復帰発表の植松伸夫氏、2019年1月5日開催の“植松伸夫×東京交響楽団 ニューイヤースペシャル THE UEMATSU WORKS ~ノビヨ、カンレキ!~”に出演決定!

昨日2018年12月3日に復帰を発表した植松伸夫氏が、2019年1月5日に開催される東京交響楽団の主催公演“植松伸夫×東京交響楽団 ニューイヤースペシャル THE UEMATSU WORKS ~ノビヨ、カンレキ!~”に出演することが明らかになった。

 昨日(2018年12月3日)、体調不良のため活動休止を発表していた、『ファイナルファンタジー』シリーズなどのゲーム音楽で知られる作曲家・植松伸夫氏が自身のブログを更新。来年より国内でのコンサート関係から仕事に復帰していくことを報告したが、その復帰となる公演が、2019年1月5日に開催される、東京交響楽団の主催公演であることが明らかとなった。

※休養発表時の記事はこちら。

作曲家・植松伸夫氏が活動休止の報告。体調回復後に新たな創作活動へ

2018年9月20日、『ファイナルファンタジー』シリーズなど、数々のゲーム音楽を手掛けている作曲家・植松伸夫氏が、自身のブログで年内の活動休止を報告した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

植松伸夫氏復帰を発表。復帰第1回目は、

植松伸夫×東京交響楽団 ニューイヤースペシャル THE UEMATSU WORKS ~ノビヨ、カンレキ!~ に決定

 年内休養を表明し、復帰が待ち望まれていた作曲家、植松伸夫氏は、12月3日に年明けの公演から参加していくことを自身のブログで発表。復帰第1回目が公益財団法人東京交響楽団(理事⻑:澤田秀雄、本部:東京都新宿区、川崎オフィス:神奈川県川崎市、以下当楽団)の主催公演となることが決定した。

 この公演は、これまでに全世界で1億本以上を売り上げたロールプレイングゲームの金字塔 「ファイナル・ファンタジー」シリーズをはじめ、数多くのゲーム音楽を手掛ける植松伸夫氏(愛称:ノビヨ)が、2019年に還暦(カンレキ)を迎えるにあたり、自身のいままでの作品と、そのルーツともいえるクラシック音楽を、自身のセレクションで披露するコンサートとして企画され、この度の復帰発表とともに当日のプログラムも発表された。
 
 自身を代表する「ファイナル・ファンタジー」の楽曲の他、こちらも日本を代表するゲームクリエーター坂口博信氏の率いるミストウォーカーでの作品、アニメ、オンラインゲームの作品などその幅広い活動を網羅した選曲となっている。もちろん、当日はスペシャル・ゲストとして植松伸夫氏本人も登場する。

公演詳細

公演名:
植松伸夫×東京交響楽団 ニューイヤースペシャル 
THE UEMATSU WORKS ~ノビヨ、カンレキ!~
日時:2019年1月5日 14時開演
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
出演
指揮:竹本泰蔵(たけもと たいぞう)
スペシャル・ゲスト:植松伸夫
オーケストラ:東京交響楽団

プログラム
ミストウォーカーの作品より
 「ブルードラゴン」 メインテーマ
 「ロストオデッセイ」 メインテーマ
 「ラストストーリー」 メインテーマ

ファイナル・ファンタジー シリーズより
 「ファイナル・ファンタジーVII」 メインテーマ
 「ファイナル・ファンタジーVI」 ティナのテーマ
 「ファイナル・ファンタジーIV」 ゴルベーザ四天王
 「ファイナル・ファンタジーVII」 エアリスのテーマ

ノビヨのお気に入り
 「グランドブルーファンタジー」 メインテーマ
 「オーシャンホーン」 メインテーマ
 「グイン・サーガ」 グランドオープニング

ノビヨの聴いてきたクラシックより
 ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏
 チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より「花のワルツ」
 ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

チケット料金:S席 5,000円、A席 4,000円(全席指定・未就学児入場不可)

お問合せ・チケットお申し込み
チケットお申込み・お問い合わせ
TOKYO SYMPHONYチケットセンター 044-520-1511 平日10:00~18:00(土日祝休み)
TOKYO SYMPHONYオンラインチケット
(http://tokyosymphony.jp

プレイガイド
チケットぴあ0570-02-9999 http://pia.jp/t/tso/[Pコード127-176]

e+(イープラス)http://eplus.jp/tokyoso/
ローソンチケット 0570-000-407 http://l-tike.com/tso/ [Lコード35259]