E3 2019出展見送りのSIEへ追加取材。TGSなど今後のイベントへの影響も聞く

SIEはE3 2019へ出展しないという。この件について日本のSIEのPR担当者に取材を行った。

 既報(下記の記事を参照)の通り、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2019年6月11〜13日に開催されるE3 2019には出展しないという。

ソニーが2019年のE3に出展しないことが判明。コミュニティーにリーチする新たな施策を準備中と海外誌に答える

プレイステーションプラットフォームを展開するソニー・インタラクティブエンタテインメントが、来年のE3に出展しないことが判明。

写真はE3 2018の会場、コンベンションホールのもの。

 Game Informer誌にコメントを出しているのは、海外のソニー・インタラクティブエンタテインメントだが、ファミ通.comでは、改めて日本の担当者へ取材を行ったところ、E3 2019へ出展しないのは事実だという。

 また、それに合わせて東京ゲームショウなど、今後の国内のイベントへの影響についてもコメントを求めたところ、“現時点でご案内できることはございません”とのことだった。

 改めて、“E3 2019への出展見送り”についての、SIEからのコメントは下記の通り。

ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は、絶えず進化を続けるゲーム業界において、「プレイステーション」とコミュニティとのエンゲージメントをより強固にするべく、独創性あふれるコミュニケーションの機会を常に模索し続けています。

SIEにとって、ファンの皆様あっての「プレイステーション」であり、その皆様に喜んでいただけるよう、常に創意工夫を行い、異なる様々な視点から考え、新しい手法を探求していくなか、ひとつの結論として、2019年のE3出展を見送ることを決定いたしました。

2019年は、斬新かつファンの皆様にとって身近な方法で、さらにコミュニティのエンゲージメントを高めていけるよう、取り組んでまいります。