東京ゲームショウ2018開催4日目となる9月23日、スクウェア・エニックスブースで行われたステージイベント“ドラパラ情報局”にて、Nintendo Switch版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が正式に発売が決定したことを発表。また、タイトルロゴも公開された。

 東京ゲームショウ2018開催4日目となる9月23日、スクウェア・エニックスブースで行われたステージイベント“ドラパラ情報局”にて、発売日が未定となっていた
Nintendo Switch版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が正式に発売が決定したことを発表。

 登壇した、シリーズの生みの親である堀井雄二氏によると、発売は「もう少し先になる」とのこと。また、今回の発表に合わせてタイトルロゴが公開されたのだが、そこには謎の“S”の文字が! このことについて堀井氏は、“スペシャル”、“Switch”、“しゃべる”など例を挙げていたが真相は不明だ。

 なお、ステージの模様は追ってお届けする。

[2018年9月23日14時00分 追記]
 ただ、堀井氏の“しゃべる”の発言に対して、『ドラゴンクエストXI』プロデューサーの岡本北斗氏が「しゃべるということだけが先行しても……『ドラゴンクエスト』には、やっぱり声とかが付かないほうがいいんじゃないかというお客様もいらっしゃると思うので、そこら辺もちゃんと考えているから、堀井さん今後どこかで(改めて)……」と補足していた。
 

※画像は生配信をキャプチャーしたものです。