『モンスターハンター』シリーズ初のハリウッド映画化が決定! 映画『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンが監督・脚本を担当

カプコンと東宝は、同社の『モンスターハンター』の世界観をもとにしたハリウッド映画の製作を決定した。

 本日(2018年10月5日)カプコンと東宝は、同社の『モンスターハンター』の世界観をもとにしたハリウッド映画の製作を決定した。

 ご存じ『モンスターハンター』シリーズは、2004年に第1作を発売して以降、シリーズ累計販売本数5000万本となる、大ヒットシリーズ。シリーズ最新作となる『モンスターハンター:ワールド』は、カプコンにおける単一タイトルとして史上最高の出荷本数となる1000万本を達成している(数字はいずれも2018年8月20日時点のもの)。この度製作が決定した映画では、異なる世界出身のふたりの主人公が、協力してモンスターと対峙する物語が描かれる。同映画はコンスタンティン・フィルムにより制作され、監督・脚本は、映画『バイオハザード』シリーズで知られるポール・W・S・アンダーソンが担当する。日本での配給は東宝が担当するとのことだ。

 カプコンと言えば、先日『ロックマン』シリーズのハリウッド映画化が発表されたばかりだが、『モンスターハンター』がどのような映画になるのか、期待が高まる。

『ロックマン』シリーズ初のハリウッド実写映画化が決定! プロデューサーは“HEROES”に出演したマシ・オカ氏

カプコンは、『ロックマン』シリーズ初となるハリウッドでの実写映画化が決定したことを本日(2018年10月4日)発表した。