【映像追加】PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』はどんなゲームなのか? 豪華キャストが演じる登場人物やゲーム画像を公開! 楽曲提供 [ALEXANDROS]のメッセージも

2018年12月13日発売予定のPS4完全新作『JUDGE EYES:死神の遺言』。豪華キャストが演じる同作の登場人物たちの情報やゲーム画像などを公開!

 2018年12月13日発売予定のPS4完全新作『JUDGE EYES:死神の遺言』。豪華キャストが演じる同作の登場人物たちの情報やゲーム画像などを公開!

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

木村拓哉 in PS4 リーガルサスペンス巨編

『JUDGE EYES:死神の遺言』12月13日(木)発売決定

 株式会社セガゲームスは、俳優・アーティストの木村拓哉氏が主役を演じるリーガルサスペンスアクション『JUDGE EYES:死神の遺言』を、2018年12月13日(木)にPlayStation4用ソフトウェアとして発売することを決定いたしました。

 『JUDGE EYES:死神の遺言』は、現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う、本格リーガルサスペンスアクションです。
 木村拓哉氏が演じるのは、失意のどん底に突き落とされながらも再び立ち上がる主人公・八神隆之。木村氏は開発スタッフとさまざまな打ち合わせを重ね、1000分以上にわたるドラマパートのボイス収録を実施。新たな主人公像を濃密に作り上げていきました。

 また、主人公を取り巻く主要キャラクターとして、谷原章介氏、ピエール瀧氏、滝藤賢一氏、中尾彬氏といった実力派俳優陣が集結。さらに、ロックバンド[ALEXANDROS]が本作のために書き下ろした主題歌「アルペジオ」と挿入歌「Your Song」がドラマを盛り上げます。なお、本作を開発するのは、全世界で累計出荷本数1,100万本を超える『龍が如く』シリーズを生み出した、セガゲームス取締役CPO・名越稔洋率いる「龍が如くスタジオ」。スタジオが信念としてきた「大人が満足できるコンテンツ」を目指し、3年以上の月日をかけてストーリーを制作。また、『龍が如く』シリーズとは一線を画する新たな要素「調査アクション」を駆使しながら、プレイヤーは事件の真相に迫っていきます。

 過去に囚われた男が苦悩と挫折を乗り越えた先にあるのは、聖なる啓示か―、死神の囁きか―。
木村拓哉氏と「龍が如くスタジオ」が強力なタッグを組み開発を進めるリーガルサスペンスアクション『JUDGE EYES:死神の遺言』に、ぜひご期待ください。

「先行体験版」配信

2018年9月10日(月)より、PlayStaiton™Storeにて『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版を配信。本作の序盤の物語や、新感覚調査アクションの一端を体験することが可能です。

初回特典:「探偵支援パック プロダクトコード」(※パッケージ版・ダウンロード版共通)

ゲーム序盤でプレイヤーをサポートする回復アイテムや、経験値を得られるドリンク剤などのゲーム内アイテムを入手可能です。
特典は数に限りがございますので、お早めにご予約をお願いいたします。

登場人物紹介

八神隆之(出演:木村拓哉)

本作の主人公。かつては理想に燃える弁護士だったが、ある裁判で無罪を勝ち取った被告が殺人を犯し、世間から“凶悪な殺人鬼を野に放ったインチキ弁護士”と評され、築き上げてきたものすべてを失う。その後は東京・神室町でしがない探偵事務所を営んでいたが、連続猟奇殺人事件に関する証拠集めの仕事を依頼されたことがきっかけで、事件の渦中に引き込まれていく……。

源田龍造(出演:中尾彬)

八神が弁護士として駆け出しの頃から面倒を見てきた、気骨のある弁護士。八神が弁護士業から身を引き、探偵となった現在も、仕事の世話も含め何かと気にかけてくれる。

綾部和也(出演:滝藤賢一)

神室署組織犯罪対策課刑事。捜査情報の横流しを行い、私腹を肥やす悪徳警官だが、金次第で八神の調査に協力する。

黒岩満(出演:谷原章介)

神室署組織犯罪対策課刑事。常に捜査の陣頭指揮を執り、神室町の犯罪に関し高い検挙率を誇る。敏腕であり剛腕さも併せ持つ、将来を嘱望されるエリート刑事。八神を目障りな存在だと思っている。

羽村京平(出演:ピエール瀧)

神室町を根城とする、東城会系三次団体松金組の若頭(ナンバー2)。自己中心的で、他人を蹴落とすことに長けた策略家。連続殺人事件を通して、八神に絡んでくる。

ゲーム画面

ロックバンド[ALEXANDROS]が書き下ろし楽曲を提供

楽曲提供 [ALEXANDROS]

主題歌 「アルペジオ」 / 挿入歌 「Your Song」
作詞・作曲:川上洋平
編曲:[ALEXANDROS], Alex Aldi and Albert Di Fiore

【アーティストコメント】
今回このような素晴らしい作品に携わることができて光栄です。

総合監督の名越さんに見せていただいたデモ映像が最高にカッコ良くて、すぐに曲のイメージが浮かびました。

そこから何度か打ち合わせてしていく中で、どんどん歌詞が濃くなっていき、完成してみるととても大事な、思い入れの強い作品になりました。

今はとにかく早くゲームをプレイしたいです(笑)



(C)SEGA
※画面は開発中のものです。