『キャサリン・フルボディ』第3のキャサリン──“リン”の存在は、主人公の友人たちにも影響を及ぼす…!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年12月20・27日合併号(2018年12月6日発売)では、『キャサリン・フルボディ』の最新情報をお届け。

 さえない32歳独身の主人公ヴィンセントが、恋人がいるのに浮気をしたことで悪夢のような日々に見舞われる、異色のアクションパズル・アドベンチャー『キャサリン』。会話やメールの返信内容で選択を重ねていくと、恋人とともに堅実な未来を歩むか、浮気相手とともに奔放な人生を歩むかといった、物語の多様な分岐が味わえる。そして、前作では登場しなかった第3の存在──“リン”が加わり、まったく新しい可能性も目の当たりにできるのが今回の『キャサリン・フルボディ』(PS4、PS Vitaで2019年2月14日発売予定)だ。週刊ファミ通2018年12月20・27日合併号(2018年12月6日発売)では、“悪夢”やヴィンセントの友人たちに注目する。

 以下では、誌面に載せていないスクリーンショットなどをいくつかお見せしよう。

ゲーム中に選択を重ねることで、恋人、浮気相手、または第3の存在とともに歩むルートへと物語が分岐していく。その傾向を示すメーターにも、本作ならではの変化が……!

行きつけのバーなどで、ヴィンセントの話し相手になる友人たち。本作では、リンの登場によってエンディングの種類も増えているが、どうやらリンの存在は、友人たちの未来にも何らかの影響を及ぼすことになるようだ。

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle



(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
※画面は開発中のものです。