サンライズのオリジナルアニメーション作品『カウボーイビバップ』が、米国実写TVシリーズとして、Netflixにより全世界(一部地域を除く)に向けて配信されることが発表された。本作品は、NetflixとTomorrow Studiosとの共同製作。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

サンライズオリジナルアニメーション作品実写化続報 「カウボーイビバップ」 Netflix が米国実写TVシリーズ化!

 株式会社サンライズ(バンダイナムコグループ、本社:東京都杉並区、代表取締役社長:宮河恭夫)のオリジナルアニメーション作品「カウボーイビバップ」が、米国実写TVシリーズとなって、Netflix(米国動画配信サービス会社)により全世界(一部地域を除く)に向けて配信されることとなりました。本作品は、NetflixとTomorrow Studios(米国TV製作会社)との共同製作です。

「カウボーイビバップ」とは

「カウボーイビバップ」は、未来の太陽系で賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を飛び回る通称“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎを生業とする主人公と、彼の個性的な宇宙船の乗組員が、多額の損害賠償を抱えながらも、太陽系で遭遇する危機的状況を乗り越えながら世界を救うさまを描くスペース・ウエスタンを題材としたサンライズのオリジナルアニメーション作品です。1998年に日本でテレビ放映し、2001年には劇場版が公開されました。その人気は世界中に広がり、特に欧米ではテレビ放映、配信、パッケージ販売などさまざまな形で今もなおたくさんの方にお楽しみいただいています。また1998年第3回アニメーション神戸で作品賞(テレビ部門)、2000年日本SF大会で星雲賞(メディア部門)を受賞するなど、評価も非常に高い作品です。

「カウボーイビバップ」実写TVシリーズ詳細

・エピソード数
10話
・制作会社
Tomorrow Studios
・エグゼクティブプロデューサー
Marty Adelstein、Becky Clements(Tomorrow Studios)
Josh Applebaum、Andre Nemec、Jeff Pinkner、Scott Rosenberg(Midnight Radio:米国製作会社)
宮河恭夫、佐々木新、尾崎雅之(株式会社サンライズ)
Tetsu Fujimura, Matthew Weinberg
・脚本家/エグゼクティブプロデューサー
Chris Yost(「マイティ・ソー」シリーズ他)
・コンサルタント
渡辺信一郎(TVアニメーション作品「カウボーイビバップ」監督)