『EVE rebirth terror』豪華声優陣の寄せ書きサイン色紙が当たるTwitterリツイートキャンペーンの詳細&店舗特典の描き下ろしイラストを公開!

 El Diaより、2019年4月25日発売予定のプレイステーション4およびプレイステーション Vita用ソフト『EVE rebirth terror』について、豪華声優陣の寄せ書きサイン色紙が当たるTwitterリツイートキャンペーンが実施されることが発表された。また、店舗特典の描き下ろしイラストも公開した。

以下、リリースを引用

「EVE rebirth terror」サイン色紙が当たるキャンペーンを実施と店舗特典の公開

 2019年4月25日発売予定のPS4 / PS Vita『EVE rebirth terror』の、豪華声優陣の寄せ書きサイン色紙が当たる、Twitterリツイートキャンペーンを実施の詳細をお知らせ致します。また描き下ろしイラストの店舗特典を公開します。

「EVE rebirth terror」フォロー&リツイートキャンペーン

実施期間
2019年2月8日(金)~2月18日(月)23:59:59まで
応募方法
(1)El Dia公式アカウント(@ElDia_PR)をフォロー
(2)公式Twitterから発信されている、対象のツイートをリツイート
上記2点とも満たしている方のみ対象となります。
プレゼント
EVE rebirth terror 出演の豪華声優陣による寄せ書き直筆サイン色紙2名様
当選発表
当選者の方のみ、Twitterのダイレクトメッセージにてお知らせいたします。
※当選のお知らせから一週間以内に当選者の方からご返信いただけない場合、当選無効とし、再抽選を行なわせていただきます。また、当選の権利は、当選者ご本人様のみ有効となります。他人への譲渡や換金はできません。
なお、当落をお問い合わせいただいてもお答えできませんのでご了承ください。
商品の発送
EVE rebirth terror 発売日(4/25)以降となります。プレゼントの発送は国内に限らせていただきます。

※キャンペーンにご参加いただくには、Twitterのアカウントが必要となります。
※参加いただく際は、必ずアカウントの投稿を「公開」にした状態でご参加ください。
※本キャンペーン開始日から景品発送までの間に、利用規約に抵触していると当社が判断した当選者につきましては、当選を無効とさせていただく場合があります。
※当選された色紙の取引行為(転売、ネットオークション等)を禁止致します。
※キャンペーンの内容は予告なく変更する場合があります。
公式Twitterはこちら
https://twitter.com/ElDia_PR?lang=ja

描き下ろし店舗特典

ソフマップ様
巖本先生描き下ろし 法条まりな/B2タペストリー&田島先生描き下ろし 法条まりな/B5下敷き

ワンダー様
巖本先生描き下ろし 氷室恭子&田島先生描き下ろし 氷室恭子B2タペストリー2種セット

トレーダー様
巖本先生描き下ろし 桂木弥生&田島先生描き下ろし 桂木弥生B2タペストリー2種セット

エビテン様
巖本先生描き下ろし 桐野杏子B3タペストリー&3Dクリスタル&田島先生描き下ろしB3タペストリー

STORY

バーストエラー事件から1年。
失踪した教師、死因不明の遺体、再び起こる謎の事件。
二人の運命は、また新たな悲劇を辿る……。

■小次郎編
氷室を新たな助手に迎えた探偵事務所は、小次郎にとっては退屈な事件ばかり。
季節がまた冬になり、疼き始めていた彼のもとに、とある少女からの真剣な依頼がやってくる。
その依頼は失踪した臨時講師の捜索というもの。
その少女、橘花が通い、講師が勤めていた学校の名前は―――「エール外国人学校」
小次郎は、探偵の勘に従い、その依頼を受ける。
一年ぶりに訪れた学校で、失踪した講師「美ノ神みなと」を捜索する内、その講師の失踪がいかに不自然であるかが見えてくる。
そして、講師の失踪と同時期に学校の周囲の公園で起きた、謎の変死体事件。
捜査の中で出会う不思議な雰囲気の少女、麻世。
小次郎に鋭い視線を送る学園の保健医、市種。
更には、過去の亡霊ともいうべき、エルディアの影がチラつき始め、事件は、いち講師の失踪だけに留まらない、危険な様相を見せ始める。
小次郎は、再び導かれた運命の中、少女の依頼と過去の忘れ物、隠された真実を見つけることができるのか―――

■まりな編
内閣情報調査室所属一級捜査官。
しかしここ一年は現場から遠ざかっていた、
そんな冬のある日、後輩の杏子から本部への出頭を伝達される。
何かを振り切るように最後の休日を謳歌しつつも、友人の探偵事務所への侵入者を捕まえたりして、ブランクを埋めながら本部へ着任するまりな。
一年前と変わらず、同じビルでまりなを迎えた本部長から与えられた任務は、不可解な死に方をした研究者の再調査。
後輩を連れての簡単な調査のはずだったが、事件を把握するにつれ、まりなは状況の不自然さに違和感を覚える。
研究者の遺体が発見された密室の謎。
クセのありそうな研究者たちの態度。
そして研究所で出会った助手の女性、ヴィーネ。
更にはその研究所があるビルでエルディアの影に遭遇する。
そして、捜査を開始すると同時に周囲に現れた人々……
弥生の元に現れた異国の少年、キア。
悲しみを抱えた旅行者の男性、リバー。
まりなは事件に引き寄せられるように現れた人々と、研究所をとりまく環境に危険な意思と運命を感じ始め、再び銃を手に“一級捜査官・法条まりな”として復帰する。
まりなは、望んだ運命を切り開くことができるのか―――