週刊少年ジャンプ編集部は、新マンガアプリ“マワシヨミジャンプ”を本日(2019年1月10日)に配信開始することを発表した。

 週刊少年ジャンプ編集部は、新マンガアプリ“マワシヨミジャンプ”を本日(2019年1月10日)に配信開始することを発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

アプリ内のMAPに落ちている「週刊少年ジャンプ」やコミックスを“拾って”読める! ジャンプ編集部による新マンガアプリ「マワシヨミジャンプ」配信開始!

 週刊少年ジャンプ編集部は、新マンガアプリ「マワシヨミジャンプ」を1月10日(木)に配信開始いたします。
 これは、本との一期一会を通じて、新たなお気に入りのマンガを見つけてもらいたい、という編集部の願いを込めたアプリです。電車の網棚に置かれたマンガ誌を手に取ることで、知らなかった作品を読んで好きになるような、かつてあった体験を、スマートフォンや位置情報を利用することで、現代に新たに蘇らせたいと考えました。

 「マワシヨミジャンプ」は、位置検出情報を利用した、”本”を回し読みできるサービスです。ユーザーは、現実のMAPと連動したアプリ内のMAP上で近くに表示された電子書籍を”拾って”読むことができ、それをまたアプリ内の地図の好きな場所に置いて、他の読者に読ませることができます。(※MAPから拾えるのは1回に1冊限定です。新たに拾う場合は保持している本を放出する必要があります。)

 MAP上に配布する本のラインナップは、「週刊少年ジャンプ」のバックナンバーや、『ONE PIECE』『DRAGON BALL』『青の祓魔師』他、「週刊少年ジャンプ」や「ジャンプSQ.」のコミックスなど、あわせて600冊以上です。
 “拾った“本にはそれぞれ「マワシヨミ帳」という機能が付いています。 読者は「マワシヨミ帳」にコメントを記帳することができ、次に手に獲るユーザーと感想などを共有することができます。一度”拾った”本は、色んなユーザーの手に渡る中でMAP上をどのように移動していったのか、そして「マワシヨミ帳」にどのような記帳が溜まっていったのか、その軌跡や記帳内容を確認することもできます。

 更に、「マワシヨミジャンプ」では、続きの巻や、好きな作品をすぐ読みたくなったときに使えるストア機能も実装しています。アプリ内で使用可能なコインを購入することで、好きな巻や作品の電子書籍を買って読むことができます。購入した電子書籍は、「ジャンプBOOKストア︕」や「少年ジャンプ+」と本棚連携をしているため、同じアカウントで共有することができます。

 本アプリは、「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して開催された「ジャンプアプリ開発コンテスト」の第1期入賞企画です。受賞したミライアプリ株式会社様と、週刊少年ジャンプ編集部が、共同で企画・制作いたしました。たくさんの読者の皆様に本アプリを体験いただき、 新たなマンガと出会ってもらえるサービスになることを期待しています。

■URL
iOSアプリ︓https://itunes.apple.com/jp/app/id1445386548
Androidアプリ︓https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.miraiapuri.mawashiyomi_jump
WEB︓https://www.shonenjump.com/app_mawashiyomi/ (※サービスの紹介ページ)
■MAP上に配布している本のラインナップ(一部)
*漫画雑誌
・「週刊少年ジャンプ」(バックナンバー。木曜日から前号を約3日間、期間限定で配布します)
・「ジャンプSQ.」(バックナンバー。最新号発売の5日後から、前号を約7日間、期間限定で配布します)
※号によって配布開始のタイミングや配布期間は変更になる場合もございます。

*コミックス
『ONE PIECE』
『DRAGON BALL』
僕のヒーローアカデミア
ハイキュー‼
『青の祓魔師』
地獄楽
約束のネバーランド
キャプテン翼
ジョジョの奇妙な冒険
こちら葛飾区亀有公園前派出所
HUNTER×HUNTER』 など
※各作品、MAP上で配布していのは一部の巻数のみです。

■利用可能地域
日本
※一部地域は除きます。国土地理院による電子国土基本図(地名情報)「住居表示住所」の範囲で主に利用可能です。