ユービーアイソフトより2019年3月15日発売予定のPS4/XB One/ PC向けソフト、『ディビジョン2』。正統続編として進化を果たすオープンワールドRPGのシリーズ最新作は、やっぱりスゴい……ということで、あらためてその魅力を解説する!

危機に立ち向かうディビジョン――エージェントは自由の最終防衛線

 有事の際には独立した行動が許可された組織“ディビジョン”。ふだんは一般市民として暮らしながらも、卓越した能力を持つ精鋭である“エージェント”であるプレイヤーは、バイオテロによるウィルスのパンデミックで崩壊しつつあるアメリカで、市民ひいては秩序を守る最後の砦として、武器を手に立ち上がる。

 マルチプレイに特化したオンラインRPGとして『ディビジョン』は2016年3月に発売され、荒廃した冬のニューヨークを再現したオープンワールドのリアルさ、多様な育成要素を持つカスタマイズの深さ、協力プレイで多彩なミッションに挑むおもしろさ、PvPとPvEを一体化したゲーム性が刺激的な“ダークゾーン”など、ユニークな取り組みが人気を博し、全世界でスマッシュヒットを記録した

 それから3年、ついに正統続編となる『ディビジョン2』が2019年3月15日、ユービーアイソフトより全世界同時発売される。今回の舞台は、アメリカ合衆国の首都・ワシントンD.C.。ウイルスの脅威を止めることはできず、最初の感染から27日後にワシントンは崩壊する。そんな状況でも生き延びた人々は、かつての光を取り戻すべく抗っていた。

 ウイルスのアウトブレイクから6ヵ月。夏の訪れとともに街で不穏な影が動き始め、新たな内戦が始まろうとしていた。それを止めるため、ディビジョンのエージェントであるプレイヤーは崩壊した首都に立つ……。これが本作のストーリーラインだ。

 前作のニューヨークに比べて20%ほど広くなったワシントンD.C.のマップは、大きく分けて6つの地区(ディストリクト)で構成されており、ランドマークや自然など、それぞれ特色のある街並みが広がっている。

 本作のワシントンD.C.は現実の広大な首都を1:1スケールで再現しており、地理情報システムなどのデータを使用することで、いままでのゲームでは成し得なかったリアリティーを本作にもたらした。環境音ひとつとっても実際に録音するなど、そのこだわりは全編に貫かれている。

 ワシントンD.C.を象徴するリンカーメモリアルやホワイトハウス、ルーズベルトアイランドなどの建造物もリアルに再現されている。富裕層が暮らすジョージタウンはウイルスからいち早く逃げられたため、クリスマスの雰囲気がそのまま残されているなど、その背景にあるストーリーを読み取れるよう、細かい設定が施されていることで、プレイヤーの没入感はより高まるようになっているのだ。

好きなプレイスタイルを突き詰められるカスタマイズ要素

 プレイヤーはエージェントとして仲間と連携し、過酷な状況を生き抜くことになるのだが、なんといっても重要なのは、戦闘。いかなる戦略で戦況に対処するか、前作からの改善点も含めて、さまざまなポイントが刷新されており、より綿密なコミュニケーションを楽しみながら戦うおもしろさが実現している。

 個性的な戦術を可能とする要素に“スペシャリゼーション”というシステムがある。レベルが30に到達したプレイヤーキャラクターは、固有の能力を持つスペシャリゼーションを選択できるようになり、それぞれのスキルとシグネチャーウェポンを解除することで、プレイヤーはより自分のスタイルに合った戦略を立てられる。

<スペシャリゼーション>

サバイバリスト:トラップやステータス効果を発揮することで周囲の状況を制御できる。シグネチャーウェポンであるクロスボウは、その精度の高さでターゲットを確実に仕留められるだろう。

デモリショニスト:その名の通り、戦場に混沌をもたらすスペシャリゼーション。シグネチャーウェポンのグレネードランチャーは、その高い破壊力と攻撃範囲の広さを活かして敵を排除できる。

シャープシューター:強力かつ射程距離の長いスナイパーライフルをシグネチャーウェポンとする、スペシャリゼーション。遠距離から対物ライフルなどで敵に強烈なダメージを与えられる。

 武器のカテゴリーはアサルトライフル、マークスマンライフル、サブマシンガン、ライトマシンガン、ショットガン、ピストル、そして新たに加わったライフルの7種類で構成されている。射程や弾数はもちろん、精度や安定性、射撃速度にリロード速度など、武器ごとに性能は変わり、さらにスペシャリゼーションが持つ個性と組み合わせることで、より幅広い戦略が選択できるようになった。

 戦場において、現状を打破する一撃となり得るグレネード。本作では、サバイバリストならフラググレネード、デモリショニストなら焼夷グレネード、シャープシューターならフラッシュバングレネードと、スペシャリゼーションごとに使用できるグレネードが変わる。つまり、仲間のスペシャリゼーションによって、まったく異なる戦略を構築できるというわけだ。レベル30に到達するまではコンカッショングレネードのみで対応する必要はあるが、投擲武器の使用感を練習しておくには最適。ちなみに、コンカッショングレネードはレベル30到達後も使える。

