バンダイナムコアミューズメント、カジノゲーミングマシン『TEKKEN VIDEO SLOT』の開発を発表!

バンダイナムコアミューズメントは、LT Game Japanとの共同プロジェクトにより、カジノゲーミングマシン『TEKKEN VIDEO SLOT』を開発した。

 バンダイナムコアミューズメントは、LT Game Japanとの共同プロジェクトにより、LT Game Japanのカジノゲーミングマシン“RGX-1000シリーズ”向けに『TEKKEN VIDEO SLOT』を開発した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

バンダイナムコアミューズメント、ゲーミング事業をアジア市場へ拡大 LT Game Japan株式会社との共同プロジェクトでカジノゲーミングマシン『TEKKEN VIDEO SLOT』を開発

 株式会社バンダイナムコアミューズメント(本社:東京都港区/社長:萩原仁)は、LT Game Japan株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:木村寿一)との共同プロジェクトにより、LT Game Japanのカジノゲーミングマシン「RGX-1000シリーズ」向けに『TEKKEN VIDEO SLOT』を開発しました。

 2018年11月13日から中華人民共和国マカオ特別行政区で開催される「MGSエンターテイメントショー2018」において、『TEKKEN VIDEO SLOT HEIHACHI ver.』、『TEKKEN VIDEO SLOT ASUKA ver.』、『TEKKEN VIDEO SLOT PANDA ver.』の3バージョンを初公開いたします。

 バンダイナムコアミューズメントのゲーミング事業※はこれまで豪大手ゲーミング製品開発会社と共同で北米・豪州を中心に展開してまいりましたが、今回のLT Game Japanとの共同プロジェクトでアジア市場へと事業を拡大いたします。

 『鉄拳シリーズ』は、バンダイナムコエンターテインメント社のオリジナルIPです。1994年にアーケードゲームとしてリリース以降、家庭用ゲーム、モバイルゲーム、アプリ等幅広くゲーム市場に展開されている人気3D対戦格闘ゲームで、全世界で累計4,700万本を売上げております。また、ゲームのプロライセンスが発行される大会等e-sportsイベントの開催や、パチンコ・スロットマシンへの導入、鉄拳キャラクターを使用したライセンス商品(アパレル、フィギュア)等、多彩なジャンルへ展開されています。

「TEKKEN VIDEO SLOT」筐体イメージ

TEKKEN VIDEO SLOT HEIHACHI ver.

TEKKEN VIDEO SLOT ASUKA ver.

TEKKEN VIDEO SLOT PANDA ver.

【LT Game Japan株式会社の概要】
 日本独自のコンテンツとアミューズメント機器開発で培った“ものづくり”の技術を活かし、よりアミューズメント性・エンターテイメント性に優れたカジノ用ゲーミングマシンを世界へ向けて発信する事を目指し2016年2月2日に設立。世界有数のカジノシティであるマカオやフィリピン、ベトナムなどのアジアをはじめ、カジノの本場北米市場に向けてゲーミング機器の開発・製造・販売を行っています。

[社名] LT Game Japan株式会社
[所在地] 東京都港区赤坂3-13-14 赤坂313ビル 5F
[代表者] 代表取締役 木村 寿一
[事業内容]  
カジノ用ゲーム機の開発、製作、販売、輸出及び保守管理等
カジノ施設に関する製品の開発、製作、販売、輸出及び保守管理等
国外におけるカジノ施設の企画、設計及びコンサルタント業務等
外貨自動両替機、現金自動預け払い機の開発、製作、販売、輸出入及び保守管理等



TEKKEN(TM) & (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.