“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”は5月18、19日に東京ビッグサイトで開催。12球団をイメージしたキービジュアルも公開!

NPB×『スプラトゥーン2』。異色の組み合わせで行われる大会の詳細が発表!

 一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、プロ野球12球団が参加する“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”の開催日と会場、そして、12球団それぞれのイメージを表したブキを持つ、『スプラトゥーン2』のキャラクターを起用したキービジュアルも本日公開された。

“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”キービジュアル

 キービジュアルは、カープがデュアルスイーパーカスタム、ホークスがプライムシューターコラボなど、各球団のイメージカラーに近いブキが採用されているものもある。

 気になる開催日は、2019年5月18日(土)と19日(日)。場所は、東京ビッグサイトTFTホールで観戦無料とのこと。

 “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”は、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』を使用した、プロ野球12球団対抗のeスポーツ大会。各球団の代表12チームは、NPBが後援する“第4回スプラトゥーン甲子園”の出場チームのうち、参加を希望するチームの中から、NPBおよび各球団により選考を行うという。

 第4回スプラトゥーン甲子園には、各球団のスカウトやマスコットキャラクターが視察に訪れており、出場する選手の中には、ユニフォームを着たりと、球団へのアピールをしている者もいる。

 NPBが『スプラトゥーン2』の大会を開催する意図などは、以前に本誌でインタビューを行っているので、下の記事も合わせてご覧いただきたい。

『スプラトゥーン2』×NPBという異色の組み合わせは、イカにして実現したのか? NPBのキーマンにインタビュー

“野球の普及新興・スポーツ文化の発展”を目的として、日本野球機構(NPB)が展開しているesportsへの取り組み。これらのesports事業への参入の意図を担当者にうかがった。

 なお、詳細は大会公式Webサイト(https://splatoon2.npb-esports.jp/)、Twitterアカウント(@NPB_esports_spl)で順次発表していくとのこと。いったいどんな選手が選ばれ、どんな試合をくり広げるのか。スプラトゥーン甲子園とは異なる、さらにイカした戦いに期待!