2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日にアークシステムワークスブースにて行われた『ダイダロス: ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』紹介ステージの模様をお届けする。

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日にアークシステムワークスブースにて、『探偵 神宮寺三郎』シリーズの最新作となるプレイステーション4、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『ダイダロス: ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』の紹介ステージが行われた。本記事では、同ステージの模様をリポートする。

これまでの神宮寺三郎のイメージを壊す新作に

 紹介ステージには、スタッフからプロデューサーの金子宝巨氏と、ディレクターの眞名井はるか氏が登壇。本作のコンセプトについて、眞名井さんは“神宮寺三郎の思考を体験する”ということを念頭に置いて作られたことを話した。

金子宝巨氏(プロデューサー)
眞名井はるか氏(ディレクター)

 本作のシナリオはシリーズの中でもかなり人気の高い『探偵 神宮寺三郎 夢の終わりに』でもシナリオを手掛けた稲葉洋敬氏が担当。シナリオを依頼する際には稲葉氏から「いままでと違うものであればやりたい」という話があって、今回参加することとなったという経緯も語られた。

 全体的なビジュアルも一新され、物語の舞台がニューヨークということで、眞名井氏は「どちらかといえば海外ドラマっぽい雰囲気となっている」と本作の雰囲気を伝えた。

メインビジュアルも今回のステージでお披露目となった。

 その一方で、本作のプロデューサーの金子氏は、作品の雰囲気を大きく変えたことで「怒られるんじゃないか」と心配していたことを明かす場面もあった。

 続いて、メインキャラクターたちの紹介も行われ、神宮寺三郎、神宮寺京助、御苑洋子など、シリーズおなじみのキャラクターたちのメインビジュアルが公開された。合わせてキャストも公開され、「いままでの神宮寺三郎のイメージを壊す」という意味も込めて、神宮寺三郎役に、新たに声優の中村悠一さんを起用。神宮寺三郎役を務めてきた小杉十郎太さんは今回、三郎の父である神宮寺京助役として参加する。御苑洋子役には藤村歩さんが起用された。

神宮寺三郎(声:中村悠一さん)
御苑洋子(声:藤村歩さん)

 そして新キャラクターとして登場する小林愛香さんが演じるアビーも紹介。このキャラクターは三郎の幼少時代の幼馴染で、本作のヒロイン的な立ち位置のキャラクターとなるそう。

アビー(声:小林愛香さん)
ゲーム内のスクリーンショットもイベント内で一部公開された。

 ステージの最後には登壇したふたりからメッセージが送られた。眞名井氏は「今後いろいろな情報を公開していくので、注目していただければ幸いです」とコメント。金子氏は「いままでのシリーズとはまったく違うので、従来のファンも体験版を一度遊んでいただければと思います」とファンへ向けて呼びかけた。

『ダイダロス: ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』は、2018年12月13日発売。パッケージ版の価格は6990円[税別]、ダウンロード版の価格は6990円[税込]。早期購入特典としてコルクコースターが付属される。
初回限定盤には『探偵 神宮寺三郎 夢の終わりに』の20周年を記念した卓上カレンダーをはじめ、オリジナルサウンドトラックCD、設定資料などが付属される。価格は9800円[税別]となっている。