『NBA 2K19』発売記念リポート、今年も日本上陸を果たしたスポーツゲームの“王者”をアンバサダーに就任した前園真聖さんも称賛

2018年9月6日、渋谷TRUNK HOTELにて、2K Sportsのバスケットボールゲーム、『NBA 2K19』の発売記念イベントが行なわれた。ここでは同作のシニアプロデューサー、エリック・ベニッシュ氏が登壇したプレゼンテーションを中心に、イベントの模様をお届けする。

 2018年9月6日、渋谷TRUNK HOTELにて、2K Sportsのバスケットボールゲーム、『NBA 2K19』の発売記念イベントが行なわれた。ここでは開発元であるビジュアルコンセプトにて、同作のシニアプロデューサーを務めるエリック・ベニッシュ氏が登壇したプレゼンテーションを中心に、イベントの模様をお届けする。

シニアプロデューサーが語る『NBA 2K』の進化ポイント

 この日最初に行なわれたゲームメディア向けのプレゼンテーションでは、『NBA 2K』シリーズの概要や販売本数(前作『NBA 2K18』は全世界で1000万本のセールスをあげ、シリーズ累計では8000万本を突破)といった情報のほか、『NBA 2K19』に搭載されているすべてのゲームモードに対しての詳細、新要素が、シニアプロデューサーのエリック・ベニッシュ氏の口から語られた。

エリック・ベニッシュ氏。『NBA 2K』シリーズの開発会社であるVisual Conceptsで、16年に渡って製作に携わっている、開発のキーマンだ。

 エリック氏が最初に言及したのは、ゲームの根幹をなす試合部分のポイントについて。プレイスタイルを細分化して個性を再現する“アーキタイプ”、試合内で活躍させると使用できるスキルやアニメーション(シュートやドリブルのモーション)がアーキタイプに応じて増加する“テイクオーバー”といった新要素や、進化したAIについての解説が行われた。

選手の“動き”を発展させるアーキタイプ&テイクオーバーと、“頭脳”を向上させたAIの進化。

アーキタイプと守備時のAI改良によって、ディフェンス時にも選手の個性が色濃く発揮されるようになったという。

 ゲームモードでは現在配信中の体験版でプロローグが遊べる“MyCAREER”の概要(中国リーグでのプレイからゲームスタート、アメリカの映画、テレビで活躍する俳優がキャラクターとして登場するなど)を改めて伝えるとともに、フランチャイズモードでNBAチームを運営する”MyGM”にもストーリー、”The Saga Continues”が存在することが明らかになった。

『NBA 2K19』人気プレイモード“MyCAREER”と“MyTEAM”のトレーラーが公開

2Kは、2018年9月発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、Xbox One、PC(Steam)用ソフト『NBA 2K19』について、シリーズの人気プレイモード“MyCAREER”と“MyTEAM”のトレーラーをはじめとする最新情報を公開した。

“MyCAREER”では”The Way Back”と名付けられた、NBAのドラフト外からスター選手に駆け上がるまでのサクセスストーリーが楽しめ、“MyGM”では経営者だからこそ直面するピンチや歓喜の瞬間を体験できるストーリー、The Saga Continuesをプレイできる。

 “MyGM”と並ぶNBAの運営側から楽しむ、”MyLEAGUE”もパワーアップ。『NBA 2K19』からは基本的にはひとりで楽しむタイプのゲームモードだった“MyREAGUE”をオンラインに完全対応。オフラインで利用できるすべての機能が使えるうえに、最大30人のフレンドで“仮想NBA”を作ってリーグ戦を行なうことも可能に。さらに選手がルーキーとして登場し、獲得できるドラフトの年度まで自由に操作できるようになったので、フレンドとの”マイケル・ジョーダン争奪戦”や、好きだった選手を獲得して現実を凌駕する活躍をさせてMVPを獲らせる……なんて遊びも行なえる。

引退した名選手を含めた実在選手を活用した遊びを広げつつ、自分好みの選手をエディット機能も拡張されている。

 そしてプレゼンの最後を飾る情報としてアナウンスされたのが、バスケットにまつわるファッションやカルチャーを内包した街をオンライン上に生み出し、ほかのプレイヤーとさまざまな形式の試合やミニゲームが遊べる、“ネイバーフッド”。『NBA 2K19』では前作から街並みを一新したうえで、街の時間経過をシームレスに変化させることを実現。夜になればネイバーフッド全体が活気を帯びだし、2K Sports主催のゲーム内イベントを頻繁に実施。さらにはスケボーやキックスケーターといった移動アイテム、キャラクターを激しく動き回らせられるダンス関連のモーション(?)も追加され、ネイバーフッドにまつわるあらゆる要素がボリュームアップしているようだ。

今作のネイバーフッドはミニゲームも充実。コートにトランポリンのようなジャンプ力増幅装置が埋め込まれた状態で試合を行なったり、参加者全員でボールをぶつけあう、ドッジボールがベースのバトルロイヤルなど、バスケットボールからかなり逸脱した遊びに興じることもできる。

時間帯による変化、ネイバーフッド内で開催されるコミュニティイベントは、地域の時間帯に合わせて行なわれる。そのため北米でのイベントを待って徹夜でゲームプレイ……といった努力(?)は必要ない。

発売記念イベントでは、『NBA 2K19』アンバサダーの前園真聖氏が奮闘

 エリック氏のプレゼンが終了した後は、『NBA 2K19』のアンバサダーに就任した、元サッカー日本代表の前園真聖さんが登場。日本国内のバスケットボールリーグ、Bリーグでも特命広報部長を務め、なにかとバスケットボールと縁のある前園さんは、「バスケットボールもゲームもけっして得意ではない自分でも、『NBA 2K19』を楽しめることをアピールしたい」と意気込みを語ると、『NBA 2K』シリーズのパッケージを飾った選手を当てるクイズや、“MyCAREER”の試合にチャレンジ。ゲームプレイ後にはシリーズ20周年を記念して作られた(?)、特製ケーキをエリック氏と食し、イベントを締めくくった。

最近はバスケットボールを始め、サッカー以外のスポーツでも精力的に活動する前園さん。『NBA 2K19』ではこのイベントのほか、ゲームをプレイしてさまざまなミッションに挑戦する、動画企画にも出演する。

パッケージクイズでは正解率3/4となかなかの活躍ぶりを見せた前園さん。

1クォーター限定のゲームプレイでは、残念ながら得点を決めることはならず(アシストは3つ記録)。

前園さんサイドが用意したという『NBA 2K』バースデーケーキだが、スタッフのフリに応えて前園さんが先陣を切って試食。最終的にはケーキ中央に鎮座したバスケットボール型のチョコレートを、ひとりで食べることに。