SIEがAudiokineticを買収、音声エンジニアリング技術の獲得によりプレイステーションのさらなる価値向上を目指す

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、本日(2019年1月9日)、Audiokineticを買収することを発表した。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、本日(2019年1月9日)、Audiokineticを買収することを発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、Audiokineticを買収

~同社の音声エンジニアリング技術の獲得により「プレイステーション」のさらなる価値向上を目指すとともに、Audiokineticはマルチプラットフォームでの事業を継続~

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)と、クロスプラットフォームの音声ソリューションプロバイダとしてゲームおよびインタラクティブメディア業界をグローバルで牽引 するAudiokinetic Inc.(以下Audiokinetic、本社:カナダ ケベック州モントリオール、日本支社: 東京)は、SIEによるAudiokineticの買収について正式契約を締結したことを発表いたします。

 本買収を通じ、SIEはAudiokineticのオーディオエンジニアリングにおける幅広い技術を活用し、「プレイステーション」のエコシステムのさらなる価値向上を目指してまいります。

 同時に、 Audiokineticは引き続き独立して事業を展開し、既存市場および成長市場におけるデベロッパーに向けて、同社のマルチプラットフォーム音声ツールやミドルウェアのライセンスを継続してまいります。

 買収は2019年1月31日(木)までに完了予定です。

 モントリオールを拠点とするAudiokineticは、社長兼CEOのマーティン・H・クラインと、音楽、映画、ゲーム業界の精鋭チームによって2000年に設立されました。

 同社の主力製品であり、 数々の受賞歴を持つ『Wwise』は、包括的なオーディオミドルウェアソリューションとして、インタラクティブオーディオコンテンツの制作および管理のために最適化されたランタイムサウンドエンジンとオーディオオーサリングアプリケーションを備えています。

 インディーからAAAスタジオまで、あらゆるデベロッパーに選ばれるインタラクティブオーディオソリューションとして、コンソール、モバイル、PC、AR / VRなどの様々なプラットフォームや、ロケーション ベースエンタテインメントの領域において、毎年500を超えるタイトルが『Wwise』を採用しています。

 「ゲーム体験に於いて、プレイヤーが得る臨場感や感情をさらに深めるための高品質かつ包まれるようなオーディオ体験は、日々その重要性を増しています。ゲーム業界屈指のオーディオミドルウェアツールのプロバイダであるAudiokineticを迎え入れることで、同社の独立性やミドルウェアの中立性を維持しながらオーディオ技術をさらに進化させ、プレイステーションのみならず、ゲーム業界に貢献できるものと確信しています。」 (SIE社長兼CEO 小寺剛)

 「SIEファミリーに加わることは、我々Audiokineticだけではなく、私達のオーディオツールやミドルウェアを活用するパートナーの皆さまにとっても素晴らしいことだと考えています。私たちは自主性を保ちながら、自社のオーディオソリューションをソフトウェアメーカーやプラットフォームホルダーに向けて提供し続けます。そして、より大きなリソースを活用することによって今後も継続して新しいことに挑みながら、市場を拡大し、技術を強化してまいります。何よりプラットフォームのレベルでSIEに貢献する機会をいただけることを嬉しく思います。」 (Audiokinetic 社長 兼 CEO マーティン・H・クライン)

 本買収に際しては、関係当局の必要な承認等が得られ次第、AudiokineticはSIEの完全子会社とな ります。