【動画あり】『FF』キャラに変身したり、隠しダンジョンに挑んだり! 未プレイはもったいない『ワールドオブFF マキシマ』プレイレビュー

2018年11月6日発売のNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One、PC(Steam)向けソフト『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』。本記事では、担当ライター・西川くんによるプレイレビューをお届けする。

 好きなミラージュは、まどうアーマー、XG、ゴッドオメガなどなど。趣味がわかりやすい西川くんです。2018年11月6日発売のNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One、PC(Steam)向けソフト『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』(以下、『WOFF マキシマ』)は、前作『WOFF』をベースに、さまざまな要素を追加したパワーアップバージョン。本記事では、本作の魅力を改めてご紹介しつつ、追加要素を事前に体験したプレイレビューをお届けします!

『WOFF』って?

 まずは、そもそも『WOFF』とはなんぞや? というお話をしましょう。本作は『FF』シリーズとはひと味違った不思議な世界“グリモワル”が舞台。記憶を失ってしまった双子の姉弟・ラァンとレェンは、ある日突然、グリモワルに迷い込んでしまいます。

 グリモワルにいたのは、小さな人々“プリメロ”と、“ミラージュ”と呼ばれるモンスターたち。ラァンとレェンは、ミラージュを“ジェム”にして仲間にする力を手に入れ、『FF』に登場した歴代モンスターたちを仲間にしながら冒険していくのです。

 旅の道中では、『FF』シリーズに登場するレジェンドキャラクター(本作では“セイヴァー”と呼ばれます)たちと出会います。彼らの“セイヴァーメダル”をゲットすると、バトル中に召喚獣のように手助けしてくれることも!

 また、初代『FF』のウォーリア オブ ライトや、『FFVII』のクラウドなどおなじみのキャラクターはもちろん、『ダージュ オブ ケルベロス -FFVII-』のシェルクや、『FFXIII-2』のチョコラッテなど、ほかのクロスオーバー作品にはあまり登場しないキャラクターが活躍する魅力のひとつです!

 じゃあ「『FF』を知らないと本作は楽しめないの?」と聞かれると、そうではありません。セイヴァーたちは『WOFF』オリジナルの筋書きに則って、原作と異なる使命を持っていたり、立ち位置が変わっているため、原作を知らなくてもしっかり楽しめるようになっています。つまり『FF』ファンの皆さんも、まったく新しいキャラクターの一面に出会えるワケです!

『WOFF』のバトルシステムを解説!

 ラァンやレェン、ミラージュたちにはS、M、Lのサイズが設定されていて、3体1組のパーティをふたつ作ってバトルに臨みます。ラァンやレェンが頭に2体のミラージュを乗せたり、ミラージュに乗って戦う陣形を“ノセノセ”と言い、ノセノセが解除された状態で、3体が別々に行動することを“バラバラ”と呼びます。とくに重宝するのがノセノセで、ミラージュたちをノセノセすると、3体の能力が合算され、さらに特殊なアビリティが使えるようになるなど、強力な1体のユニットとして使えるようになるのです。

この状態がノセノセ! 全員の能力が合体した強力な陣形なのです。いまじゃ! ミラージュの力をひとつに!

これがバラバラ! 1体1体では頼りないですが、3体がバラバラに3回行動できるので手数を増やせるのが大きな強みです。

 たとえば、ケアルを持つミラージュを2体ノセノセするとケアルラ、3体乗せればケアルガになります。アビリティを重ねることで強化できることもあり、「ここをこうすれば、こうやって強くなれるんだ!」と、“ノセノセプラン”を考えるのがおもしろすぎる! おかげで、ゲーム本編が進まないこともしばしば(笑)。

ミラージュは“ミラージュボード”というスキルツリーを解放していくことで、アビリティをゲットできます。

セイヴァーに変身っ! “アバターチェンジ”

 さて、そんな『WOFF』が『WOFF マキシマ』となり、どこがパワーアップしたのか、実際に遊んでみた感想を交えながら紹介していきましょう。

 まず大きな目玉として、“アバターチェンジ”というシステムが追加されました。『WOFF』では“セイヴァー召喚”で力を貸してくれましたが、本作ではラァンとレェンが各セイヴァーの姿に変身できるように。

 冒険を進めていくと、各キャラクターの“セヴァストーン”というアイテムが手に入ります。それを“ミラストーン”(アクセサリーのようなもの)として装備すると、セイヴァーたちに変身できるのです!

セヴァストーンを装備すると……。

ラァンがクラウドの姿に!

“凶斬り”などの専用技が使えるようになります。

 セイヴァーたちに変身すると、まずバトルBGMが専用のものに変化! 歴代キャラクターたちに合った名曲がバトルをメチャクチャ盛り上げてくれますよ! さらに、各セイヴァーたちは、多彩な能力を持つ専用技や、自動でユニークな効果を発揮するオートアビリティなど、さまざまなアビリティを持っています。普通にラァンとレェンの姿で戦うよりも、少しだけお得です。

ただし、貴重なミラストーンの枠をひとつ潰してしまうことになるほか、セイヴァーたちはプリメロ状態、つまり、Mサイズ固定となる制限も。ラァンとレェンをオオビト化(Lサイズ)して運用することはできないので注意です。また、セイヴァー召喚も使うことができなくなります。

 実際にアバターチェンジを使ってみたところ、セイヴァーたちの能力はバリエーションに富んでいて、その能力に合わせて強力なノセノセプランを考えるのがおもしろい! たとえば、瀕死時に大幅に魔力がアップするアビリティを持つティナに、魔力の高いミラージュたちをノセノセし、あえてHPを減らせば魔力特化構成にできます。しかも、ティナの専用技“ライオットソード”はこのアビリティの効果を受けるので、簡単に大ダメージを叩き出せるようになるといった具合です。

 これまではミラストーンのやりくりでラァンとレェンを強化するのが基本でしたが、複数の効果を持つミラストーンとしてアバターチェンジを運用すれば、絶大な効果を発揮できるのが嬉しいポイントですね!

ティナは、HPをあえて減らして、大ダメージを狙う! 当然大ダメージを食らうとやられてしまうリスクもあります。

体力が多いと、仲間をかばう能力を持つセシル。HPを減らしたいティナと相性がいいですよ!

 そして、各アバターの専用技や、オートアビリティなどを駆使した動画を公開しちゃいます! ほんの少しだけ味わえる、カッコイイアレンジBGMたちにも注目してみてください!