『LoveR』ほか期待作の最新情報や人気声優、仮面女子も登場! “角川ゲームスファン大感謝祭 2018”リポート

2018年11月24日、“角川ゲームスファン大感謝祭 2018”が開催された。その模様をお届けしよう。

多彩なゲストとゲーム最新情報で大盛り上がりに

 2018年11月24日、東京都内・銀座のCLUB DIANAにて“角川ゲームスファン大感謝祭 2018”が開催された。これは角川ゲームスの創立10周年を記念し、その感謝を伝えるファンイベント。多彩なゲスト、そして最新情報公開などで大いに盛り上がった、イベントの模様をお届けしよう。

会場は広いイベントホール。ネオンボールがステージを盛り上げる。

物販ブースも設置され、イベント限定の割引セールなども行われていた。

 司会進行を務めたのは、角川ゲームス代表取締役社長の安田善巳氏と、声優の能登有沙さん。オープニングではまず、ふたりのあいさつに続き、“角川ゲームス10年史”というテーマで、過去のリリース作品や会社概要などがスクリーンで紹介された。

社長ながらMCを担当した安田氏(左)と、声優の能登さん(右)。

会社の経歴がスクリーンで紹介された。

 ここで本日ひとり目のゲストとして、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレジデント、盛田厚氏が登壇。角川ゲームス10周年を祝い、「いろいろなチャレンジをされている中、PS VitaやPS4でもゲームを発売してくれるということで、楽しみにしています。非常に重要なパートナーですし、ずっと期待していきます」とコメントを語った。
 ここで安田氏、盛田氏、能登さんの、来場者向けのフォトセッションタイムに。同イベントは、取材メディア以外は原則的に撮影禁止だったが、各コーナーごとにこうした撮影タイムが設けられ、多くのファンがスマホを向けていた。

お祝いのあいさつを述べた盛田氏。

来場者に向けての撮影サービスもあり。

 オープニングを受けてのつぎのコーナーは、アイドルグループ・仮面女子によるスペシャルライブ。選抜された6人のメンバーが、『大冒険☆』、『元気種☆』、『仮面大陸~ペルソニア~』の3曲を披露した。

ライブでしっかり場を盛り上げてくれた仮面女子。

貴重なグッズがゲットできるじゃんけん大会も好評だった。

 なおライブ後は、プレゼントがゲットできるジャンケン大会が行われた。このジャンケン大会も、撮影タイムと同様に、各コーナーの終わりにそれぞれ実施。ゲームグッズのほか、登壇ゲストとのツーショット撮影権などもプレゼントされるなどで、大いに盛り上がっていた。

『STARLY GIRLS』の新展開も進行中!

 続いては、各ゲームタイトルごとにゲストが登壇し、最新情報が紹介されるコーナーに。最初のタイトルは、『STARLY GIRLS』で、コスプレイヤーの宮本彩希さんと声優・歌手の佐々木李子さん、声優の青山吉能さんがステージに表れた。

 公開された情報は、まずパラレルワールド的な作品の『PROJECT STELLA』(仮称)で、開発中の画面をスクリーンで2点紹介。さらにもうひとつのプロジェクトとして、オリジナル新作『プロジェクト・エウロパ』も発表された。これは『STARLY GIRLS』のゲームデザインを進化させた本格シミュレーションRPGで、木星第二衛星エウロパから届いた謎の救難信号から始まる、星の謎を解き明かす新たな戦いが描かれる。

 『プロジェクト・エウロパ』については、以下の記事もチェックしてほしい。

『STARLY GIRLS』のゲームデザインを進化させた本格シミュレーションRPG『プロジェクト・エウロパ』始動!

角川ゲームスは、新プロジェクトとしてシミュレーションRPG『プロジェクト・エウロパ』を発表した。

ベガのコスプレで登場した宮本さん。

声優陣では、佐々木さん(左)と青山さん(右)が登壇。

『PROJECT STELLA』(仮称)はコンシューマー向けの予定だという。

注目の最新作『プロジェクト・エウロパ』。

ゲーム情報紹介後、佐々木李子さんが『STARLY GIRLS』のテーマ曲を熱唱。

『√Letter』はハリウッド映画化決定!

