『RPGツクール MV Trinity』家庭用ゲーム機向けに調整したさまざまな機能や本格的なRPGを作るために欠かせない新素材を公開

KADOKAWAは、『RPGツクール MV Trinity』において、家庭用ゲーム機向けにチューニングしたさまざまな機能や本格的なRPGを作るために欠かせない新素材を公開した。

 KADOKAWAは、2018年11月15日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、Xbox One用ソフト『RPG ツクール MV Trinity』において、家庭用ゲーム機向けにチューニングしたさまざまな機能や本格的なRPGを作るために欠かせない新素材を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

RPGを作る楽しさ、プレイされる喜び! 家庭用ゲーム機向けRPG制作ソフト 『RPGツクール MV Trinity』主要機能を紹介!!

 2018年11月15日に発売を予定している、家庭用ゲーム機向けRPG制作ソフト『RPGツクールMV Trinity』(アールピージーツクールエムブイ トリニティ)は、オリジナルのPC版『RPGツクールMV』を、家庭用ゲーム機で使いやすいように改善し、移植したRPG制作ソフトです。家庭用ゲーム機向けに、大幅に改善された機能や、本格的なRPGを作るために欠かせない新素材の数々をご紹介させていただきます。

1. より作りやすく!家庭用ゲーム機向けにチューニングした様々な機能!


・イベント「移動設定」において、マップを見ながら移動ルートを設定できるよう、画面右にマップを表示し、画面左にコマンドを置くことで、一画面上で移動ルートの設定をできるようにしただけではなく、設定した内容に沿って、マップ上にルートが表示されるようにしました。

・文章を装飾したいときに使用する「制御文字」については、装飾したいところの前で制御文字のコマンドを呼び出して設定できるようになりました。これにより、数多い制御文字をわざわざ覚える必要はなく、簡単に文章を飾ることが可能です。

・ゲームをプレイしている際、意図した挙動ができないなどの不具合が発生したときに、どこで間違えてしまったのか確認できる「デバッグログの表示」が可能です。

・マップを作っている際、間違えて配置したタイルをすぐに削除することが可能です。

・エディットに関する、キー配置の変更が可能です。

・イベント発生のトリガーについて、PC版『RPGツクールMV』のものに加え、「プレイヤーが特定の範囲に入った場合」、「プレイヤー特定の範囲から離れた場合」、「プレイヤーが特定の箇所に乗っている間」の3種類を新たに追加いたしました。

2. 「サイドビューバトル」と「フロントビューバトル」の混在が可能! 自由で多彩な戦闘システム

 『RPGツクールMV Trinity』では戦闘画面を「サイドビューバトル」と「フロントビューバトル」の2種類から選んで設定することができます。さらに、PC版『RPGツクールMV』では基本的に一つのゲーム内ではどちらかの戦闘画面で固定されておりましたが、『RPGツクールMV Trinity』では一つのゲーム内で両方の戦闘画面を設定することが可能です! また、敵の能力値や敵グラフィックの色、敵グループも自由に変更することができ、オリジナルキャラクターだけでなく、オリジナルの敵も設定することが可能です。

3. コマンド選択で、簡単に計算式が設定可能!

 ダメージの計算式について、固定の計算式だけでなく、自分で任意に設定することができるようになりました。PC版『RPGツクールMV』のような自由入力ではなく、コマンドを選択するだけの簡単操作で計算式を作ることが可能です。

4. ストーリーを盛り上げるイベント演出も、簡単に作れる!

 RPGではおなじみの「NPCとの会話」や、「特定のマスまで進むとキャラクターが自動的に動く」、「話かけると踊り始めるNPC」、「本を調べるとセーブできる」などのイベントも、『RPGツクールMV Trinity』では、設定したい内容のコマンドを選んでいくだけで、プログラムの知識が無くても簡単に作ることができます!

5. タイルセットに、色替え機能を追加!

 PC版『RPGツクールMV』ではできなかった、タイルセットの色替え機能を実装いたしました。対象のタイルセットを一括で色味変更をすることができ、自分だけのオリジナルタイルセットでマップを作成することが可能になりました。

オリジナルのタイルセット

色相のスライダーを左右に動かすだけで、簡単に色味変更が可能

オリジナルタイルセットのゲーム画面

色相を変えるだけで、簡単に別世界の表現が可能

6. 世界に一つだけのマップを作ろう!

 『RPGツクールMV Trinity』では、RPGの舞台となるマップを「タイル」を使って自由に、そして簡単に作ることができます。 タイルのテーマは「ファンタジー」、「SF」、「和風」、「中華」、「アラビアン」、「現代」、「スチームパンク」、「ダークファンタジー」の8種類があり、これらのテーマのみでマップを作ることや、様々なテーマを組み合わせて複雑なマップを作ることも可能です。もちろんRPGツクールシリーズでは定番、完成済みの「サンプルマップ」も使えます。 「サンプルマップ」については、171種類のマップを収録していますので、これだけで手軽にRPGを作ることも可能です。

7. 会話部分で使える立ち絵画像を250点以上収録!

 キャラクター同士の会話シーンなどで使えるキャラクターの立ち絵画像を263点を収録! 戦闘グラフィックのないキャラクターについても、対応しています。

8. オリジナルキャラクターをゲームに登場させよう!

 『RPGツクールMV Trinity』の機能の一つに「キャラクタージェネレーター」があります。この「キャラクタージェネレーター」では、顔のパーツや装飾、服装、色を自由に選んで組み合わせて、自分だけのオリジナルキャラクターを作ることが可能です。



(C)KADOKAWA CORPORATION 2018 / YOJI OJIMA