ニンテンドートウキョウのオープン前に、世界で唯一(2018年時点)の任天堂オフィシャルショップ“ニンテンドーニューヨーク”を写真80点以上でフォトリポート。

 任天堂の直営オフィシャルショップ“Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)”がオープン! そんなニュースが先日公開された(記事はこちら)。

 “Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)”は、2019年秋に東京・渋谷の“渋谷PARCO(仮称)”の開業に合わせて、その中にオープンする予定で、プレスリリース内にある説明では、“ゲーム機本体、ソフト、キャラクターグッズなどの販売に加えて、イベントの開催やゲームの体験なども計画”とのこと。

 いったいどんなお店になるのか気になるところだが、じつはヒントになる店舗がアメリカ・ニューヨークにある。それは、“Nintendo NY(ニンテンドーニューヨーク)”。これは、ニンテンドートウキョウオープン以前では、世界唯一の任天堂オフィシャルショップ。もともと、“ニンテンドーワールドストア”という名で親しまれ、2016年に名称とともにリニューアルを行っている。

アメリカ・ニューヨークにある任天堂唯一のオフィシャルショップ

店舗の外観。お店はニューヨークのタイムズスクエアの近く、ミッドタウンにある。
店内には任天堂関連の展示やグッズでいっぱい。

ショップデータ

Nintendo NY(ニンテンドーニューヨーク)
Webサイト:http://nintendonyc.com/
Twitter:https://twitter.com/NintendoNYC

 本記事では、ニンテンドーニューヨークの模様をたっぷりの写真でご紹介。ニンテンドートウキョウを楽しみにしている人は、この記事の写真を見ながらオープン日に想いを馳せてほしい。なお、記者がニンテンドーニューヨークへ訪れたのは2018年1月のこと。記事掲載時と現在とではグッズラインアップや展示などの内容が変わっていることを、あらかじめご了承いただきたい。

 ちなみに、本記事では、ニンテンドーニューヨークの特徴を“店外&店内の装飾”、“グッズラインアップ”、“展示イベント”の3つに分けて紹介している。とにかく写真の枚数が多いので、気になるところからチェックするのがオススメだ。

マリオやマスターソードなど店内外にオブジェが!

 ニンテンドーニューヨークはオフィシャルショップだけあって、いろいろなグッズが販売されているのだが、ニンテンドーニューヨークのスゴいところは、グッズだけではない。店内には、マリオやドンキーコングの巨大なスタチュー(立像)のほか、マスターソード(『ゼルダの伝説』)のオブジェなどもあり、見るだけで楽しめるようになっている。まずは、そんな店外&店内の装飾をピックアップ。

ニンテンドーニューヨークに着いて、最初に目に入るのは金色のマリオ像。
『スーパーマリオ オデッセイ』の発売から2ヵ月ちょっとのタイミングだったので、店外の展示は『オデッセイ』関連が中心。
アナログな駅の時刻表に見えるが、行き先はすべて『スーパーマリオ オデッセイ』のワールドの名称。ニクい演出。
店内の入り口の床にあるパネル。1889年は、任天堂の前身にあたる任天堂骨牌の創業者・山内房治郎氏が京都市で花札の製造を開始した年とのこと(任天堂ホームページより)。
出入り口の扉にはモンスターボール型の取っ手がある。
Nintendo Switchの試遊台。試遊台は1階だけでなく、2階にもある。
店内のエレベーターには、任天堂のキャラクターのシルエットが並ぶ。周囲には新作のトレーラーを流すモニターが。
ドンキーコングのスタチュー。E3 2013の任天堂ブースに飾ってあったものかな?(E3 2013当時の記事は下記を参照)
ドンキーコングの樽は、USBやACアダプターを挿して、スマートフォンやゲーム機を充電できるようになっている。
階段下にあるルイージとピノキオのスタチュー。ふたりに案内されるように2階へ。
2階ではポールに上ったマリオがお出迎え。記念撮影している人が多かった。
2階のエレベーターの出入り口には、『マリオカート』やピクミン、とたけけのシルエットが。
レジへの列に置かれているパネル。こんなところもマリオ。
『ポケモン』のグッズが並ぶコーナーの側にいるのは、モンスターボールに乗ったピカチュウ。
マスターソードの横には『ブレス オブ ザ ワイルド』の姫しずかの花が。