『JUDGE EYES:死神の遺言』神室町の住人たちと絆を深める“フレンドイベント”システムに関する情報が公開

セガゲームスは、2018年12月13日発売予定のプレイステーション4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』について、“フレンドイベント”に関する情報を公開した。

 セガゲームスは、2018年12月13日発売予定のプレイステーション4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』について、“フレンドイベント”に関する情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』ゲーム情報第5弾を公開 神室町の住人たちと絆を深める「フレンドイベント」の詳細を紹介

 株式会社セガゲームスは、2018年12月13日(木)発売予定PlayStation4用ソフトウェア『JUDGE EYES:死神の遺言』につきまして、ゲーム情報の第5弾を公開いたしました。

『JUDGE EYES:死神の遺言』とは

 『JUDGE EYES:死神の遺言』は、現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う、本格リーガルサスペンスアクションです。
 本作の主人公・八神隆之を演じるのは、アーティスト・俳優の木村拓哉氏。さらに、主人公を取り巻く主要人物のキャストとして、谷原章介氏、ピエール瀧氏、滝藤賢一氏、中尾彬氏といった実力派俳優陣が集結。ロックバンド[ALEXANDROS]が本作のために書き下ろした楽曲がドラマを盛り上げます。

ストーリー紹介_4 ――被告人・羽村との接見

前回までのあらすじ
神室町の探偵・八神は、かつての古巣である源田法律事務所の先輩弁護士・新谷から、殺人事件の証拠集めを依頼された。
その事件とは、神室町で起きている猟奇的な極道殺し。
東京進出をもくろんでいるとされる関西極道組織の組員が3人、両目の眼球を抉られて殺害されていた。

新谷が弁護をする被告人は、東城会系の末端組織・松金組の若頭(ナンバー2)である羽村。

羽村は事件当日、関西共礼会の組員・久米敏郎と街中で口論する姿が目撃されているという。
その直後に殺害されたと見られる久米は翌朝、無残に変わり果てた姿で発見された。

警察は事件発生から1週間たった今夜、羽村を逮捕。
推測される犯行の動機は、敵対する暴力団同士の抗争。目を抉ったのはその「見せしめ」というわけだった。
しかし羽村は「警察のでっちあげ」であるという。

検察が裁判を確定させる「起訴」までは、弁護士にも事件の証拠は開示されず、八神らが事件の全容を知るための手がかりは、今のところ羽村の言葉だけということになる。

「逮捕の理由は殺人ということでしたが、その…… お心当たりはあるんでしょうか?」

「お心あたりぃ?」

「実際にカシラが殺ったのかってことです。……どうなんです?」

「やってようがなかろうがよ、お前らの仕事は俺をここから出すことだ。違うか?」
その言葉は、羽村が事件の真相解明を求めるものではないことを示していた。
しかし……

「俺はもしあんたが殺ったって証拠を見つけたら……それを検察に渡してムショに送らせます」

「ふざけるな!」
激高する羽村。

「てめえは殺人鬼だって無罪にしたんだろが!」

「3年前、大久保新平は無実の可能性が高かった。だから俺も信じることができた」

「でもそのあと大久保は…… 恋人を刺して火までつけたじゃないか」
思わず漏れた新谷の言葉に、八神の心の傷がまた口を開いていく。

3年前のあのとき、弁護士として決して間違ったことはしていないはずだった。
「“疑わしきは罰せず”ですよ」と力なく言い返す八神。
その精神こそが法の鉄則である。だが……

「なら焼き殺された娘の親にそう言ってみろ」

八神は羽村の言葉に何も言い返すことができない。
大久保新平が釈放後に人を殺すことがわかっていたら、それでも自分は弁護士としての職務を全う
するべきだったろうか……?

