PS4版『レッド・デッド・リデンプション2』外見&性能のアップグレードができるカスタマイズなど武器についての情報が公開

ロックスター・ゲームスより2018年10月26日発売予定の『レッド・デッド・リデンプション2』について、武器の情報が公開された。

 ロックスター・ゲームスより2018年10月26日発売予定の『レッド・デッド・リデンプション2』について、PS4版の武器情報が公開された。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

PS4版『レッド・デッド・リデンプション2』 武器を紹介

武器

2018年10月26日(金)に発売予定の『レッド・デッド・リデンプション2』 。

本作は細部や奥深さ、そして選択肢の多さにおいて徹底したこだわりを持っており、武器についても例外ではありません。

個性豊かな50種類以上の武器が使用でき、カスタマイズにも膨大な選択肢が用意されています。さらに、異なる種類の弾薬を使えば精度や射程距離、ダメージ力を上げることも可能。銃は使い込むほどに性能が良くなる反面、手入れを怠れば状態が悪化します。いざという時頼れるように、普段から武器の汚れを取り除き、油を差して良好な状態を保ちましょう。

武器の種類とカスタマイズ

金属や木材の素材、光沢、彫刻などが新たに加わった外見のアップグレードから、バレル、グリップ、照準器、スコープなどを取り換えることができる性能のアップグレードまで、カスタマイズオプションをたくさん用意しました。目的に合わせて、自分だけの武器を作り上げることができます。武器のダメージ力、射程距離、連射速度、精度、リロード速度はそれぞれ異なるため、状況に応じて賢く選ぶことが重要です。

たとえばダブルアクションリボルバーは連射速度が速いため、騎乗中の射撃に役立ちます。片手にランタンや獲物の小動物などを持っている時は、短距離の戦闘で片手用武器随一の威力を発揮するソードオフショットガンが有力候補でしょう。ヴァーミントライフルは大きな弾丸を使用する銃に比べてターゲットの損傷が少なく、良質の毛皮や肉が取れるため、狩猟で小動物を狙う時に最適です。

敵の数が1人か2人だけの時は、連射速度は弱いもののダメージ力が群を抜いているスプリングフィールドライフルを選ぶと良いでしょう。遠距離からの狙撃にはスナイパーライフルから選ぶのも良いですが、他のライフルにもスコープを取り付けることは可能です。通常の視界とスコープはいつでも切り替えることができます。

金属部分や細工は部品毎に個別にカスタマイズできます。用心金、バレル、フレーム、その他の部品はそれぞれ異なる色を選択することが可能。また、細工に埋め込む金属象眼も部品毎に豊富な種類が揃っています。

スプリットポイント弾、高速弾、炸裂弾など、様々な種類の弾薬を購入または作成すればストッピングパワーを高められます。

所有する武器は全て、馬の鞍にしまっておけます。馬から離れる時は、必要な武器を全て身に着けて行くのを忘れないでください。

片手で使用できるピストル、リボルバー、片手用ソードオフショットガンはホルスターに入れて携帯しましょう。アップグレードや強化を施したホルスターなら、風雨による劣化から武器を守ってくれます。また、逆手ホルスターを使えば二丁拳銃も可能です。

デッドアイ

デッドアイは戦闘中に時間の進みを一時的に遅くすることで、より正確に敵に狙いを定めることができるという能力で、これ自体が非常に強力な武器となります。

新たなデッドアイシステムはゲームプレイを通じて徐々に拡大し、洗練されていきます。最初は照準範囲に入ったターゲットを自動で選択しますが、次の段階では複数の敵を手動でターゲットに指定できるようになり、次にスローモーション中に自由に射撃ができるようになり、最終的には敵の弱点をピンポイントで表示して攻撃の精度を上げられます。自身の成長と経験の積み重ねで進化するこのシステムは、生きるか死ぬかの極限状態で勝負を決める切り札になります。

複数の敵との銃撃戦に挑む時は、いかにデッドアイの力を温存し、ここぞという時に使うかが戦いを有利に進める重要な戦略となります。

敵をマークし、目にも止まらない連射で弾丸の雨を浴びせましょう。

ゲームが進むにつれて進化するデッドアイの能力。最終的には、心臓、脳、肺など、敵の致命的な弱点やクリティカルヒットになる部位を可視化できるようになります。

デッドアイは、使い続けていると時間と共に効果が切れてきます。戦闘中に食料や強壮剤を摂取すれば、素早く回復できます。



(C)2018 Rockstar Games, Inc.