2018年11月14日、エヌシージャパンはPC用オンラインRPG『The Tower of AION』において、12月12日の定期メンテナンス終了後に最新アップデート“凍てついた聖物”を実施すると発表した。

 2018年11月14日、エヌシージャパンはPC用オンラインRPG『The Tower of AION(タワー オブ アイオン)』において、12月12日の定期メンテナンス終了後に最新アップデート“凍てついた聖物”を実施すると発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

≪アップデート情報≫

アップデート名:「凍てついた聖物」
実装日時   :2018年12月12日(水)定期メンテナンス終了後
サイト    :https://event2.ncsoft.jp/1.0/aion/1811update_teaser/

本アップデートは第三龍帝エレスギガルとの決戦に備るための最上級のPvE(※1)装備が入手できるインスタンスダンジョン(※2)や、新感覚の闘技場、謎の集団パンドラ開発機構が繰り出す試練などが実装されます。
新ダンジョン「セネクタ」は3パーティーで挑むタイムアタック型のダンジョンです。
チームワークを駆使してエレスギガルとの最終決戦に臨みましょう!
最新アップデートにぜひご期待ください。
※1 Player vs Enemyの略
※2 時間や人数など制限された条件で挑むダンジョン

パンドラ機構
セネクタ
フロスト装備

本日よりアップデート前に下記イベントがスタートいたしました。

◆エレスギガルとの決戦前夜

【実施期間】
2018年11月14日(水)定期メンテナンス終了後~2018年12月11日(火)午後11時59分

【概要】
イベント期間中、毎日ゲーム内ショップで、0カイモで販売される「神の大号令」のワールド全体の所持数が一定数を超えると、アップデートで実装される新規インスタンスダンジョン「セネクタ」の入場回数が一定期間増加し、豪華までもらえます。
さらに、イベント期間中各ワールド(サーバー)のいずれかで「神の大号令」を20個以上集めると、アップデートで実装される新アイテムをクーポンでプレゼントいたします。
毎日ショップを訪れてみよう!!

≪イベントサイト≫
https://event2.ncsoft.jp/1.0/aion/1811Eveofbattle/