東京ゲームショウ2018ビジネスデイ2日目のセガブースで行われた“新プロジェクト発表”の模様をお届け。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。ビジネスデイ2日目となる9月21日、セガゲームスのブースで“新プロジェクト発表”と題されたステージが開催された。この日、プレゼンターとして登壇したセガゲームス上席執行役員CSO・岩城農氏から発表されたのは、おもにふたつ。ひとつはセガゲームスと人気IP『けものフレンズ』との施策で、もうひとつはVR法人HIKKYが展開するVTuber支援企画“VER.(バージョンドット)”へのスポンサードだ。以下では、それぞれに関する情報をお届けする。

サーバルやフェネックが『コトダマン』にやってくる!

写真左から、根本流風さん、本宮佳奈さん、尾崎由香さん、山下まみさん。

 最初に発表されたのは、先日制作が発表されたテレビアニメ『けものフレンズ2』と、セガゲームスのスマホゲームアプリ『共闘ことばRPG コトダマン』とのコラボレーション企画。このパートには同作プロデューサーの中村たいら氏のほか、声優の尾崎由香さん(サーバル役)、本宮佳奈さん(フェネック役)、根本流風さん(コウテイペンギン役)、山下まみさん(マーゲイ役)が登壇し、ステージを盛り上げた。

 今回のコラボについてプロデューサーの中村氏は、開発チーム内に『けものフレンズ』のファンが多いことや、『コトダマン』のポップなイメージと親和性が高いこと、両作とも“言葉”が作品のキーポイントになっていることなどが今回のコラボのきっかけとなったことを語った。この日発表されたコラボ情報は、(1)『けものフレンズ』のキャラクターたちがコトダマン化して登場すること、(2)コラボ向けの録りおろしボイスがあること、(3)ゲーム内のオリジナルイベントを開催すること、など。さらに中村氏は、「開発はかなり順調。そう遠くないうちにコラボ日程が発表できる」とコメント。取り組みの進捗を紹介した。

セガが『けものフレンズ』新作ゲーム制作を発表! 2018年12月に続報が!

 このパートの最後に、岩城氏が『コトダマン』コラボとは別に、現在セガゲームスが『けものフレンズ』に関する新作ゲームを制作していることをサプライズ発表した。こちらについては対象ハード、プラットフォームなどはいっさい明かされなかったが、「続報を12月くらいには出せる予定」とのこと。今後の動向から目が離せない。

セガがVTuberオーディション企画をスポンサード

 最後に発表されたのは、VR法人HIKKYが展開するVTuberオーディション企画“VER.(バージョンドット)”をセガがスポンサードするという情報。ゲスト登壇したVRプロデューサー・さわえみか氏は、「この企画を通じてバーチャルなキャラクターがより多くの人に見られるように、継続的によりいろんな世界に発展することができるように尽力する」とコメント。同じくゲスト登壇したフリーライターのマフィア梶田氏は「VTuberのこれからにたいへん期待しているんですけれども、まずはセガさんがスポンサードするVTuberがどういった個性を持ったキャラクターになるのか、これは非常に注目せざるを得ないポイントだと思います」と期待を寄せた。

人気VTuberたちも応援!

 さらにこのパートでは、人気VTuberの東雲めぐと月ノ美兎による応援メッセージが公開。加えて、現地にVER.(バージョンドット)のナビゲーターMCを務めるVTuberときのそらが登場。「VR業界はこれからもっと広がって、世界を豊かにしていくコンテンツだと私は思っています。この企画によってたくさんの人たちとVR業界を盛り上げていきたいです」とメッセージを寄せた。

人気VTuberときのそら

 最後に岩城氏が「セガとして、こうしたバックアップをさせていただいて光栄です。いろいろなクリエイターの皆さんがバーチャルな世界に飛び込んでいって、個性を発揮することを少しでも応援できればと。このプロジェクトをセガらしくサポートできればと思います」と想いを語り、ステージを締めくくった。

VTuberのサポートを力強く表明したセガゲームス・岩城農氏(写真右)。