発売日が目前に迫る『アサシン クリード オデッセイ』。古代ギリシアで始まる壮大な英雄譚のレビューをいち早く公開!

 2018年10月5日にユービーアイソフトより発売予定のプレイステーション4、Xbox One、Nintendo Switch(クラウド版)、PC向けRPG『アサシン クリード オデッセイ』。歴史の影で暗躍するアサシンの戦いを描く、『アサシン クリード』シリーズの最新作となる作品です。今回はライターのバーボン津川が、プレイレビュー形式で本作の魅力をお届けします。

序盤からグイグイと引き込まれる衝撃のストーリー

 本作の舞台となるのは、各地に都市国家が生まれていた紀元前431年の古代ギリシア。その中でも権勢を誇っていた2大都市国家である、スパルタとアテナイの対立によって巻き起こったペロポネソス戦争まっただ中の時代が描かれていきます。

 物語を紡ぐ主人公は、スパルタの猛将の子であり、英雄レオニダスの子孫という設定。とある理由で死刑を宣告されてしまうのですが、なんとか生き延びて、自分の血脈に秘められた謎を解明すべく、ギリシア全土を旅することになります。ネタバレを防ぐために詳しくは書けませんが、とにかく序盤から衝撃的な展開の連続で、一気に物語に引き込まれました。「これはヒドい……」と思わされる悲劇的な展開もあったり、ラブロマンス的な展開もあったりと、ユニークなストーリーがこれでもかと言わんばかりに詰め込まれています。本当に止めどきを見失うレベルなので、物語にも注目してほしいですね。

シリーズ初の試みとして、主人公の性別が選択可能。性別によるアクションの差はなく、物語が大きく変化することもないので、好みの性別を選べばいいかと。

 本作の大きな特徴でもあるのですが、物語を進める中で多数の選択肢が出現します。選択肢には、会話が変化するシンプルなもののほかに、その後の展開を大きく変える重大なものもあります。正義を貫くもよし、悪に染まるもよしと、どのようにして古代ギリシアを生き抜くかをプレイヤーが自由に選択できるのも、本作の醍醐味です。これもまた新しいのですが、異性との仲を深める選択肢も用意されており、好感度を高めれば恋愛関係に発展することも! 冒険そっちのけで恋愛に勤しむといったプレイも楽しめちゃいます。

恋愛関係に発展する対象は性別ごとに複数用意されているので、誰と仲を深めるのかで頭を悩ますのも一興。

 古代ギリシアの広大な土地は、数々のオープンワールドゲームをリリースしてきたユービーアイソフトならではの最新技術によって、美しくも繊細なオープンワールドで表現されています。この広大な大地を自由に散策できるのも、『アサシン クリード』ならではの魅力です。そんな巨大なフィールドに用意されたあらゆる地形や建造物を、流れるように駆け抜けられるフリーランアクションも健在で、険しい崖を登ったり、建物の屋上から屋上へと飛び移ったりと、ストレスなく自由に移動できるのもうれしいポイント。異なる文化を感じられる都市や村を訪れたり、海底にある遺跡を探索したりと、世界中を探索しているだけでも何時間と楽しめます。とにかく探求心をビンビンに刺激されることは間違いなく、その探究心を満足させてくれる多彩な仕掛けが用意されているのです。

アクションはよりスムーズに! 自由度の高さも光る

 本作を語るうえで欠かせないアクション要素ですが、これまで以上に緊迫した駆け引きが楽しめる印象を受けました。ただ単純にボタンを連打しているだけでは敵を倒すことすら難しく、敵の攻撃を回避したり、攻撃を受け流すなどして態勢を崩すことが超重要になっています。とくに集団戦では、きちんと立ち回りを考えないときびしいかもしれません。戦況に応じてくり出すアクションを瞬時に判断し、攻撃するのか防御するのか、受け流して隙を狙うのかといった戦術の組み立ても大事な戦闘は、やり応えもバツグン。もちろん、これまで同様にプレイ中いつでも難度を変更できるので、アクションが苦手な人でも存分に楽しめますので、ご安心を!

 また、キャラクターのレベルアップで獲得したアビリティポイントを使えば、さまざまな効果を持つアビリティが習得できます。用意されているアビリティは、近接戦闘に特化した“ウォリアー”、弓による攻撃を強化する“ハンター”、ステルスや暗殺を強める“アサシン”の3系統に大きく分かれていて、どれを習得するかで戦いかたはかなり変化します。ひとつの系統に特化するのもいいのですが、アビリティポイントはとても貴重です。主人公をどのように育てていくか、しっかり考えながら育成するのがポイント。もちろんどんなプレイスタイルを選択するのかはプレイヤーの自由ですし、何と言ってもアビリティポイントをいつでも振り直しができるのが大きい! いろいろと模索しながら楽しめる、その懐の深さを堪能してください。

敵に発見されないように立ち回って暗殺で倒すもよし、真っ向から近接武器で勝負を挑むもよしと、どのように戦うかもプレイヤーの判断に委ねられています。

 駆け足で本作の魅力を語って行きましたが、ほかにも、サブもメインも膨大なクエストが用意されていたり、レアな装備を集めて強化するハクスラ要素といった、遊び応えバツグンなコンテンツが多々用意されています。オープンワールドRPGとして間違いなく名作と言える完成度で、これまでに『アサシン クリード』シリーズをプレイしたことがないという人にも自信を持ってオススメしたい作品です。

 また、『アサシン クリード』ファンにはおなじみの、かなりの歴史マニアも唸るほどの細かい作り込みは、本作でもしっかりと味わえます。まったく古代ギリシアを知らないという人にも興味を抱かせる仕組みが満載なので、ぜひ古代ギリシアの世界に降り立って自由に冒険してみてください! そして、いっしょに「スゲエ!」って感想を言い合おうぜ!!