振りきれない自分への迷いを忘れるために、八神は探偵としての仕事に埋没してきた。
だから今夜もそうするべきなのだろう。

確かかどうかも定かではない、羽村の無実を裏付ける証拠。
羽村は、被害者の死亡推定時刻には神室町のサウナにいたのだという。
いま八神がやるべきは、そのアリバイ<不在証明>を立証する物証、もしくは証言を集めることだった……

ゲームシステム紹介4 ――フレンドイベントについて

神室町の住人たちと絆を深め、フレンドを増やそう!

本作の舞台である神室町に居を構える八神は、いわば神室町の住人。
生活のためには、街で暮らす人々との交流が欠かせない。
彼らの悩みや問題を解決し絆を深めることで、「フレンド」になることができるのだ。

フレンドとして登場するのは、ショップ店員、学生、ホストなど、職種も境遇も異なる多種多様な人物たち。
中には、「サイドケース」の依頼を通じて知り合った人物もおり、一部の女性とは「ガールフレンド」に関係が発展することもあるのだ。

■街の評判を上げ、新たな依頼を獲得しよう!
フレンドが増えていくと、八神の存在が住人たちの間で広まり、「街の評判」が上がっていく。
評判が上がれば上がるほど、八神のもとに新たなサイドケースの依頼が舞い込んでくるようになる。

街には、頭上にアイコンのついた住人がいる。
彼らと交流すると「絆」ゲージが溜まっていく。
絆が最大になるとフレンドになり、街の評判が上がる。

■フレンドから得られるさまざまな恩恵
フレンドと仲良くなると、さまざまな形で八神に協力してくれるようになる。
ここでは何人かのフレンドと、得られる恩恵について紹介する。

<雨宮さくら>

大阪・蒼天堀からやってきたマッサージ師。
そのルックスから、怪しいサービスと勘違いされがち。

★出張マッサージ

探偵事務所に出張マッサージに来てくれる。
マッサージを受けると、EXゲージが回復する。

<ライアン・アコスタ>

忍者の格好をした外国人。
本場日本での忍術修行に日夜励んでいる。

★バトル協力

八神が街で戦闘中、どこからともなく駆け付け、得意の忍術を駆使して一緒に戦ってくれる。

<九州一番星店長>

老舗ラーメン店「九州一番星」の店長。
SNS映えを気にする若者の足が遠のき、悩んでいるらしい。

★フレンドEXアクション

フレンドと協力して行うEXアクション。
強力な必殺技でバトルを有利に進めることができる。

さらに、八神ひとりでは解決困難なサイドケースの依頼では、フレンドの協力を仰ぐこともできる。
フレンドの協力を得て、事件を解決に導こう!

■ガールフレンドイベント

ガールフレンドとは、デートを通じてより親密な関係を築ける。
メッセージのやりとりを繰り返していくと、デートのお誘いが来るようになり、八神からデートに誘うこともできるようになる。
デートでは、プレイスポットで一緒に遊んだり、カフェで会話を楽しんだり……ガールフレンドの気持ちをうまく盛り上げて、デートを成功させよう。

デートを繰り返し親しくなっていけば、やがて「特別なイベント」が起こるかも!?

■「先行体験版」配信中
2018年9月10日(月)より、PlayStation Storeにて『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版を配信中。本作の序盤の物語や、新感覚調査アクションの一端を体験することが可能です。

■初回特典:「探偵支援パック プロダクトコード」(※パッケージ版・ダウンロード版共通)
ゲーム序盤でプレイヤーをサポートする回復アイテムや、経験値を得られるドリンク剤などのゲーム内アイテムを入手可能です。
特典は数に限りがございますので、お早めにご予約をお願いいたします。

■数量限定予約特典「主人公ボイス詰め合わせキーホルダー」(※パッケージ版のみ)
数量限定予約特典「主人公ボイス詰め合わせキーホルダー」は、木村拓哉さん演じる本作の主人公・八神隆之のボイスを複数種類聞くことができるキーホルダーです。
初回特典「探偵支援パック」同様、特典は数に限りがございますので、ぜひお早めにご予約をお願いいたします。



(C)SEGA