発売間近の『すばらしきこのせかい -Final Remix-』概要と魅力が丸わかり! ふたつの特殊シナリオの紹介を交えてゲーム内容を総ざらい

2007年にニンテンドーDS用ソフトとして発売され、世界で高い評価を獲得した『すばらしきこのせかい』が、装いも新たにNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に登場。2018年9月27日の発売を目前に控えた今回の記事では、本作を名作たらしめている特長や進化した点、追加要素をおさらいする。

 2007年にニンテンドーDS用ソフトとして発売され、世界で高い評価を獲得した『すばらしきこのせかい』が、装いも新たにNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に登場。2018年9月27日の発売を目前に控えた今回の記事では、本作を名作たらしめている特長や進化した点、追加要素をおさらいする。

Joy-Con操作や新シナリオのバトルも体験!『すばらしきこのせかい -Final Remix-』プレイリポート

2018年9月27日発売予定のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『すばらしきこのせかい -Final Remix-』のプレイインプレッションをお届け!

 なお、週刊ファミ通2018年10月11日号(9月27日発売)では、本作の発売記念特集をお届け。シリーズのファンにアンケートを実施し、その結果や寄せられたアツい声をたっぷりと掲載しているので、ぜひその熱気に触れてみてほしい。

理不尽な“死神のゲーム”に翻弄される参加者たち

 シブヤを舞台とする“死神のゲーム”に巻き込まれた主人公・ネクは、パートナーとともに謎のバケモノ“ノイズ”を倒しながら生き残りを懸けて戦う。“死神”から下されるミッションをクリアできなければ、待つのは消滅だ。

物語は、主人公のネクを中心として、シキがパートナーになる“シキ編”のほか、“ヨシュア編”や“ビイト編”などが用意されている。

≪STORY≫
物語の舞台はシブヤ。
主人公のネクはある日シブヤの雑踏で目覚めた。
いつもどおりに見えるシブヤの街並みだが、ネクはあることに気づいた。
それは周りの人達の考えていることが次々と頭の中に流れ込んでくるということ…。
この能力がどうして身についたのかは不明だが、気づいた時にすでに持っていたバッジと関係がある様子。

戸惑うネクの元に不思議なメールが届く。
その内容は、
“ミッションをクリアしなければネクの存在が消える”
という不条理なものだった。

そして、なぜかシブヤから外に出ることもできなくなってしまった。
何が起こっているかを理解する間も無く、タイムリミットが迫る。
仕方なく行動を始めたネクは、シキという女の子と出会う。
彼女に言われるがままに、ひとまず協力しあうことになった彼らは
街にはびこる謎のバケモノ“ノイズ”を倒しながらシブヤを奔走する。

果たして彼らは生き残ることができるのか――

ネク
 つねにヘッドフォンをつけ、あまり他人と関わりを持とうとしないグラフィティの好きな15歳の少年。突然シブヤの雑踏で目覚めた時、以前とは何かが違っていた。

シキ
 服装にはかなり気をつかっている15歳のおしゃれな少女。手作りのネコのぬいぐるみをいつも持ち歩いている。シブヤでネクと出会い、行動をともにすることになる。

ヨシュア
 15歳の少年。生意気で尊大、加えて頭の回転が速くずる賢い。ネクと手を組むことになるが、様々なことに詳しく頼れそうな反面、どことなく信用できない部分もある。

ビイト
 スケボーで世界一になることを夢見る、熱い心を持った少年。死神のゲームに参加することになった経緯は謎に包まれている。

ライム
 パートナーとしてビイトといっしょに行動している少女。明るい性格で、笑顔を絶やさずに勝気なビイトを支えている。

ネクたち参加者とは異なる形で死神のゲームに関わる者や、ゲームとは直接的な関係のない一般人も多数登場し、その誰もが強い個性を持つ。

ゲームの仕掛け人である死神たちは、キタニジを頂点とする上下関係を築いている。しかし、それぞれに思惑があり、それらが物語を加速させてゆく。

シブヤを探索してミッションクリアのヒントを探せ

 ゲームの参加者は、舞台となるシブヤの街から出られない。行き交う人々から認識されておらず、会話も不可能だが、人々の思考を読むことはできる。その中から、ミッションのヒントを探していこう。

2000年代の渋谷をモチーフにしたフィールドを移動し、ミッションの手掛かりを探そう。

画面右下のバッジをタッチすると、“サイキックスキャニング”が発動し人々の思考を読み取れる。このとき現れるノイズのシンボルをタッチすると、バトルが始まる仕組みだ。