『GOD EATER 3(ゴッドイーター3)』新キャラクター“ガドリン総督”や対抗適応型アラガミ“ナヴァド・ヌァザ”などの新情報が公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年12月13日(Steam版は2019年)発売予定のプレイステーション4およびSteam用ソフト『GOD EATER 3(ゴッドイーター3)』について、最新情報を公開した。

 バンダイナムコエンターテインメントは、2018年12月13日(Steam版は2019年)発売予定のプレイステーション4およびSteam用ソフト『GOD EATER 3(ゴッドイーター3)』について、最新情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

AGE適合試験

灰域の発生に伴い、既存のゴッドイーターの運用可能範囲が大幅に縮小され、程なくして人類は物資調達、ミナトの防衛力確保といった問題への対処を余儀なくされた。
そこで灰域への一定の耐性を持つ新たなゴッドイーター、AGEの研究開発が一気に進行し、各ミナトにおいてその適合試験が行われた。しかしながら、まだ研究途上にあるAGEの適合試験は成功率が極めて低く、運良く適合試験を通過できたとしても、後遺症などのため再起不能になる者も多い。
辛くも適合試験に合格した主人公とユウゴは、この日からペニーウォート所属のAGEとして、過酷な日々を送ることとなる。

新キャラクター紹介 ガドリン総督

エイブラハム・ガドリン(CV 石塚 運昇)
グレイプニル最高司令官。
元は旧フェンリル本部の正規軍に属していた一個師団「グレイプニル」のトップであり、かつては自らゴッドイーターとして最前線で戦っていた。
灰域の発生によって混乱した北欧地域の旗振り役として一定の秩序をもたらした人物。
未だ拡大を続ける灰域に対処すべく、「フェンリル本部奪還作戦」の決行を宣言する。

キャラクターメイキング

ゴッドイーター3でも、もちろん主人公は自分好みにカスタマイズが可能。性別、髪型、顔、目の形などを複数から選択でき、アクセサリーやフェイスペイントなども豊富に用意されているので、色々試して自分好みの主人公をつくりあげよう。

ナヴァド・ヌァザ

対抗適応型アラガミ
灰嵐のような超高濃度の灰域下でのみ発生し、この個体が