プレイステーション4、Xbox One、Steam用ソフト『バイオハザード RE:2』の体験版“1-Shot Demo”の配信が、海外で発表された。

 2019年1月25日にプレイステーション4、Xbox One、Steam用ソフトとして発売される、カプコンの『バイオハザード RE:2』。本作の体験版“1-Shot Demo”の配信が、海外で発表された。

[2019年1月9日午前11時追記]
 カプコンから『バイオハザード RE:2 1-Shot Demo』の国内配信が正式に発表された。配信予定日は1月11日(PC版は1月12日)。同体験版の配信に合わせて、スペシャルSNSキャンペーンが開催されることも明らかにしている。詳細は本記事の最後に追記しているのでご確認を。

 『バイオハザード RE:2』は、人気シリーズ『バイオハザード』の続編『バイオハザード2』をフルリメイクした作品。レオンとクレアのふたりの主人公が、ゾンビが徘徊するラクーンシティからの脱出を目指す。1998年発売のオリジナル版からゲームシステムやグラフィックなどをすべて一新。新作と言える内容になっている。

 今回、海外で発表された体験版の名称は“1-Shot Demo”。30分という限られた時間の中で、レオンを操作してラクーン警察署の探索などのプレイができるという。ゾンビをかいくぐり、見事に30分以内にエンディングに到達した場合は、ここだけの新たなトレイラーが観られるようだ。

 なお、配信期間は“2019年1月11〜31日”(海外での時間)。日本での情報は公開されていないが、昨日発表された同じくカプコンの『デビル メイ クライ 5』の体験版はワールドワイドで展開だったため、『バイオハザード RE:2』でもワールドワイドの体験版配信を期待したい。

[参考記事]

[2019年1月9日午前11時追記]

スペシャルSNSキャンペーン開催決定

 体験版“1-Shot Demo”の配信開始と合わせてスペシャルSNSキャンペーンの開催が決定。挑戦した“証”を投稿する体験コースと、手軽に参加できるリツィートコース、ふたつのコースが行われる。“1-Shot Demo”をプレイした実感や、発売が迫る本編への期待感を呟くことで、レアな非売品アイテムが抽選でゲットできる。

開催期間:2019年1月11日(金)~1月31日(木) 13:00まで

[1]体験コース
・1-Shot Demoをダウンロードしてプレイ。プレイする機種は問わない
・プレイ後、最後に出てくるリザルト画面を撮影、コメントとハッシュタグを添えてSNSでTweet
・Tweetした方の中から抽選で豪華グッズがプレゼントされる
キャンペーン参加ハッシュタグ:#バイオ2 #re2 #1shot

[2]リツイートコース
・1月11日発信される告知ツイートをリツイート
・これで応募は完了。リツィートされた方の中から抽選で、非売品グッズセットがプレゼントされる
※いずれのコースも『バイオハザード』シリーズ公式アカウント“BIO_OFFICIAL”をフォローすることが参加条件となる。

■各コースの賞品はコチラ

[1]体験コース
特賞:等身大“レオン・S・ケネディ”胸像 x 1名様
 このキャンペーンのために制作される超レアな1点物。※お届けは、3月上旬以降を予定
Lightning Hawk(ライトニングホーク).50AE 10inマグナポートカスタム(東京マルイ) x 2名様
 劇中に登場するライトニングホークを開発スタッフ徹底監修のもと、忠実に再現。※発売後のお届け予定
バイオハザードRE:2 Made in Heaven Zippo(フィリア) x 2名様
 本作の主人公、クレアのジャケットデザイン“Made in Heaven”をそのままZippoに刻印
BIOHAZARD RE:2 スカジャン(有限会社リペア―) x 1名様(Lサイズ)
 R.P.D.とMade in heavenの2種デザインをあしらったリバーシブルのスカジャン
BIOHAZARD RE:2“R.P.D”iPhoneX/XS用ケース(テラ) x 2名様
 『RE:2』が“GILDdesign”とコラボレーション、ラクーン警察署“R.P.D.”ロゴを取り入れたデザイン

[2]リツイートコース
オリジナルグッズセット x 10名様
・『バイオハザードRE:2』オリジナルパーカー※サイズは選べません
・『バイオハザードRE:2』スペシャルステッカー(A4サイズ)
・CLUB96 オリジナルモバイルバッテリー