アクションアドベンチャー『Destiny』のアクティビジョンと開発元Bungieによるパブリッシング契約が終了し、シリーズはBungieの自主パブリッシング体制に移行する予定。

 アクティビジョンとBungieが、アクションシューティング『Destiny』シリーズのパブリッシング契約を解消することを発表した。

 この契約はアクティビジョンがパブリッシング側、Bungieが開発側という形で2010年にスタート。2014年に第1作『Destiny』が、2017年に続編『Destiny 2』がアクティビジョンからリリースされた。現在までに販売した両作の本編と拡張(エクスパンション)を合計すると5000万本以上になるという。

 両社の声明ではお互いに8年間のパートナーシップに感謝をしつつ、Bungieは自主パブリッシングの形でシリーズの展開を継続していき、一方アクティビジョンは自社が権利を持つプロジェクトに集中していくという方針が明かされている。

 『Destiny 2』では拡張“孤独と影”が展開中で、昨日も最新コンテンツ“ベルグシアの炉”が解禁されたばかり。運営やサポート等の移管はすでに開始しており、現行の『Destiny 2』の開発ロードマップなども継続される予定だ。

 また、PC版はアクティビジョンと同グループ傘下のBlizzard EntertainmentのBattle.netで独占的に展開されてきたが、こちらのサービスもこれまで通り継続されるという。