インディーゲームコーナーに出展されていた、とくに注目度の高かった6タイトルを紹介!【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018。国内外の優れたインディーゲームデベロッパーの新作が出展されたインディーゲームコーナーの中で、完成度が高く来場者の注目度が高かったタイトルをピックアップ。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。ホール9のインディーゲームコーナーには、過去最高となる150以上のブースが軒を並べ、連日の盛況ぶりを見せていた。
 出展されている作品は、ひとりでコツコツ開発されているものから、中小企業が受託開発のかたわら制作しているオリジナルIPものまで、じつに多種多彩。“インディーゲーム”という名称がさまざまな規模・形態のデベロッパーに有効活用されているさまがうかがい知れた。

インディーゲームコーナーの様子。専有面積は昨年(東京ゲームショウ2017)から明らかに増加し、本来の意味での“インディーな取材体制”ではとてもカバーできない規模にまで膨らんでいた。

 今回はその中でも、来場者の注目度が高かった正式版未リリースタイトルをピックアップして紹介する。

Tale of Ronin

開発:Dead Mage
※TGSメディアアワード“ファミ通インディー部門”ノミネート作品。

 オースティン(アメリカ合衆国テキサス州)の独立系ゲーム開発スタジオが制作中の、日本のサムライ文化をテーマにしたRPG。プレイヤーは諸国を旅する浪人として、さまざまな人物と交流したり騒動に巻き込まれたりする。墨絵のタッチを生かしたアートスタイルと、アクション系操作の要素がない静的なゲーム展開がマッチし、プレイ中は不思議な時間感覚に包まれた。

 リリース時期は2019年。プラットフォームはPC、プレイステーション4、Nintendo Switchが予定されている。今回の体験バージョンではテキストが日本語化されていたことから、日本語版もほぼ同時期にリリースされることがうかがえた。

※『Tale of Ronin』公式サイト

戦闘は、あらかじめ選んでおいた3手ぶんの行動を敵側の行動と同時進行されるターン制バトルを採用。戦闘時の行動は、操作キャラのタイプや成長度合いによって選択肢が広がっていく。左右に立ったキャラが交互にアニメーションするさまが、なんとも懐かしい。

道中や立ち寄った村では、さまざまなイベントが発生する。あからさまに喧嘩腰な相手もいれば、悪気はなさそうなのに依頼内容がとても面倒くさそうな相手もいたりで、人の世の無常さを実感する。そんな相手にどう振舞うかを自由に決められるのが、本作の大きな魅力のひとつだ。

グノーシア

開発:プチデポット
※TGSメディアアワード“ファミ通インディー部門”ノミネート作品

 『メゾン・ド・魔王』でおなじみのプチデポットが開発中のプレイステーション Vita用“議論型RPG”。今回の出展バージョンでは、全登場キャラクターが開放された状態での人狼ゲームパートのフリープレイ(参加人数や自分の配役を任意に設定できるプレイ)を楽しめた。
 プチデポットのリーダー“めづかれ”こと川勝徹氏の勧めで、記者もフルメンバー設定(14人)でのプレイを体験。最初のうちはキャラどうしが印象だけで粛清しあうさまを傍観していたが、残り人数が絞られてくると、動揺を露わにする者が現れたり、口数が少ないキャラが詰め寄られたり、さらには自分自身にグノーシア(人狼)の疑いの目が向けられたりと、状況が激しく動いていく。過去ログを見返して各キャラの論調のブレを確認しつつコールドスリープ(処刑)するキャラを選んでいき、5日目ですべてのグノーシアを制圧することができた。生き残ったメンバーは自分を含めて4人。クリアー後に見られる実際の配役を確認すると、人間側の重要な役職が序盤でたて続けに始末されていたことがわかり、ぐぬぬ……となった。

※『グノーシア』公式サイト

本作は繰り返しプレイすることで主人公のレベルが上がり、“嘘を嘘と見抜く”など、議論を有利に進められるさまざまな能力を獲得できる。このように、対人の人狼ゲーム特有の機微がシステムとして丁寧に落とし込まれている点が、本作の特徴だ。

はっきりとしたリリース時期は明かさなかったものの、「今冬、暖かくなる春までは発売したい!」と川勝氏。各キャラクターごとの固有イベントも相当数用意されているとのことで、人狼ファンのみならずノベルゲームが好きのユーザーも楽しみにしてみては。

