2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。開催4日目となった23日、バンダイナムコエンターテインメントブースにて行われた『ONE PIECE WORLD SEEKER』のスペシャルステージの模様をお届けする。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。開催4日目となった23日、バンダイナムコエンターテインメントブースにて、『ONE PIECE WORLD SEEKER』のスペシャルステージが行われた。本稿では、アイザック役の声優・小山力也さん、女優の松井愛莉さん、そして本作のプロデューサーであるヒラタロメオ氏が登壇した同イベントの模様をお届けする。

 イベントが始まると、出演者がステージに登壇。まずは本作の紹介が、公開中のプロモーションビデオ映像とともに行われた。『ONE PIECE WORLD SEEKER』は、“ジェイルアイランド(監獄島)”と呼ばれる、オリジナルの島が舞台。ルフィの“ゴムゴム”の能力による爽快な移動やアクションが楽しめるという。またゲームオリジナルストーリーが展開されるが、『ONE PIECE』の人気キャラクターも多数登場するとのことだ。

 本作には、尾田栄一郎氏描き下ろしのオリジナルキャラクターがふたり登場する。ひとりは小山さん演じるアイザック。もうひとりはジャンヌという女性。島は、海軍により繁栄したのだが、その恩恵を受け入れる“海軍派”と、古くからの島を愛する“反海軍派”が対立しており、“反海軍派”のリーダーがジャンヌだ。

 アイザックは、科学者であり、島を取り仕切る監獄長。彼は科学の力により、荒廃していた“ジェイルアイランド”に富をもたらした“英雄”で、島では恩人として称えられている。そんなアイザックについて小山さんは、大きくて、強く、賢いという印象を持ったとのことで、また“憧れを持ちながら”一生懸命演じたと語った。

 ジャンヌについて、ヒラタ氏いわく“反海軍”リーダーとして、対立する島民をまとめるために、悩みながらも奮闘するキャラクターであることが語られた。

 ここで、TGSに出展されているバージョンのデモプレイを交えた紹介へ。実機の操作を務めるのは、本作のアシスタントプロデューサー・ヤハタクザン氏。ヒラタ氏は本作のアクション部分について、□ボタンを連打するだけで簡単にコンボが決まるようになっているので、ゲームに慣れていない人にもおすすめであるとのことだ。

モニターに映っているのがヤハタクザン氏。
ヒラタ氏いわく、見えているすべて場所に移動できるとのこと。
“ゴムゴムのUFO”による移動も再現。
□ボタン連打による爽快なコンボが決まる。
“武装色モード”を使用することで、一撃一撃が重い攻撃に。
見分色の覇気で遠くの敵も察知!
樽の中に隠れて敵にひっそりと近づく、隠密行動も可能。
デモ版のボス、サカズキが登場!
サカズキのマグマグの能力も完全再現。
画面にはサボの姿が。彼をはじめ、原作のキャタクタ―がどのように物語に関わってくるかも気になる!

 その後は告知情報として、早期購入特典“湯けむり温泉ミッション”のプレゼントが発表された。ミッションの詳細としては、“ジェイルアイランド”の近くにある小さな島があり、そこを探索することでいろいろな出来事が起こるようだ。またミッションをプレイすることで、水着コスチュームが手に入るとのこと。

 最後に出演陣によるあいさつが行われた後、ヒラタ氏が「これから少しずつ情報を出していきますが、サプライズな内容の情報もありますので、ぜひこれからの続報を期待してお待ちください」とコメントし、イベントを締めくくった。