受け続けることになる。

フェイタルスタン状態は、ブレイクホールド以外の行動ができない。

 一部キャラクターはフェイタルラッシュ以外にも、ヒットさせることでフェイタルスタン状態にできる技が存在。フェイタルラッシュの初段は上段だが、フェイタルスタン誘発技は中段なのがポイントだ。

 こうしたフェイタルスタン誘発技の多くは単発技で、威力は大したことはないが、ヒットさせればフェイタルスタンとなるので、相手にゲージがなければ確実に空中コンボを仕掛けられるのが非常に強力。なお、前作までのプレイヤーにとっては、基本的に“尻持ちダウン”などがフェイタルスタンに変わったと考えると、分かりやすいだろう。

ヒットでフェイタルスタンに。カウンターヒット、ハイカウンターヒットでもフェイタルスタンになる。

各キャラクターのフェイタルスタン誘発技

  • かすみ:4H+K
  • エレナ:なし
  • ハヤテ:なし
  • リュウ・ハヤブサ:4H+K
  • ジャン・リー:214P
  • ザック:66P+K
  • ディエゴ:7K
  • リグ:7P、クブリョ・ソギ中にP
  • ヒトミ:8H+K
  • レイファン:2P+K
  • あやね:なし
  • マリー・ローズ:フラワーホイール中にK(2段目)
  • ほのか:236P+K、独立歩中にP
  • バイマン:なし
  • バース:214P
  • ティナ:8P
  • ミラ:7K(最大溜め)
  • クリスティ:214P
  • NiCO:7K
  • こころ:なし
  • ラ・マリポーサ:6H+K
  • ブラッド・ウォン:なし
  • エリオット:なし
  • 女天狗:なし
  • フェーズ4:なし
  • 雷道:なし

カウンターフェイタルスタン誘発技

 一部の技は、しゃがみカウンターヒット、またはしゃがみハイカウンターヒット時のみ、フェイタルスタン状態になる技がある。単発技の場合は、おもに相手のしゃがみ攻撃や、下段投げを読んだ際にくり出そう。連携技の場合は手前までが上段で、最終段が中段というケースが多い(連続技のすべてが中段で、最後のみがカウンターフェイタルスタンに対応している場合などもある)。おもに相手の上段攻撃を回避を、しゃがみ状態で回避された際に大ダメージが期待できるのがポイントだ。

通常ヒットではフェイタルスタンにならないが……
しゃがみカウンター(ハイカウンター)ヒットでフェイタルスタンになり、大チャンスに。

■各キャラクターのカウンターフェイタルスタン誘発技

  • かすみ:なし
  • エレナ:214P、背7P、44PPP(3段目のみ)、46PP(2段目のみ)、6PPP(3段目のみ)
  • ハヤテ:なし
  • リュウ・ハヤブサ:なし
  • ジャン・リー:H+K
  • ザック:8P、PP6PK(4段目のみ)、4H+K
  • ディエゴ:なし
  • リグ:7K、背4K、クブリョ・ソギ中に7K
  • ヒトミ:8K、1KK(2段目のみ)、8PPP(3段目のみ)、8PKK(3段目のみ)、214P
  • レイファン:背P+K
  • あやね:4K
  • マリー・ローズ:KK(2段目のみ)、64P
  • ほのか:PK(2段目のみ)
  • バイマン:P+K
  • バース:PK(2段目のみ)、9PP(2段目のみ)、7PP+K(2段目のみ)、3K
  • ティナ:なし
  • ミラ:なし
  • クリスティ:なし
  • NiCO:なし
  • こころ:なし
  • ラ・マリポーサ:KKK(3段目のみ)、9K
  • ブラッド・ウォン:8P、6K、反転倒立中にK6K(2段目のみ)、反転倒立中にKK6K(3段目のみ)、反転倒立中にKKKK(4段目のみ)、反転倒立中にP+K
  • エリオット:P+K、3KP(2段目のみ)、熊出洞中に6PPP(3段目のみ)
  • 女天狗:なし
  • フェーズ4:なし
  • 雷道:8P

空中打ち下ろしバウンド技

 相手の浮きの高さが一定でコンボを決めやすいバウンド技に加えて、今回は空中コンボから地上へ叩き落とし、さらに追撃を狙える“空中打ち下ろしバウンド”技が追加された。前作までの“打ち下ろしバウンド”が、特定の打撃が空中ヒット時にも発生するようになった、といえばわかりやすいだろう。空中打ち下ろしバウンド技からは、至近距離で特定の技をヒットさせるとダメージが飛躍的に上がる“クロースヒット”を狙うのが有効。クロースヒットに対応した技で追撃を加えれば、大ダメージを狙えるのだ。また、ブレイクブローによる追撃はさらなる大ダメージが期待できる。ブレイクゲージが満タンの場合はこちらも狙っていこう。

空中に浮いた相手に空中バウンドに対応した技を叩き込むと……
相手は背中から地面に叩きつけられ、無防備な状態に(ダウン状態になるまで受け身も不可)。
その隙に近づいて、クロースヒット技などを叩き込もう!

おもな空中打ち下ろしバウンド対応技

  • かすみ:PP7Kヒット時P
  • エレナ:背4PK
  • ハヤテ:9KKK
  • リュウ・ハヤブサ:3P+KK
  • ジャン・リー:4KKP
  • ザック:7PP
  • ディエゴ:214P
  • リグ:3PKK
  • ヒトミ:214KPP
  • レイファン:1PKK
  • あやね:PKK
  • マリー・ローズ:3PP
  • ほのか:独立歩中にK
  • バイマン:9P
  • バース:6H+K
  • ティナ:6H+K
  • ミラ:KP
  • クリスティ:H+KKK
  • NiCO:8PP
  • こころ:9PPT
  • ラ・マリポーサ:6H+K
  • ブラッド・ウォン:6K
  • エリオット:33P2P
  • 女天狗:飛天の舞中にPPP
  • フェーズ4:天風中にK
  • 雷道:33KP