[2018年10月2日午前1時]一部表現につき、修正させていただきました。

Kenshi

開発:Lo-Fi Games

 アーリーアクセス版のプレイ動画がニコニコ動画に多数アップされているなど、すでに日本人ユーザーのあいだでも話題になっている、PC用オープンワールド型サンドボックスゲーム。『Fallout2』や『XCOM』などのクラシックなゲームからインスピレーションを得たという本作、ステータスウィンドウがズラリと表示されている画面構成や、細かいリソース管理を行う複雑なゲーム性などを存分に体験できるものを……ということで、ゲームデザイナーのクリス・ハント氏が2010年代冒頭からコツコツと作り上げてきたインディー大作だ。
 2018年12月には、ユーザー待望の正式版をリリース予定。製品版はバグフィクスが徹底され、日本語訳テキストも現在から改善されたものになるという。

※『Kenshi』Steamサイト

徒党を組んで戦闘に明け暮れるもよし、何もない大地に王国を築くもよしの自由なゲーム性と、とことんこだわれる細密なカスタマイズ機能が日本人ユーザーに刺さり、現時点で32000人以上のプレイヤーがいるという『Kenshi』。すでに1000時間以上プレイしている人もいるとか。

ゲームデザイナーのクリス・ハント氏(左)と、彼の妹でシナリオ担当のナタリー氏(右)。当初はクリス氏がひとりで開発していたが、現在は4人のメインスタッフで制作しているとのことだ。

有翼のフロイライン

開発:Production Exabilities
※TGSメディアアワード“ファミ通インディー部門”ノミネート作品

 某ゲーム開発会社に勤務する有志スタッフが「自分たちが本当に作りたいものを」ということで制作している、3Dフライトシューティングゲーム。高い機動力を誇る飛行型ロボを操作して大量の敵戦闘機や巨大空中戦艦を撃墜していく内容で、2017年冬のコミケ(コミックマーケット93)で体験版を配布して以降、多くのゲームファンの注目を集めている。

※『有翼のフロイライン』公式サイト

東京ゲームショウ2018出展バージョンでは、チュートリアルとステージひとつぶんを遊ぶことができた。広大な空間を自由に飛び回れるのが爽快だ。

安野希世乃、持田千妃来がCVを担当するヒロインたちの会話が、緊迫した戦況を盛り上げる。

恐怖の世界

開発:Pan Staszek
※TGSメディアアワード“ファミ通インディー部門”ノミネート作品

 日本のホラー漫画家・伊藤潤二氏やH・P・ラヴクラフトの小説の世界観の影響を受けた、ポーランドの個人ゲーム開発者によるホラーアドベンチャーゲーム。1980年代の日本を舞台に都市伝説的怪異に挑んでいくストーリーと、初期のMacなどのレトロハードを意識したモノクロ&低解像度グラフィックが目を惹き、ブースはつねに盛況だった。
 実際にプレイしてみると、往年のPC用コマンド選択型アドベンチャーゲームの面影を随所に残しつつも無駄な操作や待ち時間が極力省かれ、昨今のノベルゲームライクにスイスイ遊べるものになっていた。戦闘シーンのバランスやセオリーは短いプレイ時間では何とも判断しがたかったが、オムニバス形式の短編ホラーのさまざまな展開・結末を気軽に楽しめそうな印象を受けた。
 プラットフォームはPC、プレイステーション4、Nintendo Switch。出展バージョンが日本語でプレイできたこと、Steam(PC版)のストアページで日本語対応が明記されていることからも、国内ユーザーも必要以上に待たされることなく正式版をプレイできそうだ。

※『恐怖の世界』Steamサイト

ギッチリした字詰め&行間で表示されるテキストや、シンプルな絵柄のコマンドアイコン群が“クラシックなPCゲームっぽさ”を演出するゲーム画面。ファミコンチックな音色のBGMとの微妙なミスマッチ感が、本作ならではの物語世界を際立たせている。

単色で表現された異形の者のグラフィックは、独特の不気味さをたたえている。

Monster Boy and the Cursed Kingdom

開発:Game Atelier

 海外デベロッパーによる『モンスターワールド』シリーズのファンゲームが、巡り巡ってオリジナル版開発に携わったゲームクリエイター・西澤龍一氏の“新作”として世に出ることになった、サイドビュースクロールアクションアドベンチャーゲーム。キッズアニメ・タッチの大小さまざまなキャラクターがキビキビと動き回る、小気味よいジャンプアクションを楽しめる。古代祐三氏、桜庭統氏などの国内サウンドクリエイターによるBGMにも注目。
 プラットフォームはプレイステーション4、Nintendo Switch、Xbox One、PC。Nintendo Switch版は2018年11月6日のリリースが発表されている。

※『Monster Boy and the Cursed Kingdom』公式サイト

画面をぱっと見ただけで“『モンスターワールド』らしさ”を感じさせるゲーム画面。1994年リリースのメガドライブ用ソフト『モンスターワールドⅣ』に登場した不思議な動物“ペペログゥ”も実名で出演!

見た目と攻略のおもしろさを両立したボス戦。難易度は若干やさしめに感じたが、さまざまなやり込み要素があることは間違いないだろう。