 タイトルステージ第2弾は、『√Letter Last Answer』。ゲストは山本あこさん、月野もあさん、佐々木李子さん、そしてゲームのプロデューサーである斎藤昌之氏の4名だ。山本さんや月野さんはゲームに出演、そして佐々木さんはテーマ曲を歌っている。このコーナーではその曲を披露する一幕もあった。
 同作について斎藤プロデューサーは、「今回はキャストをすべて実写化したドラマモードが特徴です。前作の再現度にはこだわりました」と魅力をアピール。山本さんは「ゲームってイラストのイメージがあるじゃないですか。それがまさか実写で出られるとは思っていなくて、ビックリしました」と、また月野さんは「学生と大人、両方を演じさせてもらうということで、表情の違いはがんばりました」と、演じてみての感想を語った。

 またここでは作品内容とともに、キャンペーンも紹介された。PS4版、Switch版ともに、ダウンロード版の早期予約購入なら4480円(税込)で購入が可能となる。

実写キャストとして出演する山本さん(左)と月野さん(右)。

佐々木さんのテーマ曲披露のバックで、実写キャストの映像が流された。

早期購入の割引サービスは、12月19日まで。

 なお前作の『√Letter』は、中国で内容をアレンジしたテレビドラマ化も進んでいるとのこと。ここでは中国の制作会社よりビデオレターが流されるシーンもあった。
 加えて初公開された情報は、ハリウッドでの映画化が決定したというビッグニュース。ステージには制作会社の代表であるアンマリー氏、東京側のオフィスの鈴木萌子氏、プロモーション戦略担当のキャット氏が登場。「映画化の実現に進められることを、すごくうれしく思っています」(アンマリー氏)など、それぞれが映画化に向けての意気込みを語った。

中国の担当者より届いたビデオレター。

テレビドラマに続き、ハリウッドでの映画化も決定。

『GOD WARS』続編はさらにパワーアップ!

 この日最後のステージは『GOD WARS』。スペシャルゲストはコスプレイヤーの、宮本彩希さんとユリコ・タイガーさん。加えて声優の園崎未恵さん、原由実さん、そして再度月野もあさんも登壇した。

人気キャラに扮したタイガーさん(左)と宮本さん(右)。

新たに園崎さん(左)と原さん(右)のおふたりがゲストとして登場。

 このコーナーではここまでのステージとは趣向を変え、まずはアトラクション的なお楽しみのあとに、作品情報を紹介する流れに。ということで最初に、登壇した声優3名によるライブ朗読が披露された。内容は、園崎さん(アマテラス)、原さん(アオメ)、月野さん(ツキノ)の掛け合いによる、ゲーム内容をテーマとしたユニークな朗読劇。声優陣のライブな収録風景が目の前で披露され、終了後には会場から大きな拍手が送られていた。

オリジナルの台本で、コミカルなやり取りが展開された。

 そして注目の最新情報は、『GOD WARS 2』に関して。次回作のテーマとしては、グラフィックの強化、シナリオの充実、職業・スキルのクオリティーアップを目指すとのこと。併せてこのほど、初心者向けの『GOD WARS 日本神話大戦』ソフト割引キャンペーンと、新規アイテム配信も実施されるという。
 詳細は以下の記事を参照してほしい。

『ゴッドウォーズ 日本神話大戦』DL版が32%オフで買えるセールを実施 ”神装備”アイテムも無料DL可能に

『ゴッドウォーズ 日本神話大戦』を遊ぶなら、いま!

3つのポイントを絞って強化していく予定だという。

 盛りだくさんだったイベントもここで終了。最後は、『LoveR』の最新PVが流されてフィナーレとなった。同作は『キミキス』等で知られる杉山イチロウ氏率いる開発チームの最新作。トレードマーク的なキャラ、マジカルユミナがゲームを紹介して、イベントを締めくくった。

エンディングでは、マジカルユミナが『LoveR』の魅力を紹介。