『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3』Switch独占ソフトで2019年に発売、開発はコーエーテクモゲームスのTeam NINJAが担当

本日(現地時間2018年12月6日)、アメリカで開催されたゲームイベント“The Game Awards 2018”で、Marvelシリーズキャラクターが多数出演するシリーズ最新作『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』が、Nintendo Switch専用ソフトとして2019年に発売されることが発表された。

 本日(現地時間2018年12月6日)、アメリカで開催されたゲームイベント“The Game Awards 2018”で、マーベルシリーズキャラクターが多数出演するシリーズ最新作『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』が、Nintendo Switch独占タイトルとして2019年に発売されることが発表された。国内での発売元は任天堂。なお、本作の開発はコーエーテクモゲームスのTeam NINJAが担当しているとのことだ。

 本作では、卑劣な宇宙の狂気であるサノスとその無慈悲な手下であるブラック・オーダーに対し、プレイヤーひとりでチームを組んで挑むのもよし、ほかのプレイヤーと協力して挑むのもよし。本体を持ち寄ってのローカル通信で、別売のJoy-Conを用意して本体1台で、あるいはオンラインで。それぞれ4人まで協力することができる。



(C)2018 MARVEL
(C)2018 KOEI TECMO GAMES CO., LTD.