 また、武器強化に必要な武器MODがアンロック方式に変更され、プレイヤーは自分に合った武器カスタマイズを気軽に試せるようになる。一度開放した武器MODは複数の武器にも対応させられるが、マガジンを増やすとリロードが遅くなる、クリティカルダメージを増やせば精度が低下するといったメリットとデメリットの両方が発生するので、慎重なカスタマイズを心掛ける必要があるだろう。

 エージェントが戦闘中に効果を発揮できるスキルもユニークで、本作には下記のようなスキルが登場する。新たに加わったスキルも含めて、プレイヤーは索敵や回復、攻撃補助などの効果を持つスキル、プライマリーにサブウェポン、固有のシグネチャーウェポン、グレネード、すべてのツール、そして自分のアビリティを考慮に入れて、生き残る可能性を模索していくことになる。

<スキル(一部)>
アサルトドローン:遠隔制御が可能な無人ドローン。敵の不意をついた攻撃が可能。

ケミランチャー:さまざまな化学物質を発射し、着弾時に拡散させる。爆発性のガスや腐食性の酸、修理ナノボットなど、弾の種類は多岐にわたる。

ハイヴ:防御向けのツールだが、攻撃向けの“ワスプハイヴ”は小型ドローンを複数展開し、効果範囲内のターゲットに壊滅的な効果をもたらす。

シーカー(追尾)マイン:もっとも近くにいる敵を追尾し、接近すると爆発する。

 すべてのアクティビティを、ソロでも最大4人による協力プレイでも楽しめる本作では、“ダークゾーン”はもちろん健在。そして、さらなるエンドゲームコンテンツとして、最大8人でプレイできる“レイド”が実装される。レイドのマップは専用マップとなり、よりハードな戦闘が体験できるようデザインされており、その難度もなかなかのもの。ただし、その報酬はプレイヤーの努力に見合う内容となるようだ。

多彩なゲームシステムが没入感を増幅していく!

 オープンワールドRPGでもっとも大事な要素となるのは、プレイヤーがいかに没入できるかということ。前作を上回るリアリティーで緻密に表現された新たなる戦いの舞台は、あらゆる面でプレイヤーの没入感をアップさせることに成功している。

 オープンワールドで構成されたワシントンD.C.には、“トゥルーサンズ”といったまったく新しい敵勢力が登場(逆に、前作の勢力は登場しない)。それに対抗するのはエージェントだけではなく、エージェントに味方してくれる勢力も存在する。彼らを助け続けることで、結果的に生活がよくなれば、装備も向上して支援力もアップするなど、戦闘を彩るシステムも多彩だ。

 スペシャリゼーションの登場や、カスタマイズ要素の細分化で、協力プレイはより役割分担が重要になる。たとえば重装備のアーマーを着た敵には、精密な射撃で弱点を狙ってアーマーを剥がし、強火力で至近距離から畳み掛けるといった戦術的なチームプレイで挑まないと対抗できない状況も。プレイヤーどうしの連携はより重要な武器のひとつと言えるだろう。 

 また、ユーザーインターフェースが整理されたことで、同時多発的にいろいろな事象が起こる本作では、全体的に情報へアクセスしやすくなっている。とくにマップは視認性もアップし、自分の目的地や新たなミッションの発生場所などがわかりやすく、プレイヤーどうしによるブリーフィングに適した形となっている。

拡大する『ディビジョン2』の世界、そしてイベント開催も!

 ここまではゲームそのものの魅力を紹介してきたが、ここからは『ディビジョン2』をより深く楽しめるようになる情報をお届けしたい。

 まずは公式ノベル。前作と本作をつなぐ物語が書籍となって発売されることが決定した。著者は『トランスフォーマー』や『パシフィック・リム』の公式ノベライズなどを執筆し、数々の賞を受賞した小説家のアレックス・アーヴィン氏。ニューヨークの冬とワシントンD.Cの夏のあいだ、つまり『ディビジョン2』の前日譚が描かれるとのことで、タイトルは『ディビジョン ブロークン・ドーン(仮題)』。竹書房より2019年3月中旬発売予定となる。ゲームのノベライズやコミカライズは、ユービーアイソフトが力を入れて展開している施策のひとつだが、和訳されることは少ないので、これはファンにとってうれしいニュース。

 2019年の“早い時期”に実施される予定となっているプライベートベータだが、年明けには情報が出ることに期待したい。確実に参加したいのなら、ソフトを事前予約しておいたほうがスムーズだろう。詳細はユービーアイソフトのサポートページの記事がわかりやすい。

 予約するなら、さまざまな特典が付いた各バージョンが発売されるので、それぞれの内容を確認して、好みのエディションを予約しておこう。その詳細はこちらをチェックしてほしい。

PS4パッケージ版の数量限定初回特典に含まれる、“トミーベア”の1/1レプリカぬいぐるみを入手。手のひらサイズで超あいくるしいったらない。

 そして、本作の世界観を丸ごと楽しめるコンテンツが満載のスペシャルイベント“D2DAY”が発売に先駆けて2019年2月10日、東京・ベルサール渋谷ファーストで開催されることも決定している。詳細はこれからどんどん発表されるということなので、続報に注目しておこう!