『無双』『アトリエ』『DOA』etc! 総勢31名のコスプレイヤーが登場した“コーエーテクモ コスプレコレクション”をリポート【TGS2018】

東京ゲームショウ2018にて、コレクションとして開催された“コーエーテクモ コスプレコレクション in TOKYO GAME SHOW 2018”のリポートをお届け。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉の幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。最終日となる23日のコーエーテクモゲームスブースでは、“コーエーテクモ コスプレコレクション in TOKYO GAME SHOW 2018”が開催された。ステージには“シブサワ・コウ”、“ω-Force”、“Team NINJA”、“ガスト”、“ルビーパーティー”の各タイトルに登場するキャラクターになりきったコスプレイヤーが登場した。

 TGSにおけるコーエーテクモゲームスの名物企画として、すっかり恒例となっているコスプレステージ。例年は“コンテスト”として、審査を行って賞を選定するスタイルで行ってきたが、今年から“コンテスト”ではなく“コレクション”に変更。総勢25組31名ものコスプレイヤーが、精巧に作られた衣装に身を包んでランウェイを歩いた。

 ステージにはまず、コーエーテクモゲームス代表取締役社長・鯉沼久史氏、続いて雑誌『COSPLAY MODE』のアドバイザー・ジャッキー道齋氏が登壇。
 鯉沼社長によると、「たくさんのコスプレイヤーを見ていただくために今年からコレクションにしました。31名のコスプレイヤーが驚くほど精巧なコスプレをしてくださっていて、目を見張るものになっています。」とのこと。
 ジャッキー道齋さんは、『戦国無双 〜真田丸〜』の“真田幸村”のコスプレをして登場し、会場を沸かせた。

コーエーテクモゲームス取締役社長・鯉沼久史氏

雑誌『COSPLAY MODE』のアドバイザー・ジャッキー道齋さん。衣装は1週間で自作したそうで、実際には汚れてしまうような場所で戦っていたのでは、と甲冑の表面の埃っぽさなどをリアルに再現されていた。

 というわけで“コンテスト”ではなく“コレクション”となった今回のステージだが、コスプレイヤーが順番にランウェイを歩いていくスタイルは例年通り。『真・三國無双』シリーズからは12組15名、『アトリエ』シリーズからは1組1名、『金色のコルダ』シリーズからは2組3名、『デッドオアアライブ』シリーズからは5組6名、『無双』シリーズからは5組6名が、クオリティーの高いコスプレを披露してくれた。

『真・三國無双』シリーズ

郭嘉(かくか)・荀攸(じゅんゆう)

郭嘉/荀攸(『真・三國無双』シリーズ)。グラデーションが見事に表現されていて、民族調の素材感もこだわったとのこと。

夏侯姫(かこうき)

夏侯姫(『真・三國無双』シリーズ)。設定資料集に則り、スカートは2段重ねとなっている。なんと、前面の模様は手縫いらしい。鯉沼社長からは「コスプレはキャラになりきるのが大事だと思うのですが、仕草などがとても上手です」との評価。

陸遜(りくそん)

陸遜(『真・三國無双』シリーズ)。こだわりの強い髪形に注目して見てほしい。驚くことに3年かけて作ったそう。中華風の模様が入ってるのもポイント。

徐庶(じょしょ)

徐庶(『真・三國無双』シリーズ)。今回は初期設定案の衣装。1週間鍋で煮込んだ緑の布を見てほしいとのこと。グラデーションが素晴らしい。

辛憲英(しんけんえい)/王元姫(おうげんき)

辛憲英/王元姫(『真・三國無双』シリーズ)。規定サイズに削ったものの、辛憲英の武器の迫力はすごい。王元姫には体のラインがきれいに出るような衣装へのこだわりを感じられた。

呂布(りょふ)

呂布(『真・三國無双』シリーズ)。甲冑に目を奪われて作成を開始しただけあり、力強さが再現されている。ジャッキー道齋さんからは「誉め言葉で男臭い」とひと言。

周瑜(しゅうゆ)

周瑜(『真・三國無双』シリーズ)。華やかさを表現するため薄い模様まで手書きで頑張ったとのこと。鯉沼社長は「周瑜らしいブーツで足元までこだわったところがよかったです。」と満足そうだった。

荀彧(じゅんいく)

荀彧(『真・三國無双』シリーズ)。腰のラインと裾の広がりにこだわったそう。なんと、まだ洋裁を始めて4か月らしい。これからが楽しみだ。

練師(れんし)/貂蝉(ちょうせん)

練師/貂蝉(『真・三國無双』シリーズ)。花の装飾に苦戦したり、資料が少なくTGS2017のコンパニオンを参考にしたりと、工夫がより強く感じられた。

関銀屏(かんぎんぺい)(3人)

関銀屏(『真・三國無双』シリーズ)。武器を100円均一の商品を使用して作成したそうで、ここでジャッキー道齋三さんの名言「100均上手はコスプレ上手」が生まれた。

関銀屏(『真・三國無双』シリーズ)。生地を何度も買いなおしたり、型紙を何度も作り直すなど、妥協を許さないところから作品への愛を感じた。

関銀屏(『真・三國無双』シリーズ)。ほかのふたりとは別衣装で、アクリル絵の具で描かれた装飾は力が入っていた。ちなみに、腕輪はつまようじで作ったそう。

ジャッキー道齋さん「同じキャラクターなのにイラストレーターが違うみたいですね。」とのように、それぞれの個性を活かした工夫がうかがえる。

 ここで、おふたりから『真・三國無双』シリーズの総評。

鯉沼社長
「『真・三國無双』シリーズは中国が舞台になっておりますので、衣装は刺繍が細かくて金の細工が多いと思います。プレイステーション2からスタートし、現在、最新『真・三國無双8』がプレイステーション4なのですが、我々もどんどんビジュアルをあげていきました。それでも、コスプレイヤーさんがそれに追い付いてくるというのが見れて、嬉しくもあり楽しくもありといった感じです」

ジャッキー道齋
「社長がおっしゃる通り、コーエーテクモゲームスさんのテクスチャについていくのに必死です。本当にテクスチャの書き込みがすごいんです。だから、コスプレイヤーさんが再現するのも必死だと思います。ですが、やはり一番人数が多いのは『真・三國無双』のコスプレイヤーさんなので、その中でも今回一生懸命作っている人たちが上がってきてくれてよかったなと思います」