『アクションゲームツクールMV』期間限定20%OFFセール&OPTPiX SpriteStudioとの連動を発表、“デジゲー博2018”には『LA-MULANA2』を再現した出展も

KADOKAWAは、“アクションゲームツクールMV”について、本日(2018年10月30日)よりValve社が運営するPCゲームプラットフォームSteamにてセールを開始した。また、2018年11月4日に秋葉原UDXにて開催される“デジゲー博2018”への出展も発表した。

 KADOKAWAは、“アクションゲームツクールMV”について、本日(2018年10月30日)よりValve社が運営するPCゲームプラットフォームSteamにてセールを開始した。また、2018年11月4日に秋葉原UDXにて開催される“デジゲー博2018”への出展も発表した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹)は、ツクールシリーズの最新作となる「アクションゲームツクールMV」について2018年10月30日よりValve社が運営するPCゲームプラットフォームSteamにてセールを開始したこと及び、11月4日に秋葉原UDXにて開催される「デジゲー博2018」への出展を発表いたします。

2018年10月30日、アクションゲームツクールMV 20%オフセールを開始

アクションゲームツクールMV(英名:Pixel Game Maker MV)』は、プログラムや専門的な知識が無くても独創的なオリジナルアクションゲームが作れるゲーム作成ソフトです。アイデア次第で様々なアクションゲームを制作できます。
またキャラクターのアニメーションや背景マップ、サウンドなどオリジナルの素材を使うこともできるため、より簡単にゲームを作ることが可能です。
このソフトをより素晴らしいものにするために、コミュニティの皆さまの意見を取り入れながら完成を目指していくアーリーアクセス版(※)を 7 月 24 日よりスタートしており、多くのご意見をいただいております。
より多くの皆さまからご意見をいただきたいため、10月30日から1週間アーリーアクセス価格8,500円(税抜)の20%OFFとなる 6,800 円(税抜)での特別セールも開催いたします。
Steam ストアページ: https://store.steampowered.com/app/837510/Pixel_Game_Maker_MV/
※アーリーアクセス版

 皆さまからのご意見をいただき、機能追加や不具合の修正を行ってまいります。製品版販売後は製品版に無料で引き継がれ、アーリーアクセス版で作成されたデータは製品版でも引き続き使用することができます。

アクションゲームツクール MV の特徴
・プログラミング一切不要でゲームを作成可能!
・最大 4 人までマルチプレイに対応。協力も対戦も可能!
・物理演算を用いたゲームを作成可能!
・豊かなゲーム表現を実現可能!

デジゲー博2018での出展内容は「LA-MULANA2」の再現!?

11 月 4 日の秋葉原 UDX にて開催される「デジゲー博 2018」へアクションゲームツクール MV の出展を行います。
NIGORO(株式会社アスタリズム)より Steam にて好評発売中の『LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2)」から、ラタトスクとのバトルをアクションゲームツクール MV にて再現したものをプレイアブル展示いたします。
また当日は 14 時よりラタトスク戦再現について開発陣によるトークショウも開催予定!特別ゲストの参戦も決定!
ぜひお立ち寄りください。

LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2)』とは?
広大な遺跡、難解な謎、膨大なアイテム、そして、強敵たちが織りなすメトロイドヴァニア・スタイルの「遺跡探検考古学アクションアドベンチャーゲーム」です。
本作は、前作の主人公の娘である「ルミッサ・小杉」が、全ての文明の始まりと言われる謎の巨大遺跡「ラ・ムラーナ遺跡」から溢れ出したモンスターたちの原因を探るべく、裏ラ・ムラーナ遺跡とも呼ばれる遺跡「イグ・ラーナ遺跡」に挑戦します。
公式サイト:https://la-mulana.com/jp/l2/index.php
Steam サイト:https://store.steampowered.com/app/835430/LaMulana_2/?l=japanese

OPTPiX SpriteStudio との連動についても公式発表!

株式会社ウェブテクノロジの超汎用 2D アニメーションツール『OPTPiX SpriteStudio』とアクションゲームツクール MV の連動についても正式に発表いたします。アクションゲームツクール MV では、SpriteStudio で作成したアニメーションデータのインポートに対応。これにより、アクションゲームツクールMVでも、SpriteStudioで作成したアニメーションやエフェクト、数々の表現を利用することができます。

また、アクションゲームツクール MV とのコラボレーションを記念して、OPTPiX SpriteStudio の個人向け新製品を発表。
くわしくはデジゲー博 2018 会場にて!

公式サイト:http://www.webtech.co.jp/spritestudio/

6つのツールで、プログラミングすることなく簡単にアクションゲームをつくることを実現

本ソフトでは、フィールドや背景、キャラクターやアイテム、BGM や音声など、多彩な要素から成り立つアクションゲームを、6 つのツールで管理することができます。

ツール1:素材 必要な画像などの素材を用意し、整理する
ゲームのもととなる画像素材や BGM・音声ファイル等の音楽素材はもちろん、フォントや mp4 形式などの動画ファイル、gif 形式などのアニメ画像も、ゲーム作成に必要な素材を取り込んで一元管理することができるツールです。

ツール2:タイル フィールドづくりに必要な”タイル”を作成する
ゲームの舞台となるフィールド(いわゆるマップ)のもととなる、タイルを作成するツールです。タイル一つひとつにもアニメーションを設定したり、細かなギミックを設定したりすることが可能です。

ツール3:オブジェクト キャラクターやアイテムにギミックを施す
フィールド上を動き回る主人公や敵などのキャラクター、あるいは置かれているアイテム、配置されている各種ギミックなどの挙動を管理するツールです。物体が坂を転がっていったり、バネで跳ね上がったりするなど、物理演算独特の挙動も、このツールからプログラミングを一切することなく実装することができます。

ツール4:アニメーション 画像などに彩りを与える
各オブジェクトに用いる画像やそれぞれの細かいアニメーションを管理するツールです。ゲームを豊かに彩る、エフェクトアニメーションやパーティクルアニメーションの管理もここで行います。複数のパーティクルを組み合わせることで、表現豊かなアクションゲームを実現します。

ツール5:シーン タイルやオブジェクトでステージをつくる
準備したタイルやオブジェクトなどを用いて、実際にゲーム中のステージを組んでいくツールです。カメラの位置や動き、物理演算を用いた挙動なども、ここで手軽に設定できます。

ツール6:遷移 シーンをつなぎ合わせてゲームの形にまとめる
作成したシーンをつなぎ合わせて、最終的なゲームの形にまとめるツールです。フローをつないで遷移をつくり、シーンからシーンへの移動はポイントを指定することで行います。

機能拡張も可能
さらに JavaScript での機能の拡張なども可能。それらの追加機能や拡張機能を使いこなせば、凝りに凝ったゲームを作り上げることも思いのままです。

サンプルゲーム紹介

Bike Dash Excite!
https://store.steampowered.com/app/891200/Bike_Dash_Excite/
アクションゲームツクール MV』の物理演算処理を活用して開発された、バイクレーシングゲーム!なかなか思い通りに動かないバイクを操作し、ステージを突破して、クリア時間を競おう!

Witch & 66 Mushrooms
https://store.steampowered.com/app/891170/Witch__66_Mushrooms/
アクションゲームツクール MV』のパーティクル機能を駆使した派手な演出が魅力のメトロイドヴァニアゲーム!さまざまな武器を駆使しながら広大なステージを冒険する、探索型 2D アクションアドベンチャーゲ ームです。

サンプルゲーム トレーラー

Witch & 66 Mushrooms

PINPIN BALLBALL

CROSS X CARROT

BikeDashExcite!



(C)KADOKAWA CORPORATION 2018
(C)ASTERIZM CO., LTD. Game Production Division NIGORO All Rights Reserved.
Licensed to and published by Active Gaming Media Inc.
(C)Web Technology Corp. All rights